So-net無料ブログ作成
検索選択

コーヒー飲み過ぎで健康リスクってどうしよう?

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

最近コーヒー飲み過ぎによる健康リスクの話が
出ています。

実は私も結構コーヒーが好きなのでこの話題は
とても気になるのです。

いつもレギュラーコーヒーを入れて飲めれば
いいのですが、手軽に飲めるインスタントや
缶コーヒーを飲んでしまいます。

コーヒーを飲むと早死にするというニュース
とてもショックをうけるものです。

米国の研究で20~87歳の人たち4万4千人近く
の17年間にわたるデータを分析した結果、週に
コーヒーを28杯(1日4杯)以上飲む人は早死に
するリスクが21%も高かったそうです。

この量からすると自分自身もこの中に入って
しまいます。やばいですね。

これにはカフェインが関係しているようですが
特に若い世代にそれが顕著に現れているようです。

55歳以上の場合はそれほど関係しないのにそれ
未満の世代では男性では56%、女性では113%も
早死にのリスクが高まるのだそうです。

特に大量に摂ると心疾患、不整脈などをを誘発し、
胃液の分泌しすぎにより、胃壁を痛めやすいなど
も指摘されています。

ただ、これはアメリカの調査の結果なので食生活
なども大分違うためそのまま日本人にあてはまるか
といえば違うとは思います。

特に肉の消費量が多いアメリカでは心臓に対する
カフェインの影響が大きいのではないかと思われ
ます。

でも肉好きの若者はやはり注意が必要なようです。

それにこういう調査では、その調査対象になる人が
どういう生活習慣で、どんなものを食べているか
かなりあいまいです。

さらには逆にコーヒーを飲むことで癌の予防に繋がると
いう研究成果を発表なされている方もいます。

それに覚醒効果、運動能力の向上など利点も
あるのです。

適量の場合、特に精神を安定させる働きもあります。

このコーヒーに関することを調べてみたついでに
日本だけで大量に飲まれている缶コーヒーについて
も調べてみました。

缶コーヒーはテレビで宣伝されていることもあって
いろいろ飲み比べてみたのですが、確かに香りはいい
ものの、多くのコーヒーには不自然な香りが多いの
です。

コーヒー本来の味や香りではなく多くの香料を加えて
できたとしか思えないものが多いのです。

私の場合ブラックしか飲まないのですが、レギュラー
コーヒーではありえない香りがします。

そして材料を見てみるとコーヒー、香料、乳化剤と
あります。
ブラックなのに乳化剤まで入っています。

これはある炭酸飲料で有名な会社の製品です。

中にはデキストリン カゼインNa カラギーナン 
カラメル色素などと表示されているものもあります。

ブラック以外の製品になると、コーヒー、牛乳、砂糖、
全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、香料、カゼインNa、
乳化剤、安定剤(カラギナン) とこれだけのものが
入っているのです。

砂糖は10%にもなります。

やはりこれではあまり体にはよろしくないようです。

以前ペットボトル入りコーヒーを毎日飲み続けていた
ことがあったのですが、その時おしっこの臭いが気に
なっていたことがあります。

特に質の悪いコーヒーは負担が大きく、腎臓がきれい
になるまで5倍もの水が必要になるとか。

缶コーヒーでも余計なものが入っていないものは
今のところUCCブラックコーヒーだけのようです。

ブラック以外のものはそれこそ添加物のオンパレード
になります。

やはり面倒でもレギュラーコーヒーを入れて飲むのが
正解のようです。

ただ、ミルクを入れて飲む週間のある人は入れる
ミルクに気をつけてください。
中には一切ミルクが入っていないものもありますから。

特に一人分づつ入っている小さな業務用は、油・乳化剤・
香料・酸化防止剤等でできていて、ミルクはゼロです。
だから腐らないのです。

大分マイナス面ばかりが強調されてしまいましたが、
一部体に悪い成分も含まれているとはいえ、その香り
や飲んでリラックスできるという利点は捨てがたいもの
があります。

それにコーヒーを飲んだ後に運動をすると脂肪燃焼
効率が高いとの報告もあるようです。

どうやらコーヒーは薬にも毒にもなる飲み物らしい
です。

うまく摂れば健康にも役立つわけです。
良薬は口に苦し、とはコーヒーにぴったりですね。

できるだけいいほうに活用したいものです。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品