So-net無料ブログ作成
検索選択

節分ですね、次の日は立春、「恵方巻」食わなきゃね

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

明日は節分ですね。

節分というと2月3日のイメージが強いのですが、
実は年に4回あるのをご存知ですか?

以前大寒の記事でも書いたのですが、厳密には固定
された日ではありません。
その年によって一日くらいずれる場合があります。

もともと節分というのは『季節を分ける』ことを
意味しています。

立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分になります。

春の節分は大寒の最後の日にあたるため、年間で
もっとも寒い日といわれています。

季節の変わり目には邪気(鬼)が出るといわれ、
それを追い払うための儀式が豆まきという形で
引き継がれています。

地方によって微妙に違うようですが、一般的な豆まき
は「福は内、鬼は外」と声をだして福豆を撒きます。

福豆は大豆を炒ったものです。これを入れるものは
福枡を使います。

年齢の数だけ豆を食べて厄除けを行います。

よく鰯を鬼の角に見立てて飾るように言われる場合が
ありますが、これは柊鰯(ひいらぎいわし)といって
厄除けとして門口に飾るものです。

柊の小枝に焼いた鰯の頭をさして飾ることで、その
塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないことから魔除け
としての働きをするそうです。

どちらかというと最近はその形だけが残っている場合
が多くなっていますね。

撒く豆も大豆でなく、拾って食べられる殻つきピーナッツ
で代用する家庭が増えているようです。
メーカーの売りこみと時代の流れですね。

最近は節分というと恵方巻を食べるというのがかなり
普及してきました。

実は「恵方巻」というのはセブンイレブンが売り出すときに
つけた商品名なのだそうです。

もともとは「まるかぶり寿司」「恵方寿司」とかいろいろ
いわれていたものを広く普及させるために「恵方巻」
として売りだしたものだそうです。

もともとは大阪で縁起をかつぐために、節分の夜に
その年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべ
ながら太巻きを丸かじりするというものです。

そこに目をつけて、全国的に宣伝したことでいっきに全国に
普及したのです。

つまり季節商品の販売戦略ということです。

この恵方というのは、歳徳神(としとくじん)と言う、
神様がいらっしゃる方角の事を指しているそうです。
基本的には4つの方角になるそうです。

恵方はその年の十干(じっかん)ごとに決まります。



甲(きのえ)・己(つちのと) 東北東やや右側

乙(きのと)・庚(かのえ) 西南西やや右側

丙(ひのえ)・辛(かのと)
戊(つちのえ)・癸(みずのと) 南南東やや右側

丁(ひのと)・壬(みずのえ) 北北西やや右側

この四つとなるそうです。

その表が十二支と十干とを表したものです。

恵方.png

でも難しいですよね。

実をいうと私も???なので、一覧にして方角を
載せることにします。
  

西暦(年号) 十干    恵方

2014(平成26年) 甲(きのえ) 東北東やや右側

2015(平成27年) 乙(きのと) 西南西やや右側

2016(平成28年) 丙(ひのえ) 南南東やや右側

2017(平成29年) 丁(ひのと) 北北西やや右側

2018(平成30年) 戊(つちのえ) 南南東やや右側

2019(平成31年) 己(つちのと) 東北東やや右側

2020(平成32年)庚(かのえ) 西南西やや右側

2021(平成33年) 辛(かのと) 南南東やや右側

2022(平成34年) 壬(みずのえ) 北北西やや右側

2023(平成35年) 癸(みずのと) 南南東やや右側

とこうなるようです。
方位磁石を買ってきて調べましょう。

でもこの恵方を向いて食べる風習がいつから
始まったのか?どういうことから始まったのかは
資料がないのだそうです。

商魂たくましい大阪人のことなので誰かが思いつき
で、はやらせたのかもしれませんね。

まぁ、楽しんで美味しいものが食べられるのだから
良しとしましょう。



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品