So-net無料ブログ作成
検索選択

中年親父の 怖い癌検診

こんにちは、tryです。

前回は思わず塩のことでかなり長文の記事を書いて
しまいました。

まったくしょうもない親父です。

もっと簡単に気軽に書くつもりがちょっと難しくなって
しまい敬遠された方もいるかもしれませんね。

今回は予定では他の調味料のことも書こうかとも
思ったのですが、また難しくなりそうなので、検診
の話に戻りたいと思います。

人間ドック、半日ドック、健康診断。

こういった検診ですがもともとは、もし悪いところが
あったら早期発見、早期治療をすることで重症化
を防ぎ、医療費の削減につなげる・・・でしたよね。

ところが実際はどうかというと、検査機関が充実し、機器
も改良され、今まで発見できなかった異常個所が発見
される人が増加し、通院する人が増え、投薬量も増え、
医療費までもが増えてしまったのです。

前々回の記事で異常と判断される基準が厳しく
なっていると書きました。

メタボの判定基準も欧米よりも厳しくなっていますし、
たとえば血圧でいえば2000年以前の基準は最高血圧
が160~最低血圧が95mmHgでした。

それが2000年に引き下げられ、最高血圧140~最低
血圧90mmHgになったのです。

それまで健康であると言われた人が高血圧と判断
されることになりました。

コレステロールの値なども以前より見直されています。
高血圧と高脂血症の人の増加です。

知識のない私たちは基準から外れているのだからと
勧められるまま病院へ足を運ぶことになります。
血圧がちょっと高めであるとあらためて診断されます。

医師は指針に基づいて治療方針を決めます。
そこで血圧を下げる薬を処方されるわけです。
中には血圧が下がりすぎて別の症状が出る場合も
あります。

血圧が下がることで抹消血管に血液が回らなくなり
異常が出る場合があるそうです。

次の診察で医師に別の不調を訴えます。

そこでその症状を抑えるためにまた別の薬を処方。
新しい薬漬け病人の誕生です。

今の医学は対処療法なので症状にあわせた薬を
処方するだけです。

こんな話もあります。

癌検診の制度があがり、小さな癌も発見できるように
なりました。

それまでなんの自覚症状もなく普通に暮らしていた老人
が検診の結果、早期治療をしたほうがいいということで
検査入院。放射線治療をうけることになりました。

しばらくして体調が悪いからと再検査したら
癌が転移しているらしいとのこと。

そこで抗がん剤治療をすることに。そうしているうちに
どんどん体力がなくなり弱っていきます。

さらに体調悪化、新たな転移、臓器不全が起き、
一月後には帰らぬ人に。

癌の進行が速く、手の打ちようがありませんでしたと
医師につげられたのです。

検診で同じような小さな癌が発見された別の老人は
どうせ老い先短いのだからと治療はせずに経過だけ
みることにしたそうです。

その老人は癌の進行もなく、体調もいいままでさらに
10年以上普通に暮らすことができたそうです。

最初の老人と後の老人の癌の質は違うものなのかも
しれませんが、早期発見治療が必ずしもいいとは限ら
ないようです。

もし癌を見つけていなかったら、なにも治療しなかったら・・。

放射線治療や抗がん剤は一時的に癌を小さくしても、
転移を早める場合があるそうです。
抗がん剤にはつらい副作用も待っています。

早期発見、早期治療で一番恩恵をうけるのは患者では
なくて病院や製薬会社なのです。

薬の中でももっとも利益が高いのは抗がん剤だそうです。

医師は抗がん剤の使用を患者には勧めますが、
自分が癌になったら使わないと言う人がほとんど
だったというアンケート結果もあるらしいです。

効果よりも後々のリスクがはるかに大きいからだとか。
しかも副作用の怖さを一番知っているからかも?

それだけ自分の身になって考える医師が少ないと
いうことでしょうね。

勿論医師個人よりも病院の方針なのでしょうが。

動脈瘤などの緊急性を要するものはこういった
検診による恩恵をうけますが、癌などに関しては
疑問のあるところです。

最近は癌は東洋医学の手法で治す患者が増えている
そうです。余命半年と言われた人が10年以上も普通に
生活しているのは珍しくないそうです。

日頃からの生活習慣を見直し、適度な運動と正しい
食事が大事なのかもしれませんね。
病気のときは腹八分目でなく腹六文目がいいそうですよ。

あなたは検査で癌かもしれないといわれたらどうしますか?

タグ:癌検診

中年親父 健康指導の疑問

こんにちは、中年親父のtryです。

中年期になると、健康問題をかかえていないという人を
探すほうが難しいのでは?というほどなんらかの問題を
抱えているひとが多いようです。

たとえ高血圧や動脈硬化などの病気とは無縁であっても、
膝が痛い、腰が痛いなどや大事なところの元気がないと
かなんらかの問題点は出てくるものです。

自覚症状はなくても、周りから一度は人間ドック
に入って検査したほうがいいよなどと薦められたりします。

そしてドックに入ると必ずといっていいほど悪い箇所が
発見されるわけです。

それもそのはず、こういう検査では普通より基準が厳しく
設定されるのですからあたりまえです。

彼らは悪いところを炙り出すのが仕事なのです。


今回はとりあえず生活指導の問題点に触れてみようと
思います。

健康診断を例にとれば、今はメタボリックの検査を実施
しています。

メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の検査です。

判定基準は、目安としてウエスト(腹囲)が男性85cm以上、
女性90cm以上を必須条件としています。
これは海外の基準と比べてももかなり厳しくなっています。

そして血圧、血糖、血中脂質の3つのリスクのうち、
2つ以上が基準値を超えた人が「メタボリック・シンド
ローム」、1つ超えた人を「メタボ予備群」というそうです。

私も以前に、この予備軍に近いといわれたことが
あります。

そこで役所から健康診断の結果をもとに健康指導
が入るわけですが、言われることは決まっている
ようです。

規則正しく三食きちんと食事をとることとバランス
良く多くの品目を食べなさい。

あとできるだけ塩分は控えるように、味噌汁は
一日一杯にしなさい。

塩分を控えるためにだしを多く使うようにしましょう。

お酒は日本酒より焼酎のほうが健康にいい。

あと、適度な運動を。

だいたいこんなパターンで指導されます。
どこででも聞くあたりまえなことです。

たまに自分はどうなの?と言うような人が来て
笑えることもありますが。

この指導してくれる方は多くは栄養管理士の方
だったりするようです。主にカロリー、ビタミン、
たんぱく質の量だけでで指導しているようです。

でもこの指導法というのはどうなのでしょう?

まぁ、適度な運動はいいと思いますが、自分から
見れば食べ物に関してや味噌、そしてお酒に関して
もほとんど知識のない人の検分だと思います。

私は一時期不規則な生活で、質の悪い間食などの
せいもあり太ってしまいましたが、その後健康に関する
ことや食べ物について興味を持ち、調べているうちに、
今の指導法は穴だらけだと改めて気づきました。

実はこの中年tryは結構料理するのも好きで、しかも
酒好きだからこそ、ある程度は調味料のことやお酒
のことを知っているつもりでいます。

塩一つとっても99%塩化ナトリウムの塩と、再製塩、
昔ながらの立釜による自然塩といった種類があります。

味噌や醤油に関しても油を絞ったかすの大豆から
作る速成醸造のものもあれば、丸大豆で最低1年
以上寝かせた昔ながらの味噌や醤油もあります。

しかもだし入りといってだしの元をあわせて調整した
ものもあれば、いっさい加熱していない酵母の生きた
ものまで様々な種類があります。

だしに関しても、かつをや昆布から自分でとった出汁、
それに市販の出汁の素では大きく違ってきます。

市販のだしの多くはグルタミン酸ナトリウムと塩化
ナトリウム、糖分それに鰹粉末をまぜたものです。
鰹だしでありながら鰹成分はごくわずかです。

市販のだしの元には多くの塩分が入っているのを
知っていますか?

その量はなんと30パーセント近くもあります。
グルタミン酸ナトリウムは塩分があってはじめて
旨みを感じるからです。

普通の家庭ではいまやだしといえば連想するのは
だしの元。つまり塩自体を減らしてもだしの元で
加えることになります。

お酒に関しても体に悪いといわれる日本酒ですが
もっとも糖分が多く体によくないのは合成酒や
味の調整のため糖類が添加された普通酒です。

日本酒が体にあまりよくないというのはこういう
お酒が基準になっています。

要するにできるだけ控えなさいというのはまがい物が
基準になっているということに気づいていないのです。

本物もまがいものも同一に扱っているのです。
習ったことを鵜呑みにしているようです。

かと思えば体に悪い添加物の多い食品や残留農薬
のことなどに関することは触れないばかりか知識さえも
もっていないのです。

もしかするとこういったものが病気やメタボの原因かも
知れないのに不思議としかいいようがありません。

お医者さんでもこういった食品に関する知識は欠如
している医師のほうが多いようです。

へたをすればこういったことに関することは医学の
素人のほうが詳しいのかもしれません。

といったことで、次回はせめて自分が調べてみた
調味料のことだけでもお伝えしてみようと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お勧め商品