So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方さん 会見の裏事情と、さらにマスゴミの裏事情

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

先日の小保方さんの会見はご覧になられたでしょうか?

小保方さん会見.png

私なぞは彼女がかわいそうで、なぜこんなにいじめるんだろ?と
マスゴミ連中に文句の一つも言いたくなるくらいです。



「改ざん」と「捏造」を追求して大騒ぎになっているわけですが
おまえらこそ年がら年中「改ざん」「捏造」だらけのの報道しやがって!
そう言いたくなります。
フラッシュにご配慮くださいとの事前の要請にもおかまいなしです。

今回の会見は裏事情があり、記者達に「心身の状態に配慮すること」などの
条件がついたことに関しては、小保方さんと理研の利害が一致したため、と
「日刊ゲンダイ」では解説しています。
フラッシュにご配慮くださいとの事前の要請にもおかまいなしです。

こちらがその記事です。
http://gendai.net/articles/view/geino/149350

そもそも、今回の騒動は「改ざん」の発端は小保方さんが自分で間違いに
気付いて申し出たことから始まっているわけで、論点がヅレているのです

捏造している人が自分で申し出たりはしないはずですが、そこらの事情は
あまり報道しません。

これからどうなっていくのかは、我々は見守っていくしかないようです。

この加熱しすぎる報道に皆さんも不思議に思っているらしく、以前に
書いた記事の『裏切られた小保方晴子さん-理研は脅しに屈した』
読んでくださった方がとても多かったようです。

小保方さんでマスゴミが加熱している一方でとても重大なことながら
我が国ではまるで報道されていないニュースが入ってきました。

そのニュースを隠すために小保方さんがスケープゴートにされたのでは?
そう思うほどの大ニュースなのです。

それは我が日本の宗主国であるアメリカ様のニュースです。

アメリカの現状は今やかつてのソ連状態でひどいものらしく、自由が
奪われています。

かつての自由の国アメリカは完全に崩壊し、一部の特権階級だけが潤う
世界になっています。
国際金融資本とはまさにこの国のすべてを、いえ、世界を牛耳る連中です。

ただし、完全にアメリカの民主主義が絶たれたわけではありません、
ここはさすがアメリカというところですが、アメリカ合衆国憲法では
過半数の州が団結すると連邦政府まで解体することができるように
なっているのだそうです。

そして今回、米憲法が認めている3分の2の州(34州)が、仮国会を開催
することに賛成したとのことです。

合衆国の名のとおり、州が集まってできた国ですから、日本の県とは比較に
ならないほどの権利を州は持っています。

いざとなれば連邦政府を追放することさえできるのです。
それだけ各州は連邦政府に対して不満を抱いているということです。

もしかしたらアメリカでは大きな政変が起きる可能性もあるのです。
以前からクーデターが起きる可能性も指摘されていましたし、政変に
対抗する準備としてFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の権限を
増大させているという情報も入っていました。

こんな危機的なニュースはマスコミはどこ吹く風ですが、日本にとっても重大な
局面であると言っていいでしょう。

はたしてどんな結末に向かうのか?他人ごとではいられないようです。
隣の火事を知らん顔して眺めるどころか、気付いてもいないのですから。



スポンサードリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品