So-net無料ブログ作成
検索選択

有害物や脂肪のデトックスに絶大な効果があるというキトサンとは?

スポンサードリンク




こんにちは、tryです。

今回お伝えするのは、「キトサン」についてです。

実は私もキトサンについてはあまり知らなかったのですが、
辛口ジャーナリストの船瀬俊介さんが、キトサンについてかなり
べた褒めなので、ちょっと調べてみたのです。

そうしたらものすごい可能性を秘めたものであることが解りました。

「キトサン」というとあまりピンと来ないかもしれませんが、
「グルコサミン」というと結構聞いたことがあるかもしれません。

キトサンはいわゆるグルコサミンが連なったものです。

キチンはカニやエビの殻から濃塩酸を使って炭酸カルシウムと
タンパク質を除去した物質で、動物性の食物繊維です。
キチンというのはN-アセチルグルコサミンというものなのです。

エビ、カニ.png

キトサンはそのキチンを強いアルカリで処理してとN-アセチル基が
とれてグルコサミンが連なったものになります。

グルコサミンとキトサンの一番の違いはキトサンのほうがより強い
分子構造を持っているということです。そしてプラスイオンを持っている
ために塩素などの有害物質と結びつき、体外に排出する働きが強いのです。

さらに重金属を挟み込むキレート作用もあります。

キチンのほうは水にも酸にも溶けませんが、キトサンは水に溶けず、
酢などの弱酸に溶けます。

現在では手術用縫合糸や人工皮膚などの医療用素材から食品、農業用品、
化粧品、衣料、家具まで、あらゆる分野でその効果が認められている
注目の物質なのです。

キトサンの持つ特徴を上げてみます。
1  生体内で分解処理されたり土の中で微生物に分解されたりする
   (生分解性がある。)

2  免疫を高める免疫賦活作用がある。

3  細菌の繁殖を抑える抗菌作用がある。

4  皮膚の再生を促す作用がある。

5  重金属を吸着したり汚水をきれいにしたりする凝集の働きがある。

6  傷の治りを早める生体内賦活作用がある。

7  薬のききめをゆっくりと保つ徐放性効果がある。

8  止血効果がある。

9  プラスに荷電している。そのため塩素と結合しやすい。
    (塩分吸着して体外に排出する作用がある)

10 油の吸収を防ぎ、コレステロールを低下させる働きがある。
     (コレステロールの結合、排出作用)

11 キトサンは厚生労働省から認可され健康増進法に基づく特別用途食品に
    含まれるようになっている。

こんなすぐれた性質をもっているとのことです。

こちらのビデオがとてもわかりやすいようです。


キトサンオリゴ糖もキチンオリゴ糖とほぼ同じ働きをするようです。

もし時間があって深く知りたい方はあるならこちらのビデオも御覧ください。
専門家によるキチン、キトサンの解説です。







そんなキトサンを含む健康食品もでていますのでうまく利用して
体の中の有害物質を体外に出してあげることで、様々な症状を
緩和することができるかもしれません。

上手に利用したいものです。

そんな製品を今回はご紹介します。キトサンとキトサンオリゴ糖を使った
サプリメントです。詳しくはクリックしてみてくださいね。







スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

お勧め商品