So-net無料ブログ作成
検索選択

ラーメンの鬼、炎の料理人が相次いで・・・残念です。

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

先日最近は有名人で亡くなる方が多いという記事を書きましたが、
また有名人が、それも有名な料理人が二人相次いでなくなりました。

まずはラーメンの鬼、佐野実さん、そして中華炎の料理人、周富徳さんです。

二人共テレビでもおなじみの料理人です。
佐野さんはここ数年糖尿病を患っていたらしく、40℃を超える
発熱で2月に入院していたそうです。

佐野さんは誰もが恐れるほどこだわりの強い料理人で、そのこだわりの
あまり、体を壊したのではないかと思えるのです。
病院でも内緒で最期のラーメンを口にしたそうです。
まだわずか63歳という年齢で旅立たれました。

佐野実.png

佐野さんはもともとは洋食のコックだったことはあまり知られていない
ようです。

あまりに真剣にラーメンを愛するあまり態度の悪い客を、ナタを持って
追いかけたというエピソードも残っています。その時奥さんが「この人本気
だから早く逃げて!」といったのは有名な話です。

そのきっかけは『おしゃべりする客は塩を頼まないでくれ』という張り紙
だったそうです。その張り紙を見て笑ううえに、置いてないビールを注文する
などした客に帰れ!といってキレたそうです。

佐野さんの客に対する願いは、たばこ、香水、おしゃべりの禁止で有名に
なったわけですが、本人ができるだけ美味しく食べて欲しいとの願いから
出たものが、いつの間にか、怖い、高飛車な店という印象がついてしまった
ようなおです。

普段から真剣すぎるゆえに怒っているようにお客さんからは見えてしまい、
本人が言うには、

「正確に言うと、私語を禁止したわけじゃないですよ。食事中は静かに、
と言っているだけです。理由は、せっかく食べ頃を計って出したラーメンを、
おしゃべりで箸を止めて、まずくして欲しくないと言うのもあるんですが、
実は私が気になるんです。

うちはオープンキッチンでしょ。今までコックをやってきて、厨房で客の声が
聞こえるという経験がないんですね。

だからお客のおしゃべりが人一倍気になるんです。だから『食事中は静かに』
と言っているんです。でも、食事中は、だから、店の中で一切私語厳禁とか、
言ってませんし、ラーメンが来る前から、しゃべってはいかんとは思ってません。
小さい声で話をするぐらいなら大丈夫なんですよ。

今なんか店内全く無言でしょ。こっちがかえって緊張しちゃうよね。
ちょっとぐらい話をしてくれた方が店が和むのに(笑)。」
これが真相なのだそうです。

またひとりこだわりの職人が去ってしまいました。残念ながら支那そばやの
佐野さんのラーメンは食べられずに終わってしまいましたが、心よりご冥福を
お祈りいたします。

そして、中華の料理人、周富徳さんです。

周富徳.png

炎の料理人として劇画にもなりました。たしかスーパージャンプに連載されて
いたと思います。一部にフィクションもあったようですが、おおまかには
この劇画の内容に近かったようです。

題名はたしか『炎の料理人 周富徳』でした。

炎の料理人 周富徳.jpg

周富徳さんは誤嚥性(ごえんせい)肺炎によりお亡くなりになりました。
享年71歳です。

誤嚥性肺炎とは食べ物と細菌が肺の中に入り、起こる肺炎で高齢者に多い
症状です。

若いうちは多少気管に異物が入っても咳をすることで出すことができますが、
70歳をすぎたころからその力が弱まり、肺炎にかかってしまうこtぽが多い
のです。私事になりますが、私の父も亡くしたのはこの誤嚥性肺炎でした。

以前に脳梗塞を患い、闘病生活をなされていたようです。
以前にも肺炎をおこしたことがあり、今回もその肺炎がきっかけで息をひきとられた
ようです。

テレビに出るようになって有名になった周さんですが、テレビに出る前から
美食漫画の『美味しんぼ』に出てくる周大人はこの周富徳さんが一部、モデルに
なっていたというのは有名な話です。

若いころから負けん気が強く、いろいろと挑戦も多かったようですが、
一部で噂されたような料理の腕はからっきしというのは事実とは異なる
ようです。

並の腕では「聘珍樓」、「赤坂璃宮」といった名店で総料理長を務めることは
できないはずです。

あの口やかましい『美味しんぼ』の原作者の雁屋哲さんがファンであった
というのはある程度信頼に値すると思います。
もっとも『美味しんぼ』も内容でけっこう誤ちを起こしてはいますが・・。

いろいろと議論はあるものの、料理人をメジャーにした一人として尊敬に
値する人物だとは思います。

願わくば本人が料理したものを一度は食べてみたかったものです。残念です。
こちらもご冥福をお祈りさせていただきます。

これからも有名な人達がこの世を去ることが続くのでしょうか?
本当に最近は有名人が亡くなることが多いと感じてしまいます。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品