So-net無料ブログ作成
検索選択

アフリカのギニアで恐怖のエボラ出血熱が発生 

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今回はとても怖い感染症、エボラ出血熱についてお伝えします。

今回取り上げた理由というのは、最近アフリカのギニアで
このエボラ出血熱が発生したからです。

エボラ出血熱が最初に発生したのは1976年6月。スーダンのヌザラ
という町で、倉庫番を仕事にしている男性が急に39度の高熱を出し、
頭や腹部に痛みを感じて入院、その後体中から激しく出血して
死亡したことから始まります。

hy_ebola_01.jpg

その後近くにいた二人も感染し、医療器具などを通して、さらに
感染が広がり、最終的には284人が感染し、そのうち151人が死亡する
というものすごさでした。このときの致死率は53%に達しました。

その後にも国境を隔てたザイールのエボラ川流域でも同じような
病気が発生し、さらに強烈な症状を見せ、キンシャサの病院で
二次感染が起こり、318人の感染者が発症し、そのうち280人が
死亡しました。その致死率はなんと88%にも及んだのです。

このときにザイール(現在のコンゴ)政府は軍に命じて町を封鎖し、
町から無理に出ようとするものは射殺せよ!と命令が下ったそうです。
ですが実際には賄賂を渡して脱出をはかったものもいるようです。

最初に発症した男性がザイールのエボラ川近くの出身だったため、
この時発見したウィルスは『エボラウィルス』と名付けられました。

そしてスーダン側のウィルスを『エボラ・スーダン』ザイール側の
エボラを『エボラ・ザイール』と名付けました。

このエボラ出血熱に感染すると7日ほどの潜伏期間から発病し、
発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、
腹痛などを引き起こします。

病状が進行することで口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管
など全身から出血や吐血、下血などがおこり、その致死率は50%
から90%近くにも達するくらい恐ろしいものです。

エボラは現在のウィルス性感染症の中でも最凶のバイオセーフティレベル4
に指定されています。

エボラウイルスは大きさが※80 - 800nmの細長いRNAウイルスで、
ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様に存在します。
※1nm(ナノメートル)は1/1000μm(ミクロン)で、10億分の1メートルです。

分類としては『フィロウィルス科』に属し、短い紐(ひも)の形
をしていることからそう名付けられています。

ebola1.jpg

エボラ.jpg

このエボラはその後、1995年にザイール(現在のコンゴ)の南西部の
キクウィトでも発生しています。湖の街は人口40万、この近辺では最大の街でした。

最初に発症したのはキンバブという男性、風邪のような症状から
次第に悪化し、血の嘔吐などから、全身の出血へと進み、死亡したのです。

そして数日後、血液検査技師のキムフムが同じような症状を発症します。
まさか最初の男性から感染したとは思っていない医師達は急性の
腹膜炎であると診断し、開腹手術を行ったものの、彼らが見たのは
半ば溶けかかって機能を完全に停止した内蔵でした。

ここでやっとただごとでないことに気付いたものの、この病院の施設では
その原因をつかむことができず、ただちに死亡したキムフムの検体を
アメリカのCDC(国立疾病対策予防センター)に送り、その分析を依頼したのです。

その後も感染は広がる一方で、看護する人達にも二次感染し、病院から
逃げ出す人も出て、さらに町に感染は広がっていったのです。

ようやくCDCがその病原をつきとめ、その病気は『エボラ出血熱』である
ことを発表しました。

その後世界各地から「ウィルスハンター」と呼ばれる専門家達が完全防備
体制を整えて現地に乗り込み、それ以上の病気の蔓延を防ぐために尽力
することになったのです。

彼らはCDCやWHO、パスツール研究所などに所属するウィルス対策の
スペシャリストです。

このウィルスは血液や体液の接触感染によって感染するため、けっして触れない
ようにとの医療機関の必死の宣伝等によって徐々に収束に向かったのです。

その時発症した患者は280人、死者は220人で、致死率はなんと約79%
にも達したのです。

一応ウィルスは『エボラ・ザイール』と発表されましたが、以前の
ウィルスとは微妙に異なるようです。そもそもウィルスは変異し易いのです。

今年の2月に発生したエボラは2014年3月22日時点で感染者が80人確認され、
死亡者は59人に達しているとのことです。

そして今回ギニアで発生したのは死亡率の高い『エボラ・ザイール』だと
されています。

こんな病気が万が一狭い我が国で発生したら民族滅亡の危機に陥るかも
しれません。

現在のところエボラの有力な対処法は封じ込め以外にないのです。
しかも発症する時期や場所によって微妙にその形態を変えています。

万が一日本に入ったらこんな事態も起こりうるかもしれませんね。



このエボラ出血熱が進化したらをモデルにした映画があります。
ダスティン・ホフマンが主演の『アウト・ブレイク』です。

ニコニコ動画に登録することで一部ご覧になれます。


レンタルでも借りることができると思いますので、是非一度
ご覧になってみてください。

あらすじ(allcinema ONLINEより引用)
アフリカ奥地で発生した未知の伝染病がアメリカに接近。
厳戒の防護措置が取られるもウィルスはとある地方都市に侵入!
 街は完全に隔離され、米陸軍伝染病研究所はウィルスの謎を
懸命に解き明かそうとするが……。

エボラ出血熱を遥かに凌ぐ致死性を持つウィルスの恐怖と、
それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スリラー。

  

そして小説では『ホット・ゾーン』があります。



このエボラのようなフィロウィルスは今まで5種類発見されています。

ドイツのマールブルグで猛威を振るった『マール・ブルグウィルス』
これはアフリカから輸入した猿から感染が広がり、31人が感染し
8人が死亡しています。

その他は『エボラ・スーダン』『エボラ・ザイール』そして
アフリカのアイボリーコーストで発生した『エボラ・アイボリーコースト』
さらにアメリカで出現した『エボラ・レストン』です。

この中で人に影響を及ぼさなかったのは猿にのみ有害だった
『エボラ・レストン』だけなのです。

このエボラウィルスは現在でも有効な治療法は見つかっていません。
現在は接触感染だけですが、ウィルスは変異しやすいので空気感染するように
なってしまったら防ぎようがありません。

そうならないことを祈るばかりです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品