So-net無料ブログ作成
検索選択

今回は『お金のなる木』をあなたに差し上げます

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

一つお聞きします。
あなたはお金もちですか?

もしそうなら、あなたは金のなる木をお持ちなのだと思います。

もしそうでないのなら、これから金のなる木を手に入れる必要があります。

そこで今回は『金の成る木(かねのなる木)』を手に入れて、お金持ち
になるためのとっておきの秘策をお伝えしようと思います。

まずはお金のなる木をお見せしましょう。これがお金のなる木です。

金の成る木.png

というのは冗談です。
でもこれが一般に言われる『金のなる木』ですが、御利益(ごりやく)は
ちょっと少ないようです。

これから御利益がとても大きい『金のなる木』を手に入れる方法を
ご紹介しましょう。

実はこの『金のなる木』を持っていた人物でとても有名な方がいらっしゃいます。
歴史的な大人物です。

その人はお金も手に入れましたが、天下までも手に入れた人物です。
もうお分かりでしょう。その有名人の名は『徳川家康』という人物です。

家康.png

ではこれから『金のなる木』の正体を明かしていくことにします。

徳川家康といえば、有名なのは「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」
という言葉です。

とても辛抱強く、しかも健康にも気を使い、天下人になった人物です。
そしてさらには300年以上も続く徳川幕府の基礎を作り上げました。
その根底にはこの『金のなる木』が関係していたのです。

そろそろ『金のなる木』の正体を話し、お渡しすることにしましょう。

それではあるエピソードをお話します。

あるとき家康が家臣に向かってこう話したそうです。
「そなた達は金のなる木を知っておるか?」家臣・・・・・?
「ならば儂が教えてしんぜよう」そう言って三つの木の名を示したそうです。

その三つの木とは、
『しょうじ木(正直)』『じひふか木(慈悲深き)』 『よろずほどよ木(よろず程良き)』
というものであったそうです。

なるほど!と思った方もいらっしゃるでしょう。

さらに家康は側にいた細川幽斎(細川藤高)に「他にもあるはずじゃ、
示しててみよ」と答えを促したそうです。

さすがに幽斎は『源氏抄』と『二十一代和歌集』を朝廷に献上しただけの
ことはあります。

早速八つの木を示してみせたそうです。
その八つとは、

『あさお木(朝起き)』『いさぎよ木(潔き)』
『ようじょうよ木(養生良き)』『かないむつまじ木(家内睦まじき)』
『しんぼうづよ木(辛抱強き)』『ついえな木(潰えなき)』
『ゆだんな木(油断なき)』『かせ木(稼ぎ)』


これが家康に天下を取らせた『金のなる木』なのです。

これが大成するための条件なのだと言われれば、多くの人が納得
するに違いありません。

そしてそのついでに家康の名言もご紹介しておきましょう。
特に経営者であるならば、これはとても参考になる言葉です。

「人生に大切なことは、 五文字で言えば「上を見るな」。
七文字で言えば「身のほどを知れ」。

大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことはすべて荒立てず、
なるべく穏便にすますようにせよ。滅びる原因は、自らの内にある。
いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れた
ほうへ歩む。

重荷が人をつくる。身軽足軽では人は出来ぬ。
人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。

不自由を常と思えば、不足なく心に望み、おこらば困窮したる時を
思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

勝つ事ばかりを知って、負くる事を知らざれば、害その身に至る。
己を責めて、人を責むるな。

及ばざるは、過ぎたるより優れり。
最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。
誠らしき嘘はつくも、嘘らしき真を語るべからず。

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の
熟慮である。 世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。
あぶない所へ来ると、馬から降りて歩く。これが秘伝である。

愚かなことを言う者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。
でなければ、聴くに値することを言う者までもが、発言をしなくなる。

大将というのは敬われているようで、たえず家来に落ち度を探られて
いるものである。
恐れられているようで、あなどられ、親しまれているようで、憎まれている。
だから大将というのは勉強しなければならないし、礼儀をわきまえなければ
いけない。

いい家来を持とうと思ったら、自分の食を減らしても家来にはひもじい思い
をさせてはいけない。

家来というのは録でつないではいけないし、油断させてもいけないし、
近づけても遠ざけてもいけない。
家来は惚れさせなければならない。」



この話は今でも十分に通用するどころか、それができたら必ず大物で
いられるような気がしませんか?

『金のなる木』に加えてこの家康の名言を身につけることができれば
きっとお金持ちになれると思います。

私はまだお金持ちではないので、全然できていないということですが、
ここに書くことで是非自分に取り入れたいと思っています。



スポンサードリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品