So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと昔の映画ですが、痛快なシンデレラ映画をご紹介

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今回はゴールデンウィークということもあり、また映画のご紹介を
したいと思います。

今回ご紹介するのは『シンデレラ』の映画です。
try親父には似つかわしくなかもしれませんが、結構ロマンスものも
好きなのですよ。

普段みんなが知っているシンデレラはおとなしく、継母のいいなりで
泣いてばかりいるシンデレラが思い浮かぶかもしれません。
かわいそうなシンデレラが一発逆転を演じる物語です。

一般的な『シンデレラ』は不幸なシンデレラを魔法使いか妖精が
魔法を使って変身させ、舞踏会に参加させ、王子様に見初められる
というサクセスストーリーです。





『シンデレラ』というのは「灰かぶり姫」とか「灰かぶり娘」と
いった意味なのです。

このシンデレラの物語はひとつではなくいろんな基になる話が存在している
ようです。

一番怖いのがやはりグリム童話のシンデレラです。

魔法使いもかぼちゃの馬車も登場しませんが、欲の皮の突っ張った
姉は入らないガラスの靴に足を入れるため、つま先を切り落としたり、
妹は踵を切り落としたりします。

王妃になってしまえば歩く必要もなくなるとの母の助言からです。
実はそれを継母に耳打ちしたのはシンデレラだった・・・。

神様は善良な人間を助けます。善良でなければ、ひどい罰が下されるの
ですから・・・

シンデレラの結婚式の後、姉たちはお互いの目を繰り抜あったた・・・
など怖い話がいっぱいでてきます。しかもしむけたのはあのシンデ・・

こんな怖いシンデレラもありますが、今回ご紹介するシンデレラは見ていて
痛快なシンデレラです。

ドリュー・バリモア主演の『エバー・アフター』という映画です。
売りは前向きなシンデレラでした。

ever-after.jpg

映画自体は公開からかなりたっていて、16年前の映画になります。
1998年の映画です。

この映画の中身はシンデレラ映画で灰かぶり娘という言葉も出てきますが、
勿論魔法使いもかぼちゃの馬車もでてきません。

しかし魔法使いの代わりにあの『レオナルド・ダ・ビンチ』が登場します。
王子様を馬から落としたり、文句を言ったりと今までのシンデレラとは
大分違います。しかも意地悪な姉を殴ったりまでしてしまいます。



意地悪な義理の姉も一人は味方をしてくれたりします。
普通のシンデレラは舞踏会だけで見初められますが、ロマンスも
たっぷりです。

いつものように内容にはこれ以上は触れないことにします。
レンタル店にはあると思いますので、この休み中に是非ご覧に
なってみてください。

 




スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品