So-net無料ブログ作成
検索選択

今注目の燃焼しやすいオイル ココナッツオイルとカロチーノ

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

ここしばらく、ダイエット関連や健康に関する話題
から遠ざかってましたが、いい情報がはいってきました
のでお伝えしたいと思います。

私たち中年期に入ってくると油というのは大敵になって
くるわけですが、揚げ物とか油炒めの類は大好きで
コレステロールの値も気になりながらもやめられない
と言う方も多いのではないでしょうか。

実は油はうまく活用すれば、逆にダイエットにも活用
できるのです。

といっても普段使っている油は実際体にいいとはいえません。

というよりも健康に害のある油が大勢を占めています。

こんなことを書くと大メーカーから脅かされそうですが、
多くのサラダ油、てんぷら油として販売されているものは
大量のトランス脂肪酸が含まれています。

安価な油の場合、抽出するときに水素を使って高温で抽出
を行うためにトランス脂肪酸が発生するのです。

これは悪玉コレステロールを増やし、冠動脈疾患を
増やす可能性があるといことで、欧米では禁止され
はじめています。

その中でもトランス脂肪酸のもっとも多く含まれる食品は
マーガリンです。腐らず、蟻も食べないそうです。
その危険性を知っている人は食べるプラスチックとも
呼んでいます。

その上、ほとんど知られていませんが、この手の油の
原料になっているのは遺伝子組み換えの大豆やコーン
です。

一旦何らかの形で加工されたものを原料として使う場合、
表示義務がないため、一般に知られることはありません。

もちろん良心的に昔ながらの製法で作られた安全なオイルも
多く存在します。


こういう安心して使える油はありがたいです。でもカロリーは
やはり気になるところです。

ここで本題にもどりますが、健康で太りにくい油というものは
あるのかという話ですが、実はそれがあるのです。

一般に健康にいい油というのはどういうものを連想するでしょう。

一般的にすぐ連想するのは、オリーブオイル、ゴマ油
などでしょうか?

これもどれでも体にいいわけではありませんが、純度の高い
ものを選ぶのがいいといわれます。

要するに今のような寒い時期に固まるものです。

それにいいものは酸化しやすいので、できれば色のついた
ビンに入ったものを選ぶのがひとつのポイントに
なります。

そして低温圧搾、コールドプレスと記載されたものを
選べば間違いないようです。

そしてもっとも健康によいオイルというのはオメガ3
不飽和脂肪酸を含む油です。

オメガ3不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる
(悪玉コレステロールを下げる)、中性脂肪を下げる、
動脈硬化・心筋梗塞予防、高血圧予防、脂肪肝
(肝臓の病気)予防、高脂血症予防など。

その他、加齢黄斑変性予防、ダイエット、メタボリック
シンドローム予防、脳の活性化による記憶力のアップ、
花粉症・アトピーなどアレルギー症状の緩和、抗うつ作用・
イライラを抑えるなど多くの健康効果が期待されています。

この油の代表的なものに青魚に多く含まれるEPAやDHA、
エゴマ油や亜麻仁油、しそ油などの含まれるαリノレン酸が
あります。

 


ただこういった油はとても酸化しやすいので、加熱せずに摂る
のがいいそうです。

以前豆乳ヨーグルトをご紹介しましたが、えごま油と
少量の塩、ヨーグルトをあわせて使うとマヨネーズに
近い感じのドレッシングができます。サラダなどに活用を。

それでは揚げ物や炒め物には何を使えばいいのかという
ことですが、とても酸化に強く、しかも燃焼しやすい油があります。

ずばり、それはココナッツオイルです。

これは飽和脂肪酸といって常温ではは白く固まっていますが、
25~30℃で溶けるため体内でも固まることはありません。

そしてこの油は中鎖脂肪酸に分類されます。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて消化分解される速度が
4倍も早いのです。しかも代謝は10倍も早いそうです。

しかも体内に蓄積しにくいのが特徴です。加熱した料理で
使う油をこれに変えることであまりカロリーを気にせず
使えるということです。

 


さらにココナッツフルーツの油として『カロチーノ』という油が
あります。天然カロチンやビタミンEが豊富な赤いヘルシーな
レッドパームオイルです。

カロテンはにんじんの5.5倍、ビタミンEはほうれんそうの
38倍、オリーブオイルの10倍含んでいます。
しかも コエンザイムQ10まで含んでいます。

これも常温では固まってしまいますが、酸化に強く
癖のない味なので炒め物などに適したオイルです。



こういうオイルをうまく活用して、食べたいものを
我慢することなく燃焼効果を高めてください。


あとココナッツオイルにはもうひとつ効用があります。
認知症やアルツハイマーを防止、改善する効果です。
ただそれには摂り方があります。

大分長くなりましたので、この続きは次回に詳しくお伝えします。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品