So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイエット ブログトップ

中年親父&おねぇ様ダイエット サイクリング編

こんにちは、tryです。

外にでるのが気持ちのいい季節になってきましたね。
こんなときには軽い汗をかく運動もしやすくなっています。

実は私の趣味の一つにサイクリングがあるのですが、この休日に
まだ桜の花が咲いている場所を求めて出かけてきました。

DSC_0051.png

町中では桜はもう散ってしまっているのですが、ちょっとした川沿いや
山に近い場所はまだ咲いています。

勿論、桜だけでなく他の花も綺麗に咲いています。

DSC_0046.png

散り始めでしたが十分に堪能することができました。

DSC_0061.png

DSC_0064.png

このサイクリングというのは実はすごく脂肪燃焼に効果がある
そうです。しかも直接足に体重がかからないために、膝などの
関節にも負担がかからずに運動をすることができます。

特に重要なのが腸腰筋という筋肉を鍛えることができることです。
この腸腰筋を使うことで脂肪の燃焼効率を高めてくれる働きがある
のです。

この腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる筋肉には2つあります。
腸骨筋(ちょうこつきん)と大腰筋(だいようきん)です。
これらがいわゆるインナーマッスルと呼ばれている筋肉なのです。

腸腰筋.png

ただこの筋肉をより効率的に鍛えるにはちょっとしたコツがあります。
普通に自転車に乗るだけでは、一部の筋肉しか使えないのです。

スポーツタイプの自転車に乗ることで腸腰筋をはじめ、全身の筋肉を
使うことができますが、誰もがスポーツ車を手に入れられるわけでは
ありません。

でもある工夫をすることで、スポーツ車に乗るのと同じ効果を得る
ことができます。

ある工夫というのは、サドルの位置を上げることと、ハンドル位置を
下げることです。

普段自転車というのはこんな感じで乗ると思います。

普通のポジション.png

この状態で自転車にのっていると、ほぼ太ももの上の部分の筋肉しか
使わないのです。

サドルの位置を上げ、ハンドル位置を下げることで、このようなポジション
を得ることができるようになります。

前傾ポジション.png

このポジションでのると、ふくらはぎや太ももの裏の部分、おしりの
筋肉まで万遍なく使うことができるようになるのです。

サドルの高さ調整レバーがついていれば自分でも高さを変えることが
できますが、ついていない場合、自転車屋さんにお願いするのが最も
安全かもしれません。

ついでにタイヤの空気圧も調整してもらってください。
自転車の空気は意外に少なくなっているものです。

こんな具合に調整して、たまには郊外に自転車で散策してみると結構
面白い発見があったり、しかも健康にもよく、気分転換にもなります。

これからますますいい季節になっていきます。
思い切って自転車で外に飛び出してみませんか?

普段お買い物に自転車を利用している人も、この方法でついでに
エクササイズしてしまいまししょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

久々の中年親父簡単ダイエットです 中年のおねぇ様も是非!

こんにちは、tryです。

いよいよ暖かくなってきましたね。

着るものが薄くなってくると目立ってくるのがお腹周りです。
痩せている人は心配ないでしょうが、寒い時期に運動などを
サボった人はなおさらです。

私も寒い時期にそれほど太りはしなかったものの、もう少しお腹を
凹ませたい一人です。

そこで今回は久しぶりの中年親父ダイエット&中年おねぇ様ダイエット
をお伝えします。

何故おねぇ様かって?おばさんと呼ばれるより聞こえがいいかなぁと
思いまして。わりと女性の読者様も多いようなので、少しは気をつかわないと。

実はいいものを見つけたのです。それもほとんど努力のいらない
誰もが待ち望むダイエット法です。

なんといっても普通の食事にあるものをプラスし
食べるだけですから。

早くもったいぶらずに教えろ!という声が聞こえそうです。

では発表します。それは『とろろ昆布ダイエット』です。
普段の食事にプラスして一日10gのとろろ昆布を食べるだけなのです。

とろろ昆布.jpg

何故、それほど『とろろ昆布』がいいのか説明しましょう。

とろろ昆布には、水溶性食物繊維のアルギン酸フコダインが豊富に
含まれています。これはとろろ昆布のヌメヌメの正体です。

アルギン酸は人の消化管ではほとんど消化・吸収されずに、素通りして
腸に行きます。

腸では水分を吸収してゼリー状になり、腸内の脂肪や糖質を抱え込んで
体外に持ち出してくれるのです。

そしてフコダインは血中のコレステロールの上昇を抑える働きをして
くれます。

両方とも水溶性で体内の水分によって膨らむため、満腹感が増し、腸内
でもかさが増して排便を促してくれます。

さらにEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)を含んで
いるために血液サラサラ効果、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす
働きをしてくれます。

そしてフコキサンチンという成分を含み、その脂溶性成分によって
脂肪燃焼の促進や、シミ、シワの予防にも効果が期待できるなど、すぐれた
成分を誇っているのです。

特に油ものを食べるときにとろろ昆布を食べることで水溶性食物繊維の
アルギン酸とフコダイン脂肪と糖質を抱え込んで体外に持ち出してくれる
ために蓄積されにくくなるのです。

もっとも効果的な食べ方ですが、食事の前に食べるのがいいようです。
なぜなら小腸に水溶性食物繊維が先に入り待ち構える形になり、油物を
食べても小腸でキャッチしてくれる形になるので理想的だとか。

お酒の好きな人もこのとろろ昆布を上手に利用することで、糖質を抱えこんで
くれるし、お酒に相性のいい油物の心配も防いでくれるというわけです。

なんといっても身近な食材だし、値段も手頃、日本人にはなじみに深い
この食材を上手く利用することでダイエットに活用してみましょう。

料理もお吸い物だけでなく、いろいろなレシピに応用できるようです。
クックパッド

間食にも最適なようです。
お腹で膨れるので少量で満足できます。一人1日10gを目安に摂ると
ダイエットが実感できるようになるそうです。

早速try親父も取り入れることにしました。
超カンタンダイエット、是非お試しください。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

久々の中年親父ダイエット 今度はおからで

こんにちは、tryです。

今回は久しぶりに中年ダイエットの話をさせて
いただきたいと思います。

今回は特別になにかやるのではなく、食べ物の
はなしです。

今回取り上げるのは「おから」です。
豆腐をつくるときに出る搾りかすですが、かす
どころか、栄養満点で料理次第では高級料理にも
なりうる材料です。

低カロリーで栄養が多く、低糖質なので血糖値の
上昇を防ぎ、繊維質が豊富でお腹のなかでふくらみ
満腹感を得られるという、ダイエットにもってこい
の食材なのです。

豆乳も栄養は豊富ですが、たんぱく質、大豆イソフラボン
、ビタミンE、カルシウムなど豆乳より多くの栄養を
含んでいます。

しかも安価でとてもリーズナブルです。
おからには2種類あるそうですが、豆乳搾るときを二回
漉すそうですが、二回目に残るおからがとてもなめらか
なのだそうです。

ただこれは豆腐屋さんでないと手に入らないしろもの。
高級な和食で使うものはこちらです。
シロップをかけただけでも美味しいとのこと。
老舗の豆腐屋さんと仲良くなるしかないようです。

勿論普通のおからでも美味しく食べられます。

テレビ番組ではおからパウダーや生おからを使って
料理にちょい足しすることで、ごはんの量を減らし
ても満腹感がでるので、ダイエットには効果的に活かす
ことができるようです。



カレーやシチューなどにチョイ足することで、とろみ
をもたせる効果もあり、一番簡単なようです。

番組ではおからとマヨネーズをまぜて野菜スティック
につけるディップとして使っていました。

その他定番のおからメニューとしてはハンバーグの
肉の量を減らし、パン粉を使わないでおからを使って
カロリーダウンをはかる方法も紹介していました。

その他にもごはんを減らしておからを加えたチャーハン
などいろいろ利用法はあるようです。

それらのレシピは他のサイトに詳しいところが多いと思う
ので省略させていただきます。

中年男性の私としてはお酒の友のおからがやはり
定番になります。日本酒には抜群です。

それはおからの炒り煮です。卯の花ともいいますね。

ごぼうやにんじん、しいたけ、あぶらあげ、などを細く
切って、だしと醤油、みりんなどで炒り煮にして、先に軽く
炒っておいたおからを加え、ある程度水分が残りしっとり
とした状態まで炒り煮にすれば出来上がりです。

ここにひき肉を入れたり、かまぼこを切って加えたりしても
美味しいですよ。

日本酒でも美味しいですがビールでももちろんいけます。
あまり甘くなりすぎないようにしたほうが美味しいと思います。

卯の花.png

できれば自分でだしもとって造れば最高です。
だしのもとを使う時もおからの風味を味わうため
できれば無添加のものを使いたいですね。



おからというと思い出すのが、子供のころ見た時代劇です。
「素浪人 花山大吉」という番組で主人公の花山大吉が
お酒のつまみに必ず注文する、おからがとても美味しそう
だったのを覚えています。

この話がわかる人がどのくらいいるのかわかりませんが、
とても面白い時代劇でした。

主演の花山大吉は近衛十四郎さんで、松方弘樹さんの
お父さんです。
焼津の半次の品川隆二さんとのやりとりが
子供ながらもとても面白かった記憶があります。

話が飛んでしまいました。

一部ではおからのことを、きらず(雪花菜)ともよぶ
そうです。料理をするのに切らずにそのまま使える
ことからそう呼んだそうです。

また一方で、おからは空(から)につながる呼び方
なのでその言い方を嫌ったという話もあります。

米の採れずらい地域ではおからに酢で味付けした
ものを米代わりに寿司にしたものもあると聞きます。

きらず寿司です。酢締めにした魚が相性がいいよう
ですが、その他、きらずをつめた、いなり寿司を造る
地域もあると聞きます。

とてもヘルシーな感じがします。
郷土料理になるようですが、一度食べてみたいものです。

今度一度自分でも造ってみるか・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

中年親父ダイエットの参考に ホットヨーグルトとクーガーダンス

こんにちは、tryです。

今回は二つが結びつきあっているダイエットの話題を。

大場久美子さんがホットヨーグルトで
ダイエットに成功という話題です。

大場久美子さんといえばかつてはコメットさんで
絶大な人気を誇ったアイドルで、かつてはtry親父も
大ファンでした。

私よりちっとだけおねぇさんですが、その愛らしく
キュートな顔に見とれたものでした。

最近はほとんどテレビを見ないので、最近の状況は
知らなかったのですが、劣化が激しいという噂が、
ちらほらと聞こえてました。

お顔のほうは十分にかわいいのですが、なんでも
お腹周りがかなり気になる状態だと。

そこにフジテレビの『ビューティー・コロシアム
特別版女性芸能人真剣ダイエットSP7』と言う
番組でダイエットに取り組んだわけです。

そこに登場したのがホットヨーグルトでした。

朝の食事前に120gのヨーグルトを温めて食べると
いうものでした。

普通のヨーグルトは冷蔵庫で保管するため冷たく
なったものをそのまま摂る傾向にあります。

しかも乳脂肪分を含むため消化に難があるわけです。

そのヨーグルトを500Wの電子レンジでラップなしで
30秒間暖めたものを食べるというものです。

実際に冷蔵庫から出したものを30秒間暖めると丁度
人肌くらいの温度になります。

暖めることで腸がスムーズに動きカルシウムの吸収率
が上がるとのことです。それが基礎代謝を促すそうです。

カルシウムの吸収率を上げることで、副甲状腺ホルモン
の分泌を抑え基礎代謝が高まるため痩せることができる
というものです。

これを朝ヨーグルトダイエットというそうです。
このホットヨーグルトを朝の食事前に取ること以外は
三食普通に食べてもオーケーとのことです。

ただ、朝食をヨーグルトだけにするのがもっといい
ような気はしますが。

ただし、腹八分目を守ることが条件とか。

やはり番組なのでちゃんとエステマッサージに通い
ながらこのダイエットを実行するようです。
番組の企画なのでやはり痩せないとまずいのでしょう。

ところが、最初はある時まで順調に減ったものの途中
で体重が減らなくなったのです。

その原因は筋肉量が少ないため、もともとの基礎代謝が
低く減量が進まなくなったのです。

そこで代謝量を上げるため、クーガーダンスという運動を
とりいれることになったらしいです。

やはり、○○ダイエットだけで痩せるyぽうな、楽しての
ダイエットというのはないようです。

このtry親父の推奨しているのは豆乳ヨーグルトなの
ですが単純に比較すると牛乳のヨーグルトと比べると
カルシウムの含有率は少ないです。

ただ吸収率の高さがいいのと、適度な量を摂った場合、
イソフラボンが基礎代謝量をあげてくれる働きをするため、
上記と同じような効果が得られると考えます。

以前豆乳ヨーグルトの記事で書き忘れたのですが、
食べるとき、冷やしたものを食べると腸の動きが
悪くなるためせっかくヨーグルトを食べても、その
効果は半減するということです。

このホットヨーグルトはその欠点を補ってくれる
方法かもしれません。

クーガーダンスについては文字で表すには理解
しにくいと思うのですが軽く説明します。

これはカリスマダンサー、坂見誠二氏による指導で
行ったものです。

まずは両腕の肘を張って胸くらいの位置までもちあげます。

そして手のひらを外側にむけます。
指は揃えなくても大丈夫です。

クーガー2.png

その状態で肘を左右にふります。肩ごと右、左と
スイングするように動かします。

これを朝、昼、晩と3分くらいづつ行うというものです。

立った状態でも、いすに腰掛けた状態でもできる
のでやりやすいと思います。

特にわき腹が大きく動くのでお腹の贅肉には効果
が大きいのではないでしょうか?

今回のポイントは朝に冷たくないヨーグルトを摂ること。
わき腹の運動をすることがポイントのようです。

このくらいの運動なら気軽にやってみてもいいかも
ですね。

寒いとどうしてもさぼりがちなので、自分も最近
たるんできたような・・・やばいやばい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

今注目の燃焼しやすいオイル ココナッツオイルとカロチーノ

こんにちは、try親父です。

ここしばらく、ダイエット関連や健康に関する話題
から遠ざかってましたが、いい情報がはいってきました
のでお伝えしたいと思います。

私たち中年期に入ってくると油というのは大敵になって
くるわけですが、揚げ物とか油炒めの類は大好きで
コレステロールの値も気になりながらもやめられない
と言う方も多いのではないでしょうか。

実は油はうまく活用すれば、逆にダイエットにも活用
できるのです。

といっても普段使っている油は実際体にいいとはいえません。

というよりも健康に害のある油が大勢を占めています。

こんなことを書くと大メーカーから脅かされそうですが、
多くのサラダ油、てんぷら油として販売されているものは
大量のトランス脂肪酸が含まれています。

安価な油の場合、抽出するときに水素を使って高温で抽出
を行うためにトランス脂肪酸が発生するのです。

これは悪玉コレステロールを増やし、冠動脈疾患を
増やす可能性があるといことで、欧米では禁止され
はじめています。

その中でもトランス脂肪酸のもっとも多く含まれる食品は
マーガリンです。腐らず、蟻も食べないそうです。
その危険性を知っている人は食べるプラスチックとも
呼んでいます。

その上、ほとんど知られていませんが、この手の油の
原料になっているのは遺伝子組み換えの大豆やコーン
です。

一旦何らかの形で加工されたものを原料として使う場合、
表示義務がないため、一般に知られることはありません。

もちろん良心的に昔ながらの製法で作られた安全なオイルも
多く存在します。


こういう安心して使える油はありがたいです。でもカロリーは
やはり気になるところです。

ここで本題にもどりますが、健康で太りにくい油というものは
あるのかという話ですが、実はそれがあるのです。

一般に健康にいい油というのはどういうものを連想するでしょう。

一般的にすぐ連想するのは、オリーブオイル、ゴマ油
などでしょうか?

これもどれでも体にいいわけではありませんが、純度の高い
ものを選ぶのがいいといわれます。

要するに今のような寒い時期に固まるものです。

それにいいものは酸化しやすいので、できれば色のついた
ビンに入ったものを選ぶのがひとつのポイントに
なります。

そして低温圧搾、コールドプレスと記載されたものを
選べば間違いないようです。

そしてもっとも健康によいオイルというのはオメガ3
不飽和脂肪酸を含む油です。

オメガ3不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる
(悪玉コレステロールを下げる)、中性脂肪を下げる、
動脈硬化・心筋梗塞予防、高血圧予防、脂肪肝
(肝臓の病気)予防、高脂血症予防など。

その他、加齢黄斑変性予防、ダイエット、メタボリック
シンドローム予防、脳の活性化による記憶力のアップ、
花粉症・アトピーなどアレルギー症状の緩和、抗うつ作用・
イライラを抑えるなど多くの健康効果が期待されています。

この油の代表的なものに青魚に多く含まれるEPAやDHA、
エゴマ油や亜麻仁油、しそ油などの含まれるαリノレン酸が
あります。

 


ただこういった油はとても酸化しやすいので、加熱せずに摂る
のがいいそうです。

以前豆乳ヨーグルトをご紹介しましたが、えごま油と
少量の塩、ヨーグルトをあわせて使うとマヨネーズに
近い感じのドレッシングができます。サラダなどに活用を。

それでは揚げ物や炒め物には何を使えばいいのかという
ことですが、とても酸化に強く、しかも燃焼しやすい油があります。

ずばり、それはココナッツオイルです。

これは飽和脂肪酸といって常温ではは白く固まっていますが、
25~30℃で溶けるため体内でも固まることはありません。

そしてこの油は中鎖脂肪酸に分類されます。

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて消化分解される速度が
4倍も早いのです。しかも代謝は10倍も早いそうです。

しかも体内に蓄積しにくいのが特徴です。加熱した料理で
使う油をこれに変えることであまりカロリーを気にせず
使えるということです。

 


さらにココナッツフルーツの油として『カロチーノ』という油が
あります。天然カロチンやビタミンEが豊富な赤いヘルシーな
レッドパームオイルです。

カロテンはにんじんの5.5倍、ビタミンEはほうれんそうの
38倍、オリーブオイルの10倍含んでいます。
しかも コエンザイムQ10まで含んでいます。

これも常温では固まってしまいますが、酸化に強く
癖のない味なので炒め物などに適したオイルです。



こういうオイルをうまく活用して、食べたいものを
我慢することなく燃焼効果を高めてください。


あとココナッツオイルにはもうひとつ効用があります。
認知症やアルツハイマーを防止、改善する効果です。
ただそれには摂り方があります。

大分長くなりましたので、この続きは次回に詳しくお伝えします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ダイエット ブログトップ

お勧め商品