So-net無料ブログ作成
検索選択

アンネの日記とユダヤ人そして、歴史の捏造

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今、図書館での「アンネの日記」がやぶられた事件の
ニュースが話題になっています。

犯人は何のために?誰が?といわれていますが、ネット上では
日本人に対してユダヤ人が怒りをぶつけるように願う何者かの
犯行だともいわれています。

ユダヤ人といえば実質的にアメリカを、いいえ、世界を牛耳っている
民族だというのはネットの世界では常識です。

そのユダヤ人が日本を憎むようにしむけたいのはいったい誰か?

あるユダヤ人がいったそうです。
「こういうことを考えるのはたぶん韓国人だろうね」
確かに、最近の韓国の日本に対する執拗な態度からすれば十分
考えられますね。

当のユダヤ人の総本山であるイスラエル大使館から、
「アンネの日記」を寄贈したい旨の申し出があったそうです。

一刻も早く犯人を見つけてくださいとのこと。
日本に対して抗議をするどころか、まるでもう犯人は
想像ついているけどさ、みたいな・・・。

犯人の思惑ははずれてしまったようです。

ところで意外に知られていないユダヤ人ですが、
ユダヤ人というのはどういう民族だと思いますか?

ユダヤ人国家として知られているのはイスラエルですが、
そもそもユダヤ人というのはどういう民族でしょう?

2010年時のデーターになりますが全世界中に約1340万人が
存在するといわれています。

主にユダヤ教を信仰している民族で、長い歴史のなかで
迫害され世界中に散っていったといわれています。

一番有名な話はイエス・キリストを殺したのはユダヤ人だ
という話です。ですが、イエス・キリストもユダヤ人であることは
あまり知られていません。

このユダヤ人、かつて聖書の時代はヘブライ人と呼ばれていました。

アンネ・フランクもユダヤ人ですが、実はこの聖書の時代のユダヤ人と
アンネの時代のユダヤ人は民族的にはまるっきり異なるのです。

我々日本人のイメージはユダヤ人というと白人のイメージを持つ人が
多いと思います。
そして現在のイスラエルの人達もそういう人が多いですよね。

実はユダヤ人は民族的に大きく分けて二つのグループがあるのです。
一つはアシュケナジー系ユダヤ人、もう一つはスファラディ系ユダヤ人です。

アシュケナジーは白人系、スファラディは黄色人系なのです。

アシュケナジーとはもともとヨーロッパのハザール王国が9世紀ころ、
キリスト教(ロシア正教)とイスラム教にはさまれ、どちらににも組みしない
ユダヤ教を選択し改宗したことからユダヤ教徒ハザール人のことをそう
呼ぶようになったのです。

彼らはユダヤの教義のタルムードに従い、生活することで白いユダヤ人として
生きていくことになったのです。

くしくも、ハザール人の出自は、現在問題が起きつつあるクリミア半島あたり
とも言われています。

「アンネの日記」のアンネも、実はそのアシュケナジーユダヤ人なのです。

アンネフランク.jpg

一方のスファラディは旧約聖書のヘブライ人そのものです。
これが本物のユダヤ人なのです。

現在のパレスチナ人に近い民族だったとも言われます。
ということは、イエス・キリストも有色人種だったということです。
ならば一般に知れ渡っている白人のキリスト像はうそだということです。

なぜそうなったかというとキリスト教が庶民に広がり、そのあまりの影響力を
気にかけたローマ帝国が国教に取り入れたからです。
392年に国教としています。

それから、力をのあるローマ帝国とともにキリスト教はヨーロッパ中に
普及していったのです。

ただし、ヨーロッパの彼らにとってキリストは自分達と同じように
白人でなければならなかったのです。

キリスト.jpg

彼らにとってはけっして有色人種が自分達よりすぐれていては
ならなかったのです。

そこでいつのまにかキリストのすり替えが行われたのは想像に
難くありません。
それから今のイエス・キリストの絵は白人になっていったといわれています。

さらに本当の教えはいつのまにか一人歩きしていき、その解釈は
都合のいいものに代わっていったともいわれています。

時間がないので時代はいっきに飛びます。
時はながれ、第二次世界大戦へと入っていきます。

ヒトラーのユダヤ人迫害をうけてヨーロッパ各地を追われたユダヤ人達は
行くところを失っていました。

大戦が終わった後に、カナンの地にイスラエルを建国するという
うわさが流れていったのです。

その話を聞いて世界中からユダヤ人が集まってきました。
ですが建国に加担した多くのユダヤ人は本来のユダヤ人ではなく、
白人系のユダヤ、アシュケナジーだったのです。

現在イスラエルの実権をにぎっているのは、白人系の
アシュケナジーユダヤ人なのです。

本来のヘブライ人の末裔、のスファラディもイスラエル建国の噂を聞いて
集まってきましたが、そこで見たのは自分達と違う自称ユダヤ人でした。

アシュケナジーはヨーロッパ系ユダヤ人、スファラディ、彼らは中東系ユダヤ人
と呼ばれています。

現在スファラディは支配される側に多く存在しています。
そして多くは裕福ではありません。

続きは次回に持ち越しです。


スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品