So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエット記事 引越しのお知らせ

こんにちはtryです。

記事の数がかなりいっぱいになり、バックナンバーの記事がとても
探しにくくなっています。

そこでサイドバーに過去記事一覧を載せるようにしたのですが、それでも
記事の数が多くかなり探しにくいようです。

そこで少しずつですが、ジャンル別にブログ記事を分けようと考えました。
一度に引越しすることはできないので徐々にですが他のサイトに記事を
移しています。

これも記事を読みやすくするためですので宜しくお願いいたします。

とりあえず最初は比較的好評なダイエット記事をダイエット専門のサイトに
移動を始めています。

勿論、左の過去記事一覧からも記事ごとに新しいリンクを貼っていますのでご安心ください。
古い記事から少しづつ移動していきますのでそちらのサイトも宜しくお願いいたします。

こちらから⇒だれでも、ついでに簡単ダイエット
http://diet.battiri.net/


よろしければブックマークをお願いします。

リンク集にも載せてありますし、マイカテゴリーからもダイエットで行くことができますので
宜しくお願いいたします。
タグ:お知らせ

東北六魂祭、実際に行ってきました。

こんにちはtryです。

前日は六魂祭のお知らせをしませしたが、実際に会場に足を運び、
見にいってきました。

動画などの編集アップに時間がかかり今の更新です。

実はtry親父の地元がこの山形なのです。
市内中心近くは多くが通行規制がかかっているので、当然のことながら
徒歩で8キロほど歩いて会場に向かいました。

途中で会場のひとつにもなっている霞城公園を通っていきます。
ここはかつて山形城があったところで、霞ヶ城と呼ばれたことから
霞城公園というようになっています。

DSC02878.png

DSC02879.png

DSC02882.png

基礎を築いたのは戦国大名、最上義光(もがみよしあき)です。
伊達政宗の母親の兄であり、上杉家と東北の関が原といわれるほど
激しい戦を行った武将です。

DSC02889.png

ここも出店やイベントでかなりの人出でした。
特に出口付近の城門はかなり混雑していて抜け出すまでかなりの
時間を要しました。

DSC02888.png

DSC02890.png

DSC02893.png

DSC02894.png

メイン会場ではパレードに先駆けて各県の踊りが披露されました。
ただ混雑の度合いがものすごく、近くまでいくことはできませんでした。
10倍ズームでやっとこのくらいです。

DSC02965.png

DSC02961.png

お昼ちょっとすぎには航空自衛隊のアクロバット飛行のチーム
「ブルーインパルス」によるデモンストレーションが行われました。

確かに航空ショーほどのパフォーマンスは見られなかったものの
十分に迫力のあるものでした。万が一街の中で事故などがあれば
大惨事になるだけに十分に安全マージンをとったためでしょう。

一応ビデオに撮りましたが、デジカメでの撮影の上に周りがまぶしすぎて
モニターが全然見えない状態での撮影ですので、ぶれや構図の悪さは
ご容赦ください。



山形市内の目抜き通りである七日町通りも多くの観光客で賑わっていました。

DSC02903.png

DSC02905.png

なんとか人ごみを掻き分けてパレードの行われる通りにたどりつき
ましたが、かすかに見える程度の場所しか確保することができず、
手を上の伸ばして勘で撮影したためかなりぶれぶれの映像になりますが
一応ビデを映像にしましたのでこちらもはずかしながら披露させて
いただきます。

だいぶ長いので時間があるときにどうぞ。



DSC02911.png

DSC02915.png

DSC02924.png

DSC02930.png

DSC02940.png

DSC02949.png

普段はこういう人ごみは苦手なのですが、たまには心が躍るというか
いいものですね。

それにしても疲れました。ふぅ!


東北六魂祭が今日明日、開催です 駐車場のご案内も

こんにちは、tryです。

個人的な事情でまたまた更新が滞ってしまいました。
お詫び申し上げます。

さて今回の話題は『東北六魂祭』です。今年は山形市を会場に
24日と25日の両日にわたって繰り広げられることになっています。

東日本大震災から3年ですが、東北にパワーをということで企画された
この『六魂祭』も4回目を迎えるわけです。

六魂祭.png

東北六県からそれぞれの代表する祭りを一同に集めてパレードも行います。

青森ねぶた祭、秋田竿灯まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、
仙台七夕まつり、福島わらじまつりです。

SnapCrab_NoName_2014-5-24_0-14-11_No-00.png

この祭りでは毎年テーマを決めているわけですが、今年のテーマは
『起』だそうです。
ちなみに2011年の仙台市では「祈」、2012年の盛岡市では「希」、
2013年の福島市では「福」がテーマでした。2014年の山形は「起」
というわけです。

今回の記事は事前情報というわけですが、まずは車で来られる方への
駐車場の情報です。

一般駐車場として設けられているのは3箇所あります。
山形自動車道の山形蔵王インターチェンジから下りてまもなくの
山形県庁駐車場と東北中央自動車道、山形中央インターチェンジから
下りて西側方面に進んだ、須川河川敷一般臨時駐車場です。

両駐車場とも1000台ほどのスペースです。こちらはシャトルバスが運行
します。

あと、山形自動車道の山形北インターから近い、山形市総合スポーツ
センターの駐車場も利用できますがこちらはシャトルバスは運行しない
ために会場までの移動はタクシーか徒歩のみになります。

こちらがマップになります。

六魂祭 駐車場2.png
http://gattiri.net/rokkonn%20parking.pdf
(右クリックして名前をつけてリンク先を保存)でダウンロード

いずれも台数が限られていますので、鉄道などをご利用になるのが
一番いいのかもしれません。

そして交通規制はこちらです。

六魂祭 交通規制2.png
http://gattiri.net/rokkonn%20koutukisei.pdf
(右クリックして名前をつけてリンク先を保存)でダウンロード

24日の12時半から12時55分まではブルーインパルスの飛行もみられそうです。
詳しくはこちらの公式ウェブサイトをご覧ください。
スケジュールなども詳しく書かれています。
http://www.rokkon.jp/index.html

ブログ更新遅れの言い訳と『美味しんぼ』休載

こんにちは、tryです。

またブログをサボってしまいましたが、今回も前回に引き続き、
届いた部品の交換に時間をとられてしまったことから更新できません
でした。

今回は前回のハードディスク交換の報告にあったようにパソコンの
SSDを交換して、パソコンをもとの状況に戻すためにまたもや時間を
とられてしまいました。

DSC02858.png

どうせならと欲張ってドライバー類もみな新しいものに更新しました。

前回はSSDについて説明しなかったのですが、SSDとは、ソリッドステート
ドライブのことで、フラッシュメモリーを利用した記録媒体のことです。

ハードディスクより高速で、回転するといった部分を持たないので騒音に
関しても優位性があります。

さらに読み書き中の振動や耐衝撃性に強いなどの利点も大きいのです。
しかも軽量で、エラーが少ないという利点も大きいのです。

ただ、欠点もあります。
ハードディスクに比べて書き込み回数に制限があることや、その構造から
かなり高価になるということです。

そして故障してしまった場合にそのデータの救出は不可能であるなどと
いう欠点もあります。

そのためにこまめにバックアップを取るといった方法が最善なわけですが、
実際には調子が悪くなってからあわててバックアップをとっているのが現実
なようです。

でも本当に困るのはある日突然データが読み込めなくなることだと
思うので、マメに大事なフォルダやファイルをバックアップしておく
のがベストなようです。

その作業は確かに大変でしたが、今回のパーツ交換により、パソコンの
性能が格段にアップし、一クラス上の商品に変貌を遂げました。

CPUなどはまるっきり同じなのですが、記録媒体が高速化したことで
さらに軽くなっています。

もともとの仕様からかなりアップし、SSDは32ギガから120ギガにアップ、
そしてハードディスクは750ギガから1ギガにアップしました。
しかも高回転型に代えたことで読み込みも早くなりました。
結果ちょっとだけですが、高性能化することができました。

その費用は確かにちょっとだけ痛かったのほ確かですが、
その分サクサク動いてくれて新しくなったような気分です。


まぁ、パソコンの話はさておき、今回は『美味しんぼ』のニュースです。

先日、主人公の山岡と父親の海原雄山が和解という内容が話題に
なったばかりです。

山岡和解.jpg

今回は福島の環境問題を取り上げてその内容が話題になりました。

福島の取材で内容に鼻血を出すシーンがあり、それに関係各所から
クレームがついたようです。

美味しんぼ 鼻血.png

問題を提起する漫画に閣僚や知事が口出しするのもどうかなとも
思うのですが、この『美味しんぼ』は私は最初のころから読んでいて
食に興味を抱かせてくれた漫画なのでちょっとだけ複雑な心境です。

でもそういうことがニュースになり、かえって読んでみようという
人達が増えるのではないでしょうか?
どうしてクレームがついたのか?どんな内容なのかと誰もが思う
からです。

たぶん単行本はよけい売れると思います。

以前の記事でtry親父は日本酒好きだと書きましたが、実はこの食の
漫画が私が日本酒に興味を持ったきっかけにもなっているのです。

コミックの第4巻にある『酒の効用』という話です。

t02200204_0500046312085921972.jpg  t02200153_0287020012085474437.jpg

西洋かぶれでワイン好きの編集局長に、主人公の山岡が日本酒の
すばらしさをわからせると言う内容です。

その時までそれほど日本酒にはこだわりがなかったのですが、
それをきっかけにいろんなお酒を試してみるようになり、今では
ちょっとしたマニアになっています。

小さい冷蔵庫ですが、ほとんど日本酒専用のものがあります。

#37312650.JPG

こうなったのはこの『美味しんぼ』のおかげだったわけです。

そしてもともと料理は好きなのですが、この漫画にかなり感化されて
塩や味噌にもこだわったりしています。

勿論、中にはちょっとだけ大げさな内容や、誤った情報が入っていたり
しますが、食に関して多くの人に興味を抱かせ、いろんな問題点を
提起し続けてきたのは間違いのないことです。

もし一度もこの『美味しんぼ』を読んだことがないのであれば、是非
一度は読んでみてほしいと思います。



話題の映画『テルマエ・ロマエⅡ』観てきました

こんにちは、tryです。

今回は休日ではないですが映画の話題をお贈りします。
以前の記事、『これは面白い、テルマエ・ロマエ』でご紹介していた映画、
『テルマエ・ロマエⅡ』をやっと観てくることができました。

なかなか時間がとれなくて行けなかったのですが、今回なんとか空いた
時間に行くことができました。



予想通りとても面白い作品でした。劇場でもいたるところで笑い声が
起きていました。

前作でもかなり面白かったのですが、前作のヒットにより予算が使える
ようになったことでさらにスケールの大きい、楽しい作品になりました。

相変わらず顔の濃いキャラクター達がキャストを飾っています。

阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開、勝矢といった日本人離れした顔の
俳優達が古代ローマ人を演じていることで違和感もなく観ることができた
わけですが、今回はそれに加えて元横綱の曙や元大関の琴欧州も
グラディエーターの戦士として登場しています。


そして「平たい顔族」の面々も濃い顔のキャラクターが脇を固めています。
前作から引き続き、上戸彩、キムラ緑子、笹野高史や竹内力などの面々です。

こうしてみると、たしかに上戸彩は平たい顔ですね。

さらに前作からの、いか八朗さんや白木みのるさん、そしてかつて一時代前
「指圧の心は母心」で有名だった浪越徳次郎(役名は徳三郎)を演じた
菅登未男さんはまるで痩せた状態の本人が出演していたようでした。

いか八朗.png  菅登未男.jpg

この映画はナポリ郊外にある世界遺産・カゼルタ王宮の宮廷劇場で
ワールドプレミアが行われましたが、上映中は爆笑が絶えず、終了と同時に
スタンディングオベージョンが沸き起こったそうなのです。

上映中は爆笑が絶えず、陽気なナポリっこからも「素晴らしく楽しい
映画だった。阿部さんは、本物と区別がつかないほど古代ローマ人に
見えた」と大絶賛を得たとのことです。

前作でさえもこんな感じだったとか?



実はこの映画のルシウスと同様に日本に行ったことのないイタリア人も
日本のハイテクトイレに驚いたらしいのです。



この映画の面白さは海外でも通用するものだったということでしょう。

今回も勿論あらすじは言わないでおくことにしますが、一応公式の
ホームページはお伝えしておきます。

是非ご覧になっていただきたい映画です。





パソコントラブルでブログ更新が滞ってしまいました

こんにちは、tryです。

ここ2~3日間、パソコンが不調になってしまい、ブログの更新が
滞ってしまいました。

今日の記事はメカが苦手な人にはあまり興味がないかもしれませんが
パソコントラブルの際にいくらかは役にたつのではと思います。

最近、画面にしょっちゅうエラーメッセージが出て、バックアップを
とるようにと、頻繁に警告が出るようになったのです。
しかもものすごく処理が遅くなり、ウェブページの表示までまで遅く
なっていました。

原因はどうやらはハードディスクのトラブルだったようなのです。
ついにハードディスクドライブの交換ということになりました。

そこでなんとか持ちこたえているうちにデーターのバックアップを
とって、リカバリーすることにしたのですが、全体のバックアップを
とろうとしても、途中でエラーが発生し、止まってしまい数時間も
かけても失敗し、フルバックアップはあきらめざるをえませんでした。

パソコンの処理速度が極端に低下し、うまくいかないのです。
ソフトの入れ直しなどの面倒な作業は避けては通れなさそうです。

なんとか大事なデーターだけ他のパソコンに移したのですが、
日ごろから大きなデーターは外付けのハードディスクに入れている
ため、その点だけはそれほどでもなかったのです。

最近のパソコンにはリカバリーディスクはついてはきませんし、
勿論Windowsのディスクもついていません。

そのかわりワンキーリカバリーといってクリックひとつで出荷状態
に戻すことができる機能があります。

ただ、パソコンのデーターが増えて重くなったくらいでリカバリー
するのなら簡単でいいのですが、ハードディスク自体が不調になって
交換が必要になった場合はリカバリーディスクを作成することから
始めなくてはならないのです。

便利な反面、機械のトラブルのときにはとても不便です。
そのときは自分で治さないで修理に出してくださいということでしょう。

でもそこの費用は抑えたいtry親父は自分で治すことにします。
まずはハードディスクを購入することから始めました。

ノートパソコンなので2.5インチのハードディスクなのですが、
できるなら高速で容量の多いものにしようということで
近くのパソコンショップまで求めにいきました。

DSC02861.png

そしていよいよ交換作業です。本体の裏のねじをはずして交換します。
以前にリカバリーディスクは作成して準備万端のはずだったのですが、
ハードディスクを交換してリカバリーディスクを入れリカバリーを
しようと思ってもうまく動きません。

リカバリープログラムがうまく働いてくれないのです。
そこでいったん元のハードディスクに戻し、その状態でリカバリーを
行い、またリカバリーディスクを作成するという面倒な作業を行う
ことになりました。

DSC02856.png

今のパソコンには隠しパーテーションという目に見えない場所に
大事なファイルが隠してあるのでいざというときにはとても不便
です。

こんなときはパーテーションを操作するソフトが必要になったりします。
EASEUS Partition Masterというフリーソフトがあります。
コチラからダウンロードできます。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeuspart/

ただ、パーテーションを誤って削除したりすると起動さえできなくなりますし、
ちょっとした知識が必要になりますので十分にご注意ください。

やっと、新しいハードディスクに入れ替え、BIOS設定でDVDドライブを
真っ先に読み込むように設定し、なんとかリカバリーすることが
できたのです。

私のパソコンの場合は起動時にF12のボタンを押すことで最初に
読み込むドライブを指定することができます。

今いろんなソフト、アプリケーションをインストールしていますが、
もとの状態に戻すまではまだ当分かかりそうです。

今のところうまく動いていますが、たぶん近いうちにもうひとつの
ドライブであるSSDも交換することになりそうです。

mSATA SSDというのが私のパソコンにはついているのですが、これが
わりと壊れるらしいのです。そのためこれも一応手配しました。

DSC02858.png

ゴールデンウィークが過ぎたばかりなのにとても痛い出費でした。

日ごろからパソコンのバックアップはまめにとっておいたほうが
いいようです。できれば調子のいいときに全体のバックアップを。

自分でハードディスクを交換したいけどソフトを使ってまでの
バックアップ作業はめんどくさいという人にはこんな商品もでています。

外付けハードディスクとしても使えますし、パソコンなしでクローンコピーも
できてしまいます。

詳細は画像をクリックしてください。

容量の大きなハードディスクに交換したいときなどはもっとも
簡単なようです。

有害物や脂肪のデトックスに絶大な効果があるというキトサンとは?

こんにちは、tryです。

今回お伝えするのは、「キトサン」についてです。

実は私もキトサンについてはあまり知らなかったのですが、
辛口ジャーナリストの船瀬俊介さんが、キトサンについてかなり
べた褒めなので、ちょっと調べてみたのです。

そうしたらものすごい可能性を秘めたものであることが解りました。

「キトサン」というとあまりピンと来ないかもしれませんが、
「グルコサミン」というと結構聞いたことがあるかもしれません。

キトサンはいわゆるグルコサミンが連なったものです。

キチンはカニやエビの殻から濃塩酸を使って炭酸カルシウムと
タンパク質を除去した物質で、動物性の食物繊維です。
キチンというのはN-アセチルグルコサミンというものなのです。

エビ、カニ.png

キトサンはそのキチンを強いアルカリで処理してとN-アセチル基が
とれてグルコサミンが連なったものになります。

グルコサミンとキトサンの一番の違いはキトサンのほうがより強い
分子構造を持っているということです。そしてプラスイオンを持っている
ために塩素などの有害物質と結びつき、体外に排出する働きが強いのです。

さらに重金属を挟み込むキレート作用もあります。

キチンのほうは水にも酸にも溶けませんが、キトサンは水に溶けず、
酢などの弱酸に溶けます。

現在では手術用縫合糸や人工皮膚などの医療用素材から食品、農業用品、
化粧品、衣料、家具まで、あらゆる分野でその効果が認められている
注目の物質なのです。

キトサンの持つ特徴を上げてみます。
1  生体内で分解処理されたり土の中で微生物に分解されたりする
   (生分解性がある。)

2  免疫を高める免疫賦活作用がある。

3  細菌の繁殖を抑える抗菌作用がある。

4  皮膚の再生を促す作用がある。

5  重金属を吸着したり汚水をきれいにしたりする凝集の働きがある。

6  傷の治りを早める生体内賦活作用がある。

7  薬のききめをゆっくりと保つ徐放性効果がある。

8  止血効果がある。

9  プラスに荷電している。そのため塩素と結合しやすい。
    (塩分吸着して体外に排出する作用がある)

10 油の吸収を防ぎ、コレステロールを低下させる働きがある。
     (コレステロールの結合、排出作用)

11 キトサンは厚生労働省から認可され健康増進法に基づく特別用途食品に
    含まれるようになっている。

こんなすぐれた性質をもっているとのことです。

こちらのビデオがとてもわかりやすいようです。


キトサンオリゴ糖もキチンオリゴ糖とほぼ同じ働きをするようです。

もし時間があって深く知りたい方はあるならこちらのビデオも御覧ください。
専門家によるキチン、キトサンの解説です。







そんなキトサンを含む健康食品もでていますのでうまく利用して
体の中の有害物質を体外に出してあげることで、様々な症状を
緩和することができるかもしれません。

上手に利用したいものです。

そんな製品を今回はご紹介します。キトサンとキトサンオリゴ糖を使った
サプリメントです。詳しくはクリックしてみてくださいね。





ウクライナ 報道されない右派セクターによる虐殺

こんにちは、tryです。

私達日本人がゴールデンウィークで浮かれている時にウクライナでは
とても悲惨な蛮行が行われました。

今回お伝えするのは5月2日にウクライナで行われた現政府側の蛮行です。
ウクライナの南部にあるオデッサで、キエフのクーデター政権に反対する
住民40名以上が死亡、その大半は避難先の労働組合会館で焼き殺された
ようなのです。

ネオ・ナチがサッカーファンを装って示威的行進を始め、広場にテントを
張っていた反クーデター派のグループを襲撃し、そこで数人が殺害され、
襲われた住民達は労働組合会館へ逃げ込みました。

その会館へ襲撃グループが銃撃、放火し、逃げ道を塞いで焼き殺した
ようです。この間、警官はただ傍観していただけだそうです。

ウクライナ情勢3.jpg

勿論欧米側についている日本政府とマスゴミはロシア側の反対派の
動静だけを伝え、ウクライナ政府側である右派セクターの蛮行は
一切報道されることはありません。

ロシア系反対派をテロリストと報道していますが、実際にはほぼ
武器を持たない住民を銃で殺しているのは欧米の支援する側のようです。
ネオ・ナチ達が欧米側の支援で多くの残虐行為を行っているのです。

ウクライナ情勢1.jpg

現在はインターネット時代なので、マスゴミがいくら隠しても
情報は入ってきます。

ちょっと残酷な写真ですが載せておくことにします。

ウクライナ情勢2.jpg

多くのむごい蛮行の数々はコチラをご覧になってください。
http://ersieesist.livejournal.com/813.html

強姦され、殺され、さらに火をつけられた女性さえもいるのです。
単なる虐殺としか思えません。

こういった連中をアメリカは大々的に支援しているのです。
欧米側の主張をそのまま信じることはとても危険です。
彼らは自分達の利益のためなら、ウクライナの人々がどうなろうと
かまわないのです。

さらにはシリアで戦っていた戦闘員がウクライナに移動したという
話も伝わっています。

アメリカの民間軍事会社グレイストーン(旧ブラックウォーター)
が関連しているともいわれています。

こういたロシア系住民が虐殺され続ければロシアの介入もありうる
かもしれません。

こういったニュースはこちらのサイトで多くを発信してくれています。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-f9bc.html

私達の日本もアメリカのいいなりになってきましたが、いつかは
同じような場面が起こらないとは言い切れません。

マスコミはアベノミクスを持ち上げ報道していますが、実際には
庶民は困窮し、さらに税金はアップし続け、多くのお金が海外に
流れています。

これもあまり報道されませんが、安倍政権は死亡消費税を導入しようと
しています。

「死亡消費税」は、死亡時点で残った遺産に一定の税率をかけて
徴収する税金のことです。

人は必ず死ぬので確実な財源になるわけです。

財産がなければ家屋敷を売らなければ払えないという状況に陥るかも
しれません。

いやはやこれからは安心して死ぬこともできなくなるかもです。

そしてどうやら集団的自衛権が認められた後は、徴兵制も検討に
入るようです。

日本人が日本を守るために戦うのは仕方ないかもしれませんが、
アメリカの利益のために派兵して人殺しをやるようなことは断固阻止
されるべきです。

戦争に駆り出されて死んでで慰労金が残っても、それを死亡消費税で
持っていかれるなどとなったらただの無駄死です。

この国はどうなってしまうのでしょう。


期待のSF映画の新作が待ち遠しい 『スターウォーズ エピソード7』

こんにちは、tryです。

今回は2回続けての映画のご紹介です。
といっても今回ご紹介するのは、まだできていない映画です。

この映画の最初のシリーズが公開されたのは私がまだ高校生の時でした。
今までの映画の概念を変えた作品といっても過言ではない作品です。

オープニングで真っ先に画面に現れたのはタイトルですが、
その後の文字は
『遙か昔、銀河系の彼方、、、、』から始まる文字群です。

その後宇宙戦艦が画面の上から通ります。それもなかなか途切れず、
かなり巨大な宇宙戦艦であることが判ります。

スターデストロイヤー.jpg

もうお解りでしょう。そう、『スターウォーズ』です。

スターウォーズ.jpg

その圧倒的に迫力のあるオープニングに引き込まれたものでした。
今までのこういった宇宙でのシーンはアニメでしか見ることは
できなかったのです。

くしくも日本では1974年より『宇宙戦艦ヤマト』がテレビ放映されて
いましたが、視聴率が思うように伸びず苦戦していました。

ですが再放送や一部のSFファン層からの圧倒的な支持を得て徐々に
その人気が再燃しつつあったのです。

そこにこの衝撃的な宇宙映画戦争映画『スターウォーズ』が登場
したのです。
その視覚効果と圧倒的なスピード感に度肝を抜かれたものです。

そのおかげで宇宙戦艦ヤマトも息を吹き返しました。
そしてさらに続編も創られていくのです。



この映画から本格的なコンピューターグラフィックスが映画で
使われるようになりました。
今みてみるとレベルは段違いに低いのですが、当時は驚異的でした。

さらにその映画を作るために『ILM』インダストリアル・ライト&マジック
(Industrial Light & Magic)をも設立したのです。

この会社はスターウォーズの製作者ジョージ・ルーカスが設立した
特殊視覚効果専門の会社です。

そうです。今回ご紹介するのはあのSF大作『スターウォーズ』の
新作なのです。

実は今回ウォルト・ディズニーがルーカスフィルムを子会社化する
と発表しました。

ルーカスフィルムの100%株主であるジョージ・ルーカスが、全株を
現金約20億ドル、ディズニー株式4,000万株でディズニーに売却する
ことになったのです。

そこには『ILM』や『スカイウォーカーサウンド』なども含まれます。
今度の『スターウォーズ』はディズニーが制作することになったわけです。
そのためディズニーランドにもスターウォーズのアトラクションが
登場しそうです。

すでに監督も決まっています。J.J.エイブラムスです。

彼は以前このブログでも紹介した『スター・トレック』やその続編の
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』なども手掛けています。

あの映画の出来栄えからすると期待が持てそうです。
最初の『スターウォーズ』の役者達も参加するようなので、今から
どんな内容になるのか楽しみですね。

ストーリーはまだ明らかにされていませんが、
『エピソード6ジェダイの帰還』から30年後が舞台になるそうです。



映画は2015年12月18日に封切り予定だとか。
今から楽しみですね。

nice!(1)  コメント(0) 

ちょっと昔の映画ですが、痛快なシンデレラ映画をご紹介

こんにちは、tryです。

今回はゴールデンウィークということもあり、また映画のご紹介を
したいと思います。

今回ご紹介するのは『シンデレラ』の映画です。
try親父には似つかわしくなかもしれませんが、結構ロマンスものも
好きなのですよ。

普段みんなが知っているシンデレラはおとなしく、継母のいいなりで
泣いてばかりいるシンデレラが思い浮かぶかもしれません。
かわいそうなシンデレラが一発逆転を演じる物語です。

一般的な『シンデレラ』は不幸なシンデレラを魔法使いか妖精が
魔法を使って変身させ、舞踏会に参加させ、王子様に見初められる
というサクセスストーリーです。





『シンデレラ』というのは「灰かぶり姫」とか「灰かぶり娘」と
いった意味なのです。

このシンデレラの物語はひとつではなくいろんな基になる話が存在している
ようです。

一番怖いのがやはりグリム童話のシンデレラです。

魔法使いもかぼちゃの馬車も登場しませんが、欲の皮の突っ張った
姉は入らないガラスの靴に足を入れるため、つま先を切り落としたり、
妹は踵を切り落としたりします。

王妃になってしまえば歩く必要もなくなるとの母の助言からです。
実はそれを継母に耳打ちしたのはシンデレラだった・・・。

神様は善良な人間を助けます。善良でなければ、ひどい罰が下されるの
ですから・・・

シンデレラの結婚式の後、姉たちはお互いの目を繰り抜あったた・・・
など怖い話がいっぱいでてきます。しかもしむけたのはあのシンデ・・

こんな怖いシンデレラもありますが、今回ご紹介するシンデレラは見ていて
痛快なシンデレラです。

ドリュー・バリモア主演の『エバー・アフター』という映画です。
売りは前向きなシンデレラでした。

ever-after.jpg

映画自体は公開からかなりたっていて、16年前の映画になります。
1998年の映画です。

この映画の中身はシンデレラ映画で灰かぶり娘という言葉も出てきますが、
勿論魔法使いもかぼちゃの馬車もでてきません。

しかし魔法使いの代わりにあの『レオナルド・ダ・ビンチ』が登場します。
王子様を馬から落としたり、文句を言ったりと今までのシンデレラとは
大分違います。しかも意地悪な姉を殴ったりまでしてしまいます。



意地悪な義理の姉も一人は味方をしてくれたりします。
普通のシンデレラは舞踏会だけで見初められますが、ロマンスも
たっぷりです。

いつものように内容にはこれ以上は触れないことにします。
レンタル店にはあると思いますので、この休み中に是非ご覧に
なってみてください。

 


お勧め商品