So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央、失敗の真相が徐々に見えてきた

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今回は久々に健康関係の話題から離れ、
浅田真央ちゃんネタを、お伝えします。

先日帰国してから、日本外国特派員協会で記者会見
したときのもようをご覧になられましたでしょうか?

森喜朗元首相が「あの子は、大事な時に必ず転ぶ」
と発言したことをどう思いましたか?との質問に対する
答えです。

「私自身、それを聞いたのは終わった後でした。
人間なので失敗することもありますし、失敗したくて
失敗しているわけではないので・・・

私は今別になんとも思っていないですけど、森さんがああいう
発言をしたことに対し今、ちょっと後悔しているのではないかな
と思います」

そんな答えを笑顔で答え、会場の笑いをさそっていました。

若い真央ちゃんのほうがずっと大人ですね。

それはそうと、先日のショートプログラムの件で以前の記事で
韓国のマスコミからの直前までのいやがらせともいえる
取材攻勢をうけていたことを書きました。

実は失敗の要因は他にもあったことが分かってきました。

敵は外だけでなく、一番の味方でなければならない
スケート協会の中にもいたらしいのです。

真央ちゃん側は設備の整った中京大のホームリンクでの
最終調整を希望していたらしいのです。
が、スケート連盟のほうはアルメニアのリンクを確保しているから
とのことで協会側と浅田選手側とのやりとりでもめたらしいのです。

それならと、振り付けを担当するタラソワコーチの口ぞえで
「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整を行う
という案もでたのですが、協会側は頑として首を縦に振らなかった
というものです。

ところがこれが最悪で、アルメニアのリンクの氷には砂が
混ざっているうえにガタガタで、急遽、刃を研ぎ直す必要に
迫られたそうです。

そのうえ空調設備が悪く、非常に寒かったため最終調整どころか、
逆に調子を狂わせてソチ入りしたそうなのです。
不調に終わった鈴木明子選手も同じくアルメニアでの調整でした。

さらに取材攻勢の対策をすることもなく韓国のマスコミにやらせ放題。
それでは最初から失敗してもおかしくなかったわけです。

しかもスケート連盟の幹部は頻繁に酒盛りをし、まるで遊びに
来ているのと変わりなく、ある男子選手は「連盟の誰も信用できない。」
と、あるライターにこぼしていたそうです。

さらに不可解だったのは2006年に不正経理や利益誘導疑惑が
持ち上がり、会長以下8名の理事が辞任したのですが、いつのまにか
その理事達が復権しているのです。

しかもその人達は新採点システムに現役選手の演技映像を使用する
研修を行う方式を提案した人物も含まれています。
その方は平松純子さんという方らしいです。

その現役選手とは勿論「キム・ヨナ選手」と思われます。
最高の点数はこの選手が基準になっているのですから
高得点になるのは当然です。



強い影響力をもっているのが今回復権した女帝といわれた
城田憲子氏です。

韓国では城田憲子氏は特別待遇のVIP扱いだそうです。
韓国の女子の強化に貢献したとか。

興味のあるかたはこの方の経歴を一度調べてみてください。
興味深い内容がでてきます

そして日本スケート連盟名誉会長は在日帰化人である荘英介氏です。
謙韓の人達はさらに疑惑の目を向けています。

一度お金の問題で辞任している人がまた復権している連盟、
今回も裏で大金が動いたのでは?と勘ぐるのは考えすぎと
いえるでしょうか?

ただ、フリーの演技で浅田真央の滑りが実質的に世界最高である
という評価をうけていることが分かっただけでも救われます。



エキジビジョンでのキム・ヨナは他の誰にも相手にされず
とても孤独だったようです。
口にはださないものの他の選手も疑惑を感じているのです。

韓国の人達の思惑と裏腹にキム・ヨナも表情が暗く、
本当は気の毒な子なのかもしれません。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品