So-net無料ブログ作成
検索選択

原田知世、原田貴和子の姉妹がそろって

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

今回の話題はどちらかというと苦手な芸能ネタ
です。

といっても芸能ネタというよりその芸能人の思い出
深い映画の話ですけどね。

今回の話の主役は原田知世さんと姉の原田貴和子
さんです。

原田喜和子さんが3年前に離婚していたという報道
が流れました。妹の原田知世さんも昨年暮れに
離婚していて姉妹そろって離婚しちゃったらしいです。

それがニュースになっているようです。

原田知世さん、もう46歳になるんですね。
今もすごく若いです。

最近では『ペコロスの母に会いに行く』という映画で
この姉妹は競演なされているようです。



私ととしては離婚しようが特に思うことはないのですが、
この二人がかつて競演している映画で大好きな映画が
あるのです。

そこで購入していたDVDで久しぶりに見たらやはり
面白いのでご紹介したいと思います。

それは『私をスキーにつれてって』という映画です。

とてもテンポが良く、今までの日本の映画とは
一歩違った軽快な映画で、スキーの楽しみ方や
仕事との葛藤、恋の行方まで見所満載の映画
です。

なんでもハリウッドの手法と同じだとか当時の
評価もとても高い映画でした。

このときの原田知世のかわいいこと。

姉の原田貴和子も、知世ちゃんの相手役の三上博史に
昔思いを寄せていたことがわかったりと恋の駆け引きも
見所になっています。

それも純情な二人が恋をはぐくむというところがいい。

スキー場に行く車では原田貴和子と高橋ひとみ
がトヨタセリカGT fourという4WDスポーツで雪道で
レースをする場面があったり、最後近くにはゲレンデ
での疾走シーンまでもあります。

当時世界ラリー選手権で大活躍していた車です。

その他にも、布施博や今は亡き、沖田浩之などの
わきをかざる俳優達もいい味だしてました。

写真を撮るときの「とりあえず!」という言葉も流行りました。

主人公、三上演じる矢野の豪快なスキーシーンは、
その当時立場上名前は出せなかったものの現役
の全日本インストラクターチャンピオンが内緒で出て
撮影したそうです。

映画内で流れるユーミンの曲も雰囲気にぴったり
でした。

特にこの映画で流れる「A HAPPY NEW YEAR」
は特にお気に入りでした。


この場面は中間のハイライト場面です。

この映画の影響でゲレンデでの恋の出会いを期待して
ゲレンデに足を運んだ若者も結構多かったようです。

ましてゲレンデで見かける女性は本当に綺麗に見えるん
ですよね。

サングラスかゴーグルかけてるし、スキーウェア着ている
から体型はあまりわからないし。

かっこいいウェアとサングラスでだれもが超美人に見えるのです。

声をかけて意気投合したものの、一緒に休憩したらあとから
ガッカリということも多かったようです。

この映画、ホイチョイプロダクションというところで製作した
のですが、この最初の映画がもっとも秀作だったなと
思っています。

まだ見ていない人はお勧めの映画です。
懐かしい青春時代がよみがえります。
まして今はスキーシーズン、時期的にもマッチします。

私をスキーに連れてって
こちらからご覧になることもできます。





この映画が上映されたころは、まだスキーが最盛期で、
映画を見た人がまたゲレンデに足を運ぶといった効果で
スキー業界も大いにり上がったものです。

今はスノーボードに乗る人が増えて、ゲレンデでも見かける
スキーヤーが少ない場面もあるようです。

try親父もスキー派で、スノーボードも面白そうとは思う
のですが、今やスキーでさえここ10年ほどご無沙汰して
いる状況です。とてもボードには手がまわりません。

ましてスキーウェアは30年も前のものだし、板も同様です。
当時のフェニックスのウェアは高価で10万ほどしまして
まだ捨てられないでいます。

今でも造りはしっかりしていますよ。
ただ、本人自身のほうがかなり古くなってガタがきてますが。

今はかつてのスキー板と異なり、カービングスキーという
のが主力です。板も短いです。
乗り方さえも板に合わせ、変わってしまっているようです。

なんでも初心者でも簡単に曲がれるそうです。

そんなことや仕事で忙しく、ゲレンデから足が遠のいて
しまった、そんな同世代の方も多いのではないでしょうか?

その映画のころはまだスキー場は混んでいて駐車場の
確保やリフト待ちがけっこうあったのですが、最近は
あちこちにスキー場がオープンしてゲレンデの人数が
減ってしまいました。

スキーヤーやボーダーが各地に分散してしまい、どこも
結構がらがらです。

しかもリフトは昔と違い高速クワッドリフトが主力なので
リフト待ちもあまりありません。

また始めてみるにはやりやすい環境にあるのかも
しれませんね。

今はウェアからすべてレンタルできるので古いウェアや
古いスキーしか持っていない人も心配はいりませんが。

いまさら中年がゲレンデでの素敵な出会いはないと
思いますが、スキー場で大自然の中に身を委ねるのも
いいかもしれません。

スキー場に出かけてみませんか?
私も久しぶりに滑ってみたくなりました。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品