So-net無料ブログ作成
検索選択

また雪や暴風の心配がありそうです。 非常時は・・・

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

前日、大雪の記事を書いたばかりですが、未だに
その傷跡は残っているようです。

徐々に通行止めの箇所は回復しているものの、全体
からするとまだまだの状況です。

さらに悪いことには水曜日からまた、雪の心配が
あることです。

東シナ海にある低気圧が九州の南の海上を東へ進む
見込みのようです。

予想される最大瞬間風速は30メートルだそうで警戒
が必要です。

当然山間部では雪になる可能性があり注意が必要との
ことです。

予想進路が前回よりも東側を進むため先日の大雪ほど
ではないようですが、先日の雪がまだ融けたわけでは
ないために、積雪量が増える可能性があるそうです。

流通が回復していないのと同時に、先日の雪で倒壊した
ビニールハウスが多く、野菜不足が深刻になる可能性
もあります。

もし、こんな大雪の後に大きな地震などがおきたら
と思うとぞっとします。

東日本大震災を予想したあるおばあさんが、大雪の後
大きな地震がおきると言ったとかいう話もネットでながれて
きています。

勿論いつの大雪かはわかりません。
だいたいこういった人は予知夢というのを見るそうなので、
時期などは特定できないのです。

ただ、大まかな場所や状況だけはわかるらしいです。
なのでいつそのような災害がおきてもおかしくない
わけです。

先日の大雪でも東京近辺では食品の買い求めに走る人が
多く、コンビニやスーパーも品物不足に陥ったという話
がネット上に流れてきています。

その点は東日本大震災の時と事態が似通っているようです。

どうしても、交通が遮断されたと聞くと不安から買占め
に走る人が多発する傾向にあるようです。
それもカップラーメンや缶詰のようなものが真っ先に
なくなるとか。

東日本大震災のときは、より被害の多かった被災地
よりもあまり被害のなかった東京のスーパーから
真っ先に品物がなくなったと聞きます。
危機感が大きいのでしょうか?

つまりほとんどの人が万が一のときのときの備蓄
はしていないということなのでしょう。

備蓄といっても最悪の場合、食いつなぐための米と
味噌と水があればとりあえず生活できますし、品不足も
ちょっとだけ我慢すれば済むのですけどね。

たとえ生の米であっても水の中に入れて給水させれば、
美味しくはないのですがなんとか食べることはできます。
白米より玄米であればなおさら、いいようです。

もし大地震や大きな災害を心配するのであれば
カップラーメンなどを買うよりも絶対玄米を買っておくべき
です。

カップラーメンはがさばる上にお湯がなくてはどうにも
なりません。

今回のような大雪で交通が遮断された状態に大地震
などがおきたらまずは生き残るのが肝心なのです。
しばらくは救助が来ないかもしれません。

まずは飲料水だけは確保しておきましょう。
ポリタンクなどへの汲み置きでも十分です。

玄米ならば長期間保存することができますし、
生鮮食品がない場合でも、かなりの栄養素をもって
いるので、ある程度体を維持することができます。




万が一火が使えないときでも生の玄米を一晩水に
浸しておけば少々硬いことは硬いですが、十分噛み
砕くことができます。

浸す水がないときでも長時間口に含んでいることで
柔らかくすることができます。

なんでも、体力を温存した場合、一人一日玄米10粒
程度をしっかり咀嚼して食べて、水さえ確保できれば
かなりの期間生きながらえることができるそうです。

しかも生の玄米には生きた酵素の他に乳酸菌も
ついているためとてもエネルギーが強いのです。
生ならその酵素によって消化を助けてくれます。

もし最低限の食料を持ち出し袋につめておく
なら玄米が最適で、さらに黒砂糖と自然塩を少し
つめておけばさらにいいようです。

さらにまずは500CC程度の水のペットボトルも
2本程度を。

さらに少量の味噌があればなおいいですね。
そして粉末の青汁も準備しておけばさらに安心。

かつて戦国時代に携帯する食料は玄米と味噌
だったのです。それであの戦闘を行ったわけです。

製粉した小麦粉や米粉はあまりむいていません。
まして生で食べるのお勧めしません。
とても消化が悪いからです。

もし、それらを非常食にするのなら火が使えるのが
条件になります。

火が使えることが前提なら小麦粉や米粉に加え
マヨネーズを一本いれておくといいといいます。

調味料としての他、油としての使い方もできます。
しかも日持ちするため最適だそうです。
油と卵が入っているため単体でも食料になります。

本当の非常用はがさばらず、持ち運びしやすく
しかも長く食いつなげるものにしておきましょう。

あと防寒具の準備だけは絶対忘れずに。



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品