So-net無料ブログ作成
検索選択

中年親父tryからの注意喚起 インフルエンザ

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

ちまたではインフルエンザが流行し始めている
というニュースが流れ始めました。

私たちも感染しないように注意が必要です。

毎年インフルエンザの予防接種を呼びかける、
ニュースが流れますが、効果を発揮するまで
ひと月ほどかかるために12月中に摂取をうける
のがいいといわれています。

今回のテーマはインフルエンザですが、予防接種
を呼びかけるものではありません。

でも勿論感染しないように注意は必要です。

実はこのtry親父予防接種に疑問を持っている
一人なのです。

私はここ10年以上予防接種をしたことがありません
が、インフルエンザにかかったのは一度だけです。

それも熱も微熱程度しか出ず、喉の痛みがなかなか
直らないので耳鼻咽喉科に行って、調べて初めて
インフルエンザだとわかったくらいです。

一方インフルエンザの予防接種を受けているにも
かかわらず、かかる人はかなり多いようです。

ワクチンは流行りそうなインフルエンザに対応した
ものを予防接種に使うため、ウィルスの種類が
合わないと全然効果がないわけです。

もともとワクチンというのは毒性を取り除いたウイルス
を分解・精製したHA蛋白などの成分を体内に入れる
ことで体内で抗体を作らせ進入してきたウィルスに
対抗させるといものです。

いわゆる不活性化ワクチンといわれています。

ところが一部の医師は、インフルエンザワクチン
には効果がないと言っています。

抗体は血中にできますが、感染は喉の粘膜から
感染します。粘膜には抗体が存在しないわけです。
だから感染は防げないそうです。

そのことからも、うがいをすることは効果的かも
しれませんね。

厚生労働省もそのことは認めつつ、感染しても
症状が軽く済むことを期待して、予防接種を勧めて
いるとのことです。

実はワクチンの中身についてもいろいろと問題視
されている部分もあります。

その中には水銀やアルミニウム、ホルムアルデヒド
といった物質も安定剤、不活性化のための成分と
して含まれているのです。

こういう成分はどう考えても毒物です。少量とはいえ
含まれていること自体が疑問です。

水銀やホルムアルデヒドなどは誰が見てみても有害物
であるし、アルミニウムは脳障害をひきおこす物質の
ひとつです。

接種率の高い高齢者のボケの原因になっていると
指摘する人もいるくらいです。

こんなフィクションストーリーがあります。

毎年必ずインフルエンザが流行する理由は?

ある研究所でウィルスを少しづつ変化させ、それを
ある機関が散布しているのです。

それを開発するのはワクチンを開発する部署。

普通一度かかると同じウィルスでは発症しないの
でワクチンが売れなくなるため新しいウィルスと
ワクチンが同時進行で開発されている。

前もってマスコミを使いバンデミックの危機を煽り、
新型インフルエンザの危険性をアピールし、緊急に
ワクチンの接種を呼びかけます。

そのため前もって準備した計画に沿って流行させる。
そしてその方法は一部は空中から散布する。

数年前から異常な飛行機雲が空を覆っているのは
そのためである。

季節によってウィルスや有毒物、放射線入り物質など
地域別に撒いているらしい。本土上空は○軍優先航路
になっているから容易に行える。

または意図的に複数の地域に持ち込み人の集まる
ところから自然に感染者を増やす。

さらに危機を煽り、ワクチン接種を呼びかける。

そしてワクチン接種を人口削減にも役立てる。

一つは不妊を促進する物質を混入。そして脳に
働きかけ、年配者には痴呆をうながし、若い世代
にはやるきを削ぐ物質を混入している。

そして一部のエリートに逆らわず、疑わない、
娯楽しか興味のない人達が増やしていく。

そのための政策がSSS、つまりスクリーン、
スポーツ、セックス。

こんなストーリーです。一応フィクションといっておきます。

あながちありえない話ではありません。

実際問題、近年豚インフルエンザが流行する
バンデミック警報が国内でマスコミから流れた
ことがあります。

バンデミックまたはパンデミック(pandemic)とは
感染爆発、あるいは汎発流行のことを言います。

その情報はかの大国からです。
そのとき、日本政府はタミフルをスイスから
大量に輸入しました。

その時は特に流行はしませんでしたが、その
特効薬といわれるタミフルの特許を持っている
会社はある大国の国務長官を務めたことのある
人物が経営にかかわっている会社です。

ある評判の悪かった大統領時代の人物です。

そこらへんの事情にとても詳しいブログも数多く
ありましたが、かなりの記事がいつのまにか
削除されているようです。

ただアクセスが多すぎたり、有名人すぎて削除
すると影響のある人物のブログは大丈夫なようです。
もし興味があれば探してみてください。

削除されるということはやはりなにか都合が悪いの
でしょうか?

まずは感染しないように気をつけましょう。

ほとんどインフルエンザにはかからないtry親父の
予防法をお伝えします。

お茶でうがいをするのも効果的と聞きます。

そして免疫を高めるためには時々お風呂の温度を
42℃ほどにして、10分間入ると体温が38℃以上に
上昇し、免疫細胞を活性化することができるそうです。

食事にしょうがを多く取り入れるのもいいようですよ。

あと基礎体温を上げることで免疫を強化できます。

食事に根菜類を多くとりいれましょう。
今の旬の野菜を多く取り入れてください。
ねぎ、ごぼう、にんじん、だいこん、白菜など。

にんじんは特に抗酸化作用が強いのでジュースや
にんじんサラダなどで多く召し上がってください。

今回は怖い(別な意味で)インフルエンザについて
お伝えしました。



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品