So-net無料ブログ作成
検索選択

映画はやはり大音響で見たいものです できればサラウンドで

スポンサードリンク




こんにちは、try親父です。

今回は映画の話題をお伝えしようと思います。
といってもある映画の話題というわけではなく、
映画の音響についての話題です。

私は映画を見るのは好きなのですが、直接映画館に
足を運ぶのは年に1~二回くらいなもので、ほとんどが
自宅でのDVDやBlu-lay、そしてWOWOWでの視聴に
なっています。

映画はできれば音もいい音で聞きたいので、かなり前から
サラウンド(立体音響)の再生できるアンプは使っていました。

現在も安価なシステムながらもBlu-layに対応したアンプと、
少し大きいモニターで視聴することは、とりあえずはできています。

でもほとんど宝の持ち腐れ状態です。

本当は大音響で再生したいところですが、実際には部屋には
防音設備がないので、あまり大きな音で再生するわけにはいかず、
たまに行く映画館とのギャップを大きくは感じています。

さらに、視聴するのはどうしても夜になるため、防音設備のない
我が家ではまずアンプの性能を発揮することはありません。

我が家には一応、5.1チャンネルの再生環境はあります。

5.1チャンネルというのは左、センター、右、左後、右後と
5箇所にスピーカーを配置したシステムです。
そしてそれに加えて低音専用のスピーカーを設置します。
残りの0.1がスーパーウーファーです。

最近の映画はそれに加えて、真後に左右のスピーカーを加えた
7.1チャンネル、さらに前の左右の音に高さを表現する
プレゼンススピーカーを加えた9.1チャンネルまで進化しています。

アンプも多く販売されていて、映画館に近い環境を家庭で再現
できるようになりました。

ただし、現実的には映画館と同じように迫力のある音を楽しむことが
できるのは、きちんとした防音設備を備えたたシアタールームを
持っている一部の人達だけのようです。

普通の部屋で大きな音を出すと近所迷惑になってしまい
ますし、低音のスーパーウーファーの音は家中雷がなって
いるように聞こえてしまいます。

サラウンドアンプを買ったばかりのころは比較的小さな音でも
立体感があるために満足していたのですが、たまに行く映画館で
あの大音響を体験してしまうと、迫力のなさにガッカリしてしまいます。

結局、最近はアンプにヘッドホンをつないで映画を見ています。
でも実は物足りなかったのです。
使っていたものも安いカナル型のものでした。

ある電気屋さんに行ったときにサラウンドヘッドホンが展示されて
いました。それほど高価でないものです。
ためしにそれを聴いてみました。

でも、それが悪くないのです。いえ、悪くないどころかかなりの迫力でした。
そのヘッドホンは大型の低音重視のものでした。

もしかすると自分のものもヘッドホンを変えてみたら今までと印象が
変わるかな?と思いつきました。

どうせなら、迫力ある音を楽しみたいと思い、低音の再生できる
ヘッドホンを買ってきてつなげてみたらそれがかなりの迫力なのです。

今まではヘッドホンが悪かったのです。

一応手持ちアンプのヘッドホン出力にもバーチャルサラウンドを出力する
機能があるので、スピーカーほどではないものの、音もある程度前後左右に
まわってくれます。

密閉型のヘッドホンならかなり迫力のあるサウンドを楽しめます。
カナル型でももう少し性能のいいものなら大分違うでしょう。

最近は機能をかなり高めたサラウンドヘッドホンシステムも
販売されています。

特にソニーの最新の製品はヘッドホンで9.1チャンネルを再現
できる機能をもっています。

MDR-HW700DSというモデルです。

MDR-HW700DS.jpg

早速視聴してきましたが、迫力、音の解像度も文句なしでした。
実はこのモデル私もひそかに狙っています。
今のアンプ+ヘッドホンとは次元が一つ違うからです。



家族用にヘッドホン部分だけ買い増しすることもできます。

その他のメーカーからもいろいろな機種がでています。
勿論、ワイヤレスです。

このソニーの製品ほどでないにしてもかなりの迫力です。
かつての同様の製品から比べると格段に進化しているようです。

 

迫力のある映画を楽しむのにはうってつけです。
映画好きな方は一度検討してみてはいかがでしょう?



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品