So-net無料ブログ作成
検索選択

最新のStarTrekをさらに楽しむには

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今回は休日ですし、ちょっと暗い話題が続いたので、
久しぶりに映画の話題をお伝えします。

以前もお伝えしたように、私は映画が大好きなのですが、
なかなか映画館では観れないというお話をしました。

いつものようにブルーレイ、またはDVDで鑑賞した映画の
話をお伝えします。

映画は全般的に観るのですが、やはり男性、
アドベンチャーやSF物は大好きです。

特にSFでは、高校生のときに観た『スター・ウォーズ』が
すごく印象に残っていますが、その痛快さは劣るにしろ、
別の面白さで絶大なファンを抱えているシリーズもののSF映画が
あります。

それは『スター・トレック』のシリーズです。
映画だけでも12本の作品があります。

StarTrek 直訳すれば「宇宙探訪」ですかね。

全世界に絶大なファンがいて、トレッキーと呼ばれています。

その映画作品は

スタートレック 1979年
スタートレックII カーンの逆襲 1982年
スタートレックIII ミスター・スポックを探せ
1984年
スタートレックIV 故郷への長い道 1986年
スタートレックV 新たなる未知へ 1989年
スタートレックVI 未知の世界 1991年

ジェネレーションズ 1994年 新メンバー
ファーストコンタクト 1996年
スタートレック 叛乱 1998年
ネメシス/S.T.X 2002年

スター・トレック 2009年 新キャスト
スター・トレック イントゥ・ダークネス
2013年

これらは大きく分ければ三つに分類されます。

一つ目はかつての日本名『宇宙大作戦』の名でテレビ放映
されていた頃のメンバーで製作したスター・トレック作品群です。

ウィリアム・シャートナー演じるカーク艦長を中心とした物語です。


そしてピカード艦長を中心とした新スター・トレックのシリーズ。


さらに若きころのカーク艦長誕生の物語とそこから始まる活躍を
描く新シリーズです。

この最新のシリーズ、映画は一番新しいのですが、時系列でいえば、
一番最初にあたります。

そして最初の映画シリーズでミスタースポックを演じ、監督も務めた
レナード・ニモイも未来のスポックとして登場します。

このシリーズの次が昔のテレビ版スター・トレック、
そして映画版スター・トレックという時系列になります。

新シリーズは『スター・トレック』ファンの方は勿論、
以前のスター・トレックを全然知らない人達にも十分楽しめる
物語になっています。

私はこのシリーズの作品は全部観ていますが、
今回御紹介するのは一番新しい作品である、
『スター・トレック イントゥ・ダークネスStar Trek Into Darkness』です。

この作品、観るまでは何の前情報もなしに観たのですが、
このシリーズのファンなら途中で忘れられない名前が登場します。

その名前は「カーン」という名前です。
実は最初のシリーズの2作品目の題名にもその名前がでてきます。

『スタートレックII カーンの逆襲』です。

スター・トレックの2作目に繋がるのですが、今回の映画に
出てくるカーンという名前はその映画2作目を十分意識している
ことがわかります。

この映画を観た後に『スタートレックII カーンの逆襲』を観てもいいし、
その逆の順番でもいいので、是非観ることをお勧めします。

勿論、なんの知識もなく観ても十分に面白い作品になって
いますが、さらに以前の作品を知っていればさらに面白い造りに
なっています。

あまり映画の紹介にはなっていませんが、
あまり細かい内容を話してしまうと観る楽しみが激減してしまいます。

なのであえて言いません。
できればこの一つ前の作品も観ておいたほうがさらに面白いでしょう。

とりあえず予告編だけでもご覧ください。

新シリーズ一作目 『StarTrek』


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』



そして『スタートレックII カーンの逆襲』


勿論YouTube上でもほどんどの作品が有料ですが、観ることができます。

こちらからです。



個人的にはスター・トレック5故郷への長い道という作品が好きです。
過去に戻っての現代人とのやりとりをするところがおかしく、笑えます。

最新の作品はさらにテンポが速く面白いですけどね。


スポンサードリンク



タグ:STARTREK SF大作
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品