So-net無料ブログ作成
検索選択

軍師官兵衛 俺にもこんな軍師が側にいれば・・・

こんにちは、tryです。

実はこのtry親父、戦国ものが好きで、現在のNHKの大河ドラマ
『軍師官兵衛』も毎週楽しみに観ています。
なんといっても不敗の軍師です。

特に信長や秀吉、家康などが活躍した時代の物語が好きなのです。
勿論、武田信玄や上杉謙信、北条時宗、毛利元就といった一世代前の
武将達も大好きです。

こういった戦国時代というのは平和な時代ならただの官僚とし埋もれて
しまうような優れた人物が表舞台にキラ星ごとく登場します。
身分に関係なく出世できたのは乱世ならではといったところでしょうか。

今回とりあげるのは軍師についてです。

軍師は一般的に、軍中で軍を指揮する総司令官を補佐し、戦略、戦術を
提供する参謀長のような存在ですが、その仕事は軍務だけでなく政務にも
及びます。

この戦国時代日本の武家の軍師として名をあげたのは、今川家の太原雪斎
(雪斎禅師)、武田家の山本勘助、羽柴家の※今孔明といわれた竹中半兵衛、
この大河ドラマの黒田官兵衛を始め、上杉家の直江兼続、伊達家の片倉景綱
などが有名です。
※今孔明とは現代の諸葛亮孔明といった最高の軍師という意味です。

信長の場合は特別で、ほとんどを自分で決めるいわゆる天才型だったようです。
軍事、政治にも秀でている三国志の曹操に性格が一番近いように思います。
誰にも信長の真似はできなかったことからもそれが証明されています。

軍師らしき人物は秀才の明智光秀が一番近かったかもしれませんが、
信長を理解できる軍師はいなかったいうのが正直なところかもしれません。

それに対して徳川家康は多くの家臣団全体が軍師のようなものだったようです。
さらに家康は六韜を深く研究していたらしいです。

この多くの軍師達は兵法にたけており、孫子兵法六韜三略(りくとうさんりゃく)
などを熱心に研究したようです。

六韜三略というのは中国の周王朝成立に大きく貢献した太公望、呂尚(りょしょう)
の帝王学と兵法です。

六韜は対話形式で君主としてのありかたを説いたもので、政治のあり方、
国のあり方、部下との接し方、民衆の扱い方までを丁寧に述べています。
今の政治家には是非とも読んでいただきたいくらいです。

そして三略が戦い方や陣構え、戦術を同じく対話形式で説いたものです。

太公望というと一般的に釣りのイメージが強いのですが、後の周の文王
姫昌(きしょう)が占いにより、釣り糸を垂らしている呂尚に出会い、
教えを乞うたところ、この人こそ大公(曽祖父)が望んだ人物に
違いないと確信し、太公望と仰ぎ、軍師として陣営に迎えたのです。

太公望と文王.jpeg

その時の場面から太公望→釣りというイメージができあがったのです。

そして悪政の殷王朝を倒し周王朝を起こすことに成功したのです。
この時の殷王朝は殷の紂王(ちゅうおう)と側室の妲妃(だっき)
によって悪政を重ね、庶民が苦しめられていたという話になっています。
そのときの話が基になっているのが『封神演義』という物語です。

酒池肉林などという言葉も、妲妃が殷の紂王に作らせたものから
生まれた言葉なのです。

そして孫子兵法ですが、中国春秋時代、紀元前500年ころに斉の国を
追われた孫武(そんぶ)が軍略を学問として書き記したものです。

孫武.png

その時、呉王に請われ呉の軍師を務め、軍功をあげ、孫子兵法によって
その名を天下に轟かせました。

その時の兵法には13篇がありました。

孫子兵法書.jpg

1 計篇、2 作戦篇、3 謀攻篇、4 軍形篇、5 勢篇、6 虚実篇、7 軍争篇、
8 九変篇、9 行軍篇、10 地形篇、11 九地篇、12 火攻篇、13 用間篇
この13篇です。後に書き加えたものを合わせると82巻・図9巻にもなります。

その孫武の子孫といわれる孫臏(そんぴん)もまた孫子と呼ばれ、
新たに兵法を書き加え、斉の国で軍師を務め大きな軍功を残しています。
こちらは89巻・図4巻にもなります。

その二人の孫子が残したものが現代の孫子兵法といわれています。
この兵法が日本に伝わり、それを武家の習い事としていたのです。

軍師としての功績はこの兵法書を暗記するだけでなく、いかにうまく
応用することができるかが、見せ所だった訳です。
それにしてもかなりの部分を暗記してしかも天候や地形、相手の心理なども
分析して応用するわけですから並みの人間には絶対務まりませんね。

孫子兵法の一文をそのまま旗印にしたのが、武田信玄です。
「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」です。本来は
この後ろに「難知如陰、動如雷霆」と続くのですが、省略されています。
「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵略すること火の如く、
動かざること山の如く、 知り難きこと陰の如く、動くこと雷の震うが如し」
です。

意味が似通った部分を省いてごろが良くなるようにして旗印にしたようです。

世の中に名軍師と呼ばれる多くの人物は天下を取れる力を有しながらも
過大な野心を持たず、主君に仕えたのは歴史を学び野心を持ちすぎた者の
末期を知っていたからかもしれません。

国士無双、万夫不当といわれた大将軍韓信があわれな最期を迎えたのに対し、
中国でも有名な軍師、張良子房、そして諸葛亮孔明のように後世までその
清廉潔白さを残した人物を比較したからでしょう。

特に諸葛亮孔明は主君の劉備に我が子に才能なくば君自ら獲れとまで
言われながら自分が政権を獲ることはなく、未熟な主君に最期まで忠節を
つくしたのです。

勘兵衛も秀吉が疑心暗鬼に陥り、本心では自分を恐れていることを知り、
二心ないことを示すために剃髪し、如水と改名したのです。

軍師、黒田官兵衛は秀吉の天下統一に大きな足跡を残しました。
そして嫡男の黒田長政も秀吉亡き後、時代の流れを読み違えることは
ありませんでした。父がすでに義理を果たしていたのです。

これからのドラマもそこをどう見せてくれるのかが楽しみです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

チェックメイト、連続通り魔と韓国との関係

こんにちは、tryです。

最近はぶっそうな犯罪が多発し、先日も連続通り魔の
容疑者が逮捕されました。

捜査員から任意同行を求められたときに、「チェックメイト」
とつぶやいたそうです。

今、その容疑者が実は在日韓国人だという発信が相次いでいます。

名前は李聖寿(イ・ソンス)というらしいですが、マスコミの報道は
ありませんし、警察の発表もありませんので確認はされていません。

何か残虐な事件が発生すると在日だといううわさが駆け抜けますが、
きちんと確認されているものは意外と少ないようです。

多くは週刊誌の記者による調査で在日韓国人の犯罪だというのが
わかることが多いようです。

こういうことが多いのは常に通名での発表がなされているからです。

大きな新聞社、テレビ局の場合は局内の在日の圧力が
かかっているため、ほとんどの場合報道は通名だけになります。

実はこういうケースがかなり多いらしいのです。

だから韓国人が悪いとかいうつもりは毛頭ありませんが、
せめて本名の発表は必要だと思います。

ある韓国のテレビ番組でこんなことを放送したことがあります。

「悪いことをしたときは、自分は日本人だというんだよな。」
こんなことを平気でいうのです。



実際アメリカでも韓国人が日本人をよそおって犯罪を犯す例が
増えているそうです。

逆に大部分の善良な在日の方も、そのせいで迷惑している人も
いることと思います。

まして在日韓国人は、本国の人間からも低く見られている人が
多いのです。

もともと在日韓国人の多くは李承晩政権時代に韓国での赤狩りに
よって済州島から逃げてきた人が多いのです。
済州島では多くの人が共産主義の疑いで虐殺されています。


実は少し前までは韓国ドラマを観たりして、韓国の人に対して
持っていたイメージはそれはど悪くなかったのですが、
いろいろな情報を知るにつけ、悪いイメージがついてきています。

私達日本人にとって、いちばん受け入れることのできない思想に、
「恨(ハン)思想」というものがあります。

朝鮮民族にとっての「恨」は、単なる恨みや辛みだけでなく、
無念さや悲哀や無常観、(虐げる側である優越者に対する)
あこがれや妬み、悲惨な境遇からの解放願望など、様々な
感情をあらわすものだそうです。

この「恨」という思想は、儒教の教えや習慣が、本来の形を
越えた形でエスカレートさせていったことが背景にあったと
言われています。

儒教では目上のものに対する時は礼節を遵守しなければなりません。

その教えが韓国では上位者の下位者に対する苛烈な扱いを
正当化するための解釈がなされて、下位の者は過酷な立場を
受容しなければならないとする解釈になったといわれています。

つまり目上のものには、媚びへつらいながら、目下のものには
どんなことをしてもいいという解釈になっていったということです。

こういう思想が李氏朝鮮時代の500年も続いてきたわけですから、
その風習が今でも強く残るわけです。

韓国は中国の王朝にずっと朝貢(ちょうこう)してきましたが、
国が接していることもあり、日本を自分達の国より、
必然的に下位にみてきたのです。
それが常に日本を見下してきた一番の理由です。

それが自分達より発展しているのが気に入らず、さらに「恨」の
思想がそれを増幅させているのです。

特に李承晩政権時代にそれが徹底して行われ、反日教育
取り入れたことで今にいたっているのです。



それがため、日本は一番嫌われていますが、その他の自分達が
下位に見ている国に対しても横暴な態度をとることが多いのです。

まして韓国内のマスコミは韓国の偉大さを誇張して報道している
ために、自分達は偉いのだといった気持ちになっているのかも
しれません。

かの国が自分達より上位に見ている国はアメリカと中国だけ
なのではないのでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国が日本を敵視するようになった本当の訳

こんにちはtryです。

前日に一部、韓国に関する記事を書いたのですが、
今回も少しだけ自分が知った内容をお伝えしたいと
思います。

私達日本人も学校では少しも真実を習っていない
ことがわかりました。

韓国が日本を敵視するようになった経緯です。

もともと韓国が日本を敵視するようになったのは
第二次世界大戦後にアメリカから戻った李承晩が
初代大統領に就任したときから始まっています。

まずはその経緯から簡単に始めましょう。

日韓併合前の朝鮮半島はほぼ清国の属国であり、
李氏王朝が統治していました。

当時の朝鮮半島はとても貧しく、一部の王族や両班
(りゃんばん)と呼ばれるいわゆる特権階級の人達
だけが一般の庶民から搾取し続けていたのです。

搾取される側も働けば働くほど搾取される分が増える
だけのため、その気概も持てなかったのです。
民衆はあくまでも権力者の私物だったのです。

外国の文献から引用させてもらいます。(イザべラード記)

「朝鮮の災いのもとのひとつに、この両班(りゃんばん)
つまり貴族という特権階級の存在がある。

両班はみずからの生活のために働いてはならないものの、
身内に生活を支えてもらうのは恥じとはならず、妻が
こっそり よその縫い物や洗濯をして生活を支えている
場合も少なくない。

両班は自分では何も持たない。自分のキセルですらである。
両班の学生は書斎から学校へ行くのに自分の本すら持たない。

慣例上、この階級に属する者は旅行をするとき、大勢のお供
をかき集められるだけ かき集め引き連れていくことになって
いる。本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、
両班に求められるのは究極の無能さ加減である。

従者たちは近くの住民を脅して、飼っている鶏や卵を奪い、
金を払わない。」

支配階級はこんな状況だったそうです。当然近代化が進む
はずもありません。

 

ここからはこちらのビデオを見てください。
主にこういう状況だったということです。

まずは日韓併合前の朝鮮の風景や暮らし。


そして日韓併合の経緯です。






日清戦争により、朝鮮は清から完全な独立をはたしましたが、
日本からの干渉が増えるにつれ、李氏王朝は特権を失う
ことを恐れ、ロシアに接触したり、アメリカに擦り寄ったり
しました。

ロシアの侵攻を恐れた日本は日露戦争に突入し、ロシアを撃退
することに成功しました。

その時アメリカに派遣されたのが一族の李承晩氏(り・しょうばん)
韓名、イ・スンマンだったのです。もちろん彼は両班です。

李承晩氏は独立協会に関わって投獄され、第二次日韓協約前
に高宗皇帝の命を受けてアメリカへ交渉に向かいましたが、
交渉に失敗してそのままアメリカに亡命したのです。

その時はすでに民衆からの強い後押しで日韓併合が成立し、
李氏王朝は終焉を迎えたのです。

その後、李承晩は第二次大戦が終了した1945年にアメリカ
に管理されている朝鮮半島の南側へ戻り、アメリカの後押し
を受けながら、左派による各地での反対派による武装闘争を
力で抑え込み、総選挙で初代大韓民国の大統領に就任した
のです。

そしてあの朝鮮動乱へ突入するのです。

そのアメリカ亡命時代、特権階級を奪われたときの
怨みを李承晩氏は忘れていなかったのです。

そこが反日の原点になったと考えられます。
そして今の韓国の支配階級も両班の末裔が多くを
しめているようです。特権階級を奪われた末裔です。
その恨みは子へと引き継がれたのでしょう。

かつての両班の略奪行為を日本軍の行為にすり替え
たり、李承晩政権の反体制派を一掃するために行った
虐殺行為をすべて日本軍統治時代によるものにである
ように多くをすり変えてしまったのです。

これは中国の人民軍による大量虐殺を日本軍のせいに
したことに習ったようです。

しかも徹底的な情報統制を行い、真実を口にしたものは
徹底的に弾圧されたのです。当然国民は口をつぐみました。

最近の慰安婦問題にしても強制連行の話がでていますが、
元慰安婦っだった人の年齢からすると太平洋戦争時では
あまりにも若すぎるのです。

そのため、本当は朝鮮戦争の時の米軍や南朝鮮軍の
従軍慰安婦だった疑いが高まっています。

アメリカがすり替えを黙認しているのは、日本軍が
悪であったとしたほうが都合がいいからです。
日本と戦争をしたアメリカは正義の軍であったことに
したいからです。

その時代からの政策が今に受け継がれているのです。
韓国ではインターネットも検閲されているために、国内
で知られてまずいことは見ることができず、真実を知る
ことが難しいのです。

知っていても口に出すと周りから攻撃されるために
黙っているひとも多いのではないでしょうか?

こういったことを韓国の国民がちゃんと知るのは
いったいいつになるのでしょう?

ちゃんと知ればもう少し日本との関係も良くなると
思うのですが。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お勧め商品