So-net無料ブログ作成
検索選択

建国記念日の由来は紀元節?

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

明日は祝日、建国記念日ですね。
2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」
ということになっています。

この建国というのは日本が国をなした記念ということ
になっていますが、もともとは「紀元節」からきた
ものなのです。

紀元節というのは「神武天皇」が即位した日をもって
紀元節と呼ぶようになったのです。

神武.jpg

神武天皇とはどういった人物かというと最初に日本を
統一した人物ということになっています。

正式なお名前は
神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)」
というお名前になります。
または別名
「始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)」
です。

もともと天皇家は神の系譜と言われ、この神武天皇は
現人神(あらひとがみ)、人間としての最初の天皇で
あると言われています。

神武天皇以前は神様だったわけです。そして人間として、
最初の天皇になられたわけです。

日本書紀によると神武天皇が即位されたのは辛酉元旦
(現在の暦に直すと紀元前660年2月11日)に、大和の
橿原〔かしはら〕の宮で即位されたそうです。

ただし史実では神武天皇は実在の人物ではないという
のが大方の意見で、あくまで伝説であるとも言われて
います。

なぜ伝説だと言われているかというと、九代目までの
天皇が崩御(ほうぎょ)されるまでの年齢が高齢すぎる
からです。

ちなみに神武天皇は126歳まで生きられました。
それが九代目まで多くが百歳以上なので、信憑性を
疑いあくまで伝説ではないのかといわれたのです。

でも面白い話があります。

中国で、紀元前221年に中国統一を成し遂げた秦の始皇帝
は自分の寿命に不安を覚え、徐福から東海(日本の方角)
の国には不老長寿の妙薬があるという話を聞き、徐福を
日本に派遣しています。

この徐福、方術士でありながら学問に通じた学者でもあり、
様々の文化を伝えたという伝説も残っています。
徐福は国には帰らなかったのです。

長寿の薬があるといわれたくらいなので、もしかすると
この天皇達が長寿であることが伝わっていたのかも
しれません。

最近は神武は実在したのでは?という説も根強く残って
います。

とりあえず、系譜が残っているものとしては、天皇家は
世界でも最古の王家、万世一系といわれているのです。

日本書紀にもあるように、日本には神武が天下るまえに
もう一つの天孫族がいたことがわかっています。

ここにニギハヤヒという名前が出てきます。
実際に最初に日本を統一したのはこのニギハヤヒでは
なかったかという話がでています。

日本の最高神は天照大神(アマテラスオオミカミ)で
女性の神様になっていますが、このニギハヤヒの
正式名称は「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」(あまてる
くにてるひこあまのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

太陽神であるアマテラスは本来はこのニギハヤヒであった
という話もあるくらいです。

神武に帰順したということにはなっていますが、実際には
権力を握ったものの都合のいいように書き換えられるもの
なので真実は解っていません。

天下ったといわれる天孫族ですが、最近古代ユダヤの
失われた12士族との関係も注目されています。

古代ユダヤの王族が別ルートで日本にたどりつき、それが
日本に新しい文化をもたらした王朝であるという話です。

神の系譜でも日本には土着の神である国津神(くにつかみ)
と後から来た神の天津神(あまつかみ)の系譜に分かれています。

日本には古代のユダヤの風習と大変酷似した部分が多く、
神事においても共通したものが多くあります。

日本の祭りでは欠かせないお神輿は移動式の神殿になって
いて、同じようなものがユダヤの神事にもあるのです。

古代ヘブライ語と日本語の共通点も多いのです。

こういうことを調べるととても面白いことが解ってきます。





天皇家での宮中での儀式は一般には公開されず、秘密の
部分が多いとされています。

本当の歴史は天皇家だけが知っているのかもしれません。





スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品