So-net無料ブログ作成
検索選択

ウクライナ 報道されない右派セクターによる虐殺

こんにちは、tryです。

私達日本人がゴールデンウィークで浮かれている時にウクライナでは
とても悲惨な蛮行が行われました。

今回お伝えするのは5月2日にウクライナで行われた現政府側の蛮行です。
ウクライナの南部にあるオデッサで、キエフのクーデター政権に反対する
住民40名以上が死亡、その大半は避難先の労働組合会館で焼き殺された
ようなのです。

ネオ・ナチがサッカーファンを装って示威的行進を始め、広場にテントを
張っていた反クーデター派のグループを襲撃し、そこで数人が殺害され、
襲われた住民達は労働組合会館へ逃げ込みました。

その会館へ襲撃グループが銃撃、放火し、逃げ道を塞いで焼き殺した
ようです。この間、警官はただ傍観していただけだそうです。

ウクライナ情勢3.jpg

勿論欧米側についている日本政府とマスゴミはロシア側の反対派の
動静だけを伝え、ウクライナ政府側である右派セクターの蛮行は
一切報道されることはありません。

ロシア系反対派をテロリストと報道していますが、実際にはほぼ
武器を持たない住民を銃で殺しているのは欧米の支援する側のようです。
ネオ・ナチ達が欧米側の支援で多くの残虐行為を行っているのです。

ウクライナ情勢1.jpg

現在はインターネット時代なので、マスゴミがいくら隠しても
情報は入ってきます。

ちょっと残酷な写真ですが載せておくことにします。

ウクライナ情勢2.jpg

多くのむごい蛮行の数々はコチラをご覧になってください。
http://ersieesist.livejournal.com/813.html

強姦され、殺され、さらに火をつけられた女性さえもいるのです。
単なる虐殺としか思えません。

こういった連中をアメリカは大々的に支援しているのです。
欧米側の主張をそのまま信じることはとても危険です。
彼らは自分達の利益のためなら、ウクライナの人々がどうなろうと
かまわないのです。

さらにはシリアで戦っていた戦闘員がウクライナに移動したという
話も伝わっています。

アメリカの民間軍事会社グレイストーン(旧ブラックウォーター)
が関連しているともいわれています。

こういたロシア系住民が虐殺され続ければロシアの介入もありうる
かもしれません。

こういったニュースはこちらのサイトで多くを発信してくれています。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-f9bc.html

私達の日本もアメリカのいいなりになってきましたが、いつかは
同じような場面が起こらないとは言い切れません。

マスコミはアベノミクスを持ち上げ報道していますが、実際には
庶民は困窮し、さらに税金はアップし続け、多くのお金が海外に
流れています。

これもあまり報道されませんが、安倍政権は死亡消費税を導入しようと
しています。

「死亡消費税」は、死亡時点で残った遺産に一定の税率をかけて
徴収する税金のことです。

人は必ず死ぬので確実な財源になるわけです。

財産がなければ家屋敷を売らなければ払えないという状況に陥るかも
しれません。

いやはやこれからは安心して死ぬこともできなくなるかもです。

そしてどうやら集団的自衛権が認められた後は、徴兵制も検討に
入るようです。

日本人が日本を守るために戦うのは仕方ないかもしれませんが、
アメリカの利益のために派兵して人殺しをやるようなことは断固阻止
されるべきです。

戦争に駆り出されて死んでで慰労金が残っても、それを死亡消費税で
持っていかれるなどとなったらただの無駄死です。

この国はどうなってしまうのでしょう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ネットビジネス界のカリスマ 与沢翼さん倒産の危機

こんにちは、tryです。

皆さん、与沢翼さんをご存知でしょうか?

最近までかなりテレビにも露出がとても多かったカリスマネット
起業家です。

フェラーリやロールスロイスを乗り回し、自家用ヘリをチャーター
して移動していたほどなので、名前を聞いたり、テレビでもご覧に
なったこともあるのではないでしょうか?

与沢翼.png

実はその与沢翼さんが代表取締役会長を務めている、株式会社
フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしたと
Facebookにおいて報告したのです。
https://www.facebook.com/tsubasa.yozawa?fref=ts

こちらはFacebookから一部引用させていただきます。


2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の
支払いのうち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税と
して8940万7200円を追加で計約2億円支払い、並びに2014年
8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金
が完全にショートしました。

そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、
ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。

また、今の資金量に照らし会社全体に膨大な経費がかかっており、
返済余力が今後生じないと判断し、月額500万円の固定家賃削減の
ため、フリーエージェントスタイル本社の黒崎ビル(六本木4-1-4)
を4月30日付けで退去致します。

今後は、西新宿のアイランドタワー41階別のグループ会社内に移転し、
FASともどもグループ全体の再建を図っていきます。

なお、フリーエージェントスタイルは破産せず、残額の税等を全て
支払うため、最後まで諦めず、少数ながら私の独力を中心に、
事業を継続致します。

滞納1億超ということで国税から管理を受けており、現在連絡を取り合い、
支払いを継続しております。


と、ここに記したのは一部ですが経緯をFacebookで説明しています。
内容をみると早い時期から国税局に目をつけられ、さらに提携中の
カード会社が倒産、さらに投資の失敗といったことで、いっきに
窮地に陥ったようです。

あまりに急激に成長したため、彼を利用してやろうと周りに集まった
連中からうまくはめられ、引き釣り降ろされたという感じです。

成り上がった人物には必ず取り巻き達が寄り添ってくるのは
常識のようなものだからです。

投資も役員の一人から自分も儲けているからと投資を勧められ
9割を失ったそうです。

再建は確かに大変でしょうが、彼ならおそらくはやり遂げることと
思います。

あまりに急に事業を拡大させすぎたのでしょうね。
そのため、本当に信用できる人間だけを集めることができなかった
のでしょう。

かなり彼のことを悪くいう人もいますが、ネットビジネスをちょっと
でもかじった人間には間違いなくカリスマであったし、これからも
おそらくは信じられないくらいの早さで復活するのではないかと
思います。

是非頑張って欲しいものです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

セウォル号海難事故の真相に迫る

こんにちは、tryです。

だんだんと韓国の客船セウォル号沈没の真相が見えてきました。

と、普通には思えますが、正確には真相を隠そうとマスゴミが
動き始めましたといったほうが正しいようです。

確かに沈没の原因になる過積載や安全検査の不徹底、非常時の
訓練不足、安全管理予算の少なさなどが明るみになり、この事故は
起こるべくして起こったという話にはなりつつあります。

上記で述べたことは全部事実に基いているでしょう。
では何故、マスゴミが真相を隠そうとしていると書いたのかこれから
検証していきます。

この事故最初は座礁したのでは?という話になっていました。
ところが、この海域は底は砂地でしかもソナーを使い水深の十分な
場所を通るためにその心配はありません。

座礁の可能性というのは船体の底部についた傷から推測され、最初に
報道されたものです。

ところが、座礁がありえないとなると、何かに接触したのでは?という
疑問がおきるのです。

以前このブログの記事でも米国あたりの潜水艦と接触したのでは?という
記事を書きましたがその噂は、韓国政府ならびに、米国にとっては非常に
都合が悪いらしいのです。

韓国国内でも潜水艦と接触してあの事故が起きたという主張が野党により
発信され、火消しにやっきになっているようです。

最近の報道を見ると大きく舵を切ったことが原因という立場から、一転して
荷崩れによってバランスをくずし、立て直すために切った舵がきっかけに
なったという報道に変わってきています。

これはなんらかの圧力がかかったものと推定されます。
なぜなら、船底に傷が写っている動画や報道機関の記事の写真が次々と
削除され始めているからです。

削除されるということは、そこに真実があるからに他なりません。
まして日本のマスコミを牛耳る電通は韓国の影響がとても大きい会社です。

事故が大きくなった原因には確かに船と船会社に問題があったことは間違い
ありませんが、根本的な原因を作った、急激な転舵と接触痕は必ず相手が
存在することを示しています。

セウォル号5.png

そこで削除されるかもしれないことを覚悟しながらも動画を作ってみました。
それがこちらです。



シュミレーション及びフィクションとしていますが、当たらずとも遠からずと
いったところでしょう。

動画が消されるようであればこれが真実であるということになります。
動画は消されても私自身はまだ消されたくないので、是非拡散して
いただければありがたいです。

たった6分弱ですが、作るのは大変な労力でした。なんといっても親父
ですから(^_^;)・・・でもtryしました。(-_-;)

やはりこの接触した相手というのは韓国潜水艦か米軍の潜水艦の
どちらかに限られるわけですが、船員達の供述からも何らかの恫喝が
あったことが見てとれます。

潜水艦が通るには水深が浅すぎるという指摘もあるようですが、
半潜行の状態で航行していたなら、比較的見つけにくく、わずかな
部分を海上にだしたままで航行できます。

潜望鏡深度というやつです。まして水の濁っている海域ではこの状態で
航行していても航空機に発見されにくいのです。
水深30mもあれば十分余裕で潜れるはずです。

米軍の協力も辞退していることからも事故を起こした相手の潜水艦は
韓国船である可能性が高いのかもしれません。

明らかに真実には口をつぐみ、船の欠陥に関心をむけさせようと
しています。まるで何かに怯えるように。

家族を人質にし、KCIAが監視しているのでしょうか?

あなたはマスコミの報道とこのブログで述べていることのどちらが
より真実性を帯びていると思いますか?

東北で桜咲く頃 続韓国船沈没の原因と疑惑

こんにちは、tryです。

私の住んでいる東北にもやっと桜の満開の季節がやってきました。
明日、明後日は土日ということもあり、お花見する人が多いに違い
ありません。

    DSC02796.png

やはり日本人にとって桜というのは春のイメージだけでなく、何か特別な
存在を感じさせてくれますね。

咲いている期間は短いのですが、華やかな気分になれます。

現在もっとも多いのがソメイヨシノだそうですが、日本原産種の
エドヒガン系の桜とオオシマザクラの交配で生まれたと考えられる
日本産の園芸品種なのだそうです。

そしてソメイヨシノのほとんどがクローンなのだそうです。

私達日本人にとっては心のよりどころとなる代表的な木なわけですが、
ここでもお隣の国の韓国では韓国固有種の王桜とソメイヨシノを混同する
形で、ソメイヨシノが韓国起源であるとする主張をしているそうです。

またかという感じで、どこが紀元であろうと日本人にとってはそんなの
関係ないのですが、彼らはどうも紀元説を乱発して自分たちのおかげだと
言いたいようですね。


ところで、前日もお伝えした韓国の客船沈没のニュースですが、
だんだんと全貌が見えはじめてきたようです。

まずは続報ですが、モニターにより船は転覆する前に大きく舵をきっていたことが
わかったようです。

そして、事故の時点では船長に代わり三等航海士が操船の指揮をしていた
ことが分かりました。この航海士は20代の女性だそうです。

海流が速い地点で客船が急に船首の向きを変えたために、積んでいた
車両や貨物が一方に片寄り、バランスを失って転覆したとの海洋警察の
見方を韓国メディアは伝えています。

しかも貨物がワイヤーで固定されておらず、ロープで固定されただけ
だったという話まででています。

被害が大きくなったのはその場所に留まるようにとの船内放送を守り、
留まった人が多かったことと、待機している間に傾きが増し、脱出が
不可能になっってしまったこと。

さらには乗組員が先に脱出してしまったために、誘導する者もおらず、
船に積んである救命ボートの下し方さえわかるものがいなかったこと
なども指摘されています。

始めに疑われた座礁したのでは?という話は海図からもありえないらしい
のですが、なぜ急に舵を切ったのかは一切説明されていません。

それにドーンという音が前方から聞こえたということなので、何かに
接触した可能性も残っています。

専門家がいうには何かを直前で発見し、それを避けようと急転舵した
可能性もあるとの見解です。急減速後、急な転舵をしているからです。

前日に個人的な意見ということで潜水艦と接触したのでは?と書いたの
ですが、実際にその可能性が高まってきました。

実は事故後に潜水艦らしきものがビデオにに写っていたというのです。



こちらがその映像です。船の影から左側に遠ざかっていく謎の物体が
見えます。どう見ても潜水艦です。

さらに船首の底には何かに擦れたあとがあるとのことです。何かにぶつかった
のは間違いないでしょう。そのため大きく舵を切り、衝撃でバランスを崩した。



韓国軍にしろ米軍にしろ政府関係者や現場関係者はもう気付いていると
思われますが、マスメディアは、このことには一切触れませんし、
知っていても言わないでしょう。

特に解説をしている専門家という人達ならば容易に想像がつくはず
ですが、メディア上層部からはそれを口にしないようにと箝口令が
しかれているものと推定されます。

この真っ先に逃げ出した船長ですが、おそらく罪をかぶらされて
服役後大金を手にするか、もしくは命を落とすかの選択となるやも
しれません。

今の朴槿恵政権国内景気の悪化がひどく、これ以上の失態が続けば
もうお終いなのです。

現在クレーンを使いこれ以上船が沈まないよう維持してダイバーが
捜索にあたっていますが、視界が20cmほどしかないということで、
実質的には捜索は進んでいないようです。

また、今まで外国の支援を断ってきた韓国ですが、朝鮮半島の西側を
巡回していた米海軍第7艦隊所属の強襲揚陸艦が支援へ向かっている
という話が伝わっています。

なおさら米軍だけが出張るのは事故が米軍がらみの可能性が大きいから
ではないのでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

乗務員が真っ先に逃げ出していた韓国の客船セウォル号

こんにちは、tryです。

先日は久しぶりにブログをお休みさせていただきました。

ところでお隣の韓国で大きな悲劇が発生しました。
済州島に向かっていた客船、「セウォル号」が沈没したのです。

日本でも報道がなされ、大きく傾いた船体がテレビに写しだされました。
乗客には修学旅行の高校生が多く乗船していたとのことで、悲劇的な事故と
なっています。

セウォル号沈没.png

最初は搭乗者477人のうち368人が救出されたと報道されたものの、救出者が
二度カウントされたようで、後で164人に訂正されています。
さらには搭乗者数も477人から459人に訂正されました。
亡くなった方には心からご冥福を祈らせていただきます。

修学旅行生は325人中のわずか75人しか救助されていないそうです。
船体が大きく傾く中、多くの生徒達が家族にメールや電話をしています。
家族はさぞかし無念なことだったと思われます。

転覆の原因ですが、一番の原因として誰もが考えるのは座礁ということです。
救出された乗客の証言からもドーンという大きな音を聞いたという話が
伝えられています。

現場の海域は小さい島が多くある上、岩礁等が多い海域であると日本の
テレビニュースでは言っていましたが、週2回ほども運行していた船が
そうそう進路を間違えるというのはあまり考えられないような気もします。

最新の情報では、沈没の原因を調査中の韓国海洋警察捜査本部が船長ら
乗組員から聞き取り調査を行った結果、急な進路変更が事故の原因になった
とみられるとする暫定的な結論を出したようです。

航路を変更するポイント(変針点)での急激な進路変更が事故の原因と
なったとする見方が浮上しています。

無理な方向転換により船内に固定されていた貨物が一方向に片寄り、
旅客船がバランスを崩し横倒しになった可能性も高まりました。

荷物の固定が弱かったために一方向に重量物が集まり、転覆したのでは?
という推測がなされたのです。

船長は無事に脱出したようですが、この船長実は代理船長で、しかも真っ先に
船から脱出していたようなのです。

この船長は69歳で、船が座礁したとの通報が受理されてから約40分後の
16日午前9時30分ごろに船外へ出て、同50分ごろ、約50人の乗客と共に
海洋警察の警備艇に救助されていました。

機関士や操舵手など6人の乗組員も、この最初に救助された人たちの中に
いたそうです。警察は船長を呼び、事故の経緯について調べるとともに、
船内の事情を把握している船長を救助作業に動員するため、事故が起こった
海域に向かわせたということです。

一方、この船長が、当初運航を任されていた本来の船長(47)に代わって
船を操縦していたことが明らかになっており、ネットでは無責任にも
ほどがあると強く非難されているとのことです。

本来船長は乗客を保護する義務があり、本来ならギリギリまで船にとどまり
乗客を助ける義務があるはずです。ところが機関士や操舵士共々真っ先に
逃げ出していたというのは無責任どころか、わざと沈没させたのではないか?
と疑いたくなるほどです。なぜならほとんどの乗組員は助かっているのです。

救出された乗客もほとんど避難誘導は行われていなかったと言っています。
事故発生当時、セウォル号には船長のほか、1等航海士2人、2等航海士と
3等航海士各1人、操舵(そうだ)手3人、甲板長と機関長各1人など、
約30人の乗組員が乗船していたそうですが、沈没する瞬間まで船内で案内放送を
続けたパク・チヨンさん(22)を除き、全員救助されていたことが分かりました。

このパク・チョンさんは残念ながら遺体で発見されたそうです。
そんなことを考えるとますます怪しくなってきます。

船に大きな保険金がかけられていた事実とかがないのかも心配されますし、
改装による欠陥から維持できなくなったのでは?とか、いろいろ考えられます。

そしてこの船は実は日本で建造された船で、1994年6月日本林兼造船所で
建造されたものです。日本国内で運行された後、韓国に売却されたものです。

このセウォル号は2012年末10月に韓国内に導入されました。

旅客定員は921人で車両180台、20フィートコンテナ152個を同時に積載する
ことができます。

日本国内で運行されていた時は定員は804人でしたが、定員が100人以上も
増えています。客室が増えたことで重心も上の部分に上がっていて転覆しやすく
なっていたのでは?という意見もあります。

上の部分がこんなに増築されています。重さも800tも増えているとか。

日本運行時.png

韓国に行ってから.png

より多量の乗客、荷物を運ぶために改装されていたようです。

ですが、韓国メディアは日本で建造されたことをしきりに報道している
ようなので、もしかすると日本が作った船の欠陥のせいだと後で言われる
可能性も十分あります。

あの国ですから、賠償金を請求されるかもしれません。
でも写真を見れば日本に責任はないのは朗らかですが。

しかもこの高校は国連にも日本糾弾の手紙を出すなど、韓国国内の反日行動の
代表格として報道されるほどの超有名校 で、日本糾弾大会でも有名だったそうです。

目的地の済州島も抗日記念館で日本への責任と倍賞を求める運動のために訪れる
予定だったそうです。

早速韓国誌にはこんな論評まで出ています。
「今、私たちが知っている修学旅行は日本近代化の産物だ。日本は明治維新後の
1907年、修学旅行を作り出した。

分散方式の旅行運営が必要だったが、日帝時から形成されたこの様な弊害を
払えずにいる。

各人の進路に結びついた体験学習を施行している学校もあるが、大部分は
日帝時代から続く集団主義旅行制度をそのまま受け継いできた。
(中略)
従って、今回の大惨事を起こした責任は日本にあることは明白であり、直ちに
大韓民国に対し謝罪をするべきである。」

いよいよ日本悪い論、始めましたね。

それともう一つ沈没の別の仮説をたててみましょう。
これはまったく想像の域をでないのですが、この横転した海域は水深が
少しだけ深いのだそうです。

だから座礁はあまり考えられません。韓国の捜査機関が推測した急な
転舵による、急な重心移動が原因の線も考えられるのですが、ドンという
音が何かにぶつかった音であれば、もう一つだけ考えられる原因があります。

潜水艦です。その水域にいた潜水艦にのりあげた可能性です。
潜水艦は高い水圧に耐えるために船体はとても丈夫にできています。
ただ、これだけ大きい船とぶつかっても損傷のない艦だとしたら、
相手はかなり大きな潜水艦です。とすれば相手は限られてきます。

原子力潜水艦。もしかするとアメリカの原潜ではないかと推測するのです。
実はここ数日ロシアの対潜哨戒機が日本海の排他的水域に接近し、自衛隊
も何回かスクランブル発進をかけているのです。

ロシアが対潜哨戒機を飛ばすとなれば、米軍の潜水艦か、中国の潜水艦しか
ありません。

中国の潜水艦は自衛隊がほぼ把握していますからおそらくは米軍かと
思われます。日本海にいたらしいのはほぼ間違いないので、もしやと
このtry親父は思ったりするわけです。

米軍が相手であれば韓国もおそらく隠すでしょうし、船長に罪をきせて
幕引きを図るでしょう。

外国からの救出援助の申し立てをすべて断っているというのも、
知られてはまずい何かがあるからではないでしょうか?

日本同様、韓国もアメリカには強く出れないうえ、米軍と接触したなどと
わかったら国民感情の向く方向がとんでもないことになるからです。

ましてオバマ大統領が訪問する直前なのでなおさらでしょう。

先程も言ったようにあくまでtry親父の妄想の域をでませんが、可能性は
ゼロではないのです。いえ高いかもしれません。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小保方さん 会見の裏事情と、さらにマスゴミの裏事情

こんにちは、tryです。

先日の小保方さんの会見はご覧になられたでしょうか?

小保方さん会見.png

私なぞは彼女がかわいそうで、なぜこんなにいじめるんだろ?と
マスゴミ連中に文句の一つも言いたくなるくらいです。



「改ざん」と「捏造」を追求して大騒ぎになっているわけですが
おまえらこそ年がら年中「改ざん」「捏造」だらけのの報道しやがって!
そう言いたくなります。
フラッシュにご配慮くださいとの事前の要請にもおかまいなしです。

今回の会見は裏事情があり、記者達に「心身の状態に配慮すること」などの
条件がついたことに関しては、小保方さんと理研の利害が一致したため、と
「日刊ゲンダイ」では解説しています。
フラッシュにご配慮くださいとの事前の要請にもおかまいなしです。

こちらがその記事です。
http://gendai.net/articles/view/geino/149350

そもそも、今回の騒動は「改ざん」の発端は小保方さんが自分で間違いに
気付いて申し出たことから始まっているわけで、論点がヅレているのです

捏造している人が自分で申し出たりはしないはずですが、そこらの事情は
あまり報道しません。

これからどうなっていくのかは、我々は見守っていくしかないようです。

この加熱しすぎる報道に皆さんも不思議に思っているらしく、以前に
書いた記事の『裏切られた小保方晴子さん-理研は脅しに屈した』
読んでくださった方がとても多かったようです。

小保方さんでマスゴミが加熱している一方でとても重大なことながら
我が国ではまるで報道されていないニュースが入ってきました。

そのニュースを隠すために小保方さんがスケープゴートにされたのでは?
そう思うほどの大ニュースなのです。

それは我が日本の宗主国であるアメリカ様のニュースです。

アメリカの現状は今やかつてのソ連状態でひどいものらしく、自由が
奪われています。

かつての自由の国アメリカは完全に崩壊し、一部の特権階級だけが潤う
世界になっています。
国際金融資本とはまさにこの国のすべてを、いえ、世界を牛耳る連中です。

ただし、完全にアメリカの民主主義が絶たれたわけではありません、
ここはさすがアメリカというところですが、アメリカ合衆国憲法では
過半数の州が団結すると連邦政府まで解体することができるように
なっているのだそうです。

そして今回、米憲法が認めている3分の2の州(34州)が、仮国会を開催
することに賛成したとのことです。

合衆国の名のとおり、州が集まってできた国ですから、日本の県とは比較に
ならないほどの権利を州は持っています。

いざとなれば連邦政府を追放することさえできるのです。
それだけ各州は連邦政府に対して不満を抱いているということです。

もしかしたらアメリカでは大きな政変が起きる可能性もあるのです。
以前からクーデターが起きる可能性も指摘されていましたし、政変に
対抗する準備としてFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の権限を
増大させているという情報も入っていました。

こんな危機的なニュースはマスコミはどこ吹く風ですが、日本にとっても重大な
局面であると言っていいでしょう。

はたしてどんな結末に向かうのか?他人ごとではいられないようです。
隣の火事を知らん顔して眺めるどころか、気付いてもいないのですから。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小保方さん切り捨て-利権を手放す理研の真意は?

こんにちは、tryです。

相変わらず小保方さん問題は沈静化せずに、さらに加熱して
いるようです。
テレビでもこの話題が外れることはありません。

小保方さんとしては「STAP細胞」が不正と認定されたことに対し、
不服申し立てを行う方針だそうです。

それに対し理化学研究所の理事長である野依良治氏が猛烈な怒りを
見せていると報道されています。

野依良治氏.png   小保方さん2.png

この理事長の野依良治氏、2001年に「キラル触媒による不斉反応の研究」
が評価されてノーベル化学賞を受賞した人物でもあります。
ウィリアム・ノールズ氏、バリー・シャープレス氏とともに受賞されています。

内容については難しすぎて私には詳しく説明できませんが、医薬品や香料の
生産など、様々な分野で必要な化学物質だけを効率よく作れる方法なのだ
そうです。

つまり医薬品業界にとってはすごく偉大な功績を上げたということです。

ところでノーベル賞を受賞するというのはどういう人達が受賞できるか
ご存知ですか?

国際金融資本にとって、もっとも、貢献した、または利益をもたらした、
またはこれからもたらすであろう人が受賞するものなのです。

どんな画期的な発見や発明をしたところで、彼らにとって有益でないものは
けっして受賞することはないどころか、阻害するものは必ずつぶされます。

たとえばオバマ大統領がノーベル平和賞を受賞していますが、実際に世界の
平和に貢献していると思いますか?あの世界中の戦争に関係している国の
大統領がですよ。あくまである一部の国や企業だけに貢献しているだけです。

今回の「STAP細胞」問題にしても、彼らにとって利益にならないからこそ
圧力がかかったのでは?と推測されます。もしくは利益を独占するため。

論文を取下げさせて、別の研究者に成功させ、権利を握ってしまうという
やり方も考えられますし、彼女を理研から追い出し、自分たちのところに
取り込むことすら考えられます。

こちらはテレビで放送されたもので、武田先生が意見を述べられていますが、
最初に町の人の声を聞く部分があります。ここをよくお聞きください。



ここだけ聞くと誰もが小保方さんに対して間違っているとか反省を求めている
ように思えますが、意図的にそういう意見だけを放送しているようです。
公正に考えれば、もっと擁護する意見があってもいいはずなのに一人も
いないのは不自然です。

あるいはその意見は答えを最初に準備した、やらせなのかもしれません。
ここからが動画の続きです。



ここで武田先生は小保方さん擁護していますが、よく言ってくれたという
感じです。

武田先生は口の悪いことで有名ですが、放送局の方は最終的に逆の答えを
期待していたのではないかなと思えるふしがあります。

本当は少しでも批判して欲しかったのに擁護してしまい、その思わぬ展開に
アナウンサーがあたふたしているのが十分に見て取れます。

こういったテレビは視聴者の世論を誘導するために番組を作ろうとします。
勿論方針を伝えるのは局の上層部であり、さらにそこに指示を伝えてくる
存在があります。

そしてとても不思議なことに、小保方さんさん関連のニュースをアップ
している方は大勢いるのですが、一つはニュース・ネタから拾ってきた
もので、マスコミ報道を引用しているものですが、中には明らかに悪意を
持って攻撃しているとしか思えない記事やつぶやきがとても多いのです。

なんらかの意図が働いているのでは?と思うのは考え過ぎでしょうか?

理化学研究所も独立行政法人であり当然、官僚ともつながっています。
官僚を通してある筋から圧力がかかってもおかしくないところです。

まして理事長がノーベル賞受賞者でその背後の人達ともつながりが
深いわけですからなおさらです。

おそらくこのままだと小保方さんは理研を去ることになるでしょう。
もし研究を続けたければ独立するか、どこかに身を寄せるしかなく、
その研究の利権が欲しいところは手ぐすねひいて待ち構えているわけです。

ただし、以前にも書いたように、そこには利権が絡んでいるわけですから
いわば理研は利権によって成果を奪われたというわけですね。

今回も勝手な妄想ゴトを語ってしまいました。

でもおそらく同じような意見をお持ちの方も少しはいらっしゃるのでは
ないでしょうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

裏切られた小保方晴子さん-理研は脅しに屈した

こんにちは、tryです。

今回は初めて小保方さん問題を取り上げます。
ほとんどのサイトは小保方さん攻撃のニュースになっています。

小保方さん.png

確かにミスはありましたし、それは事実かもしれません。
ですが、ここではあえて擁護する側にまわりたいと思います。

始めはマスコミがノーベル賞ものだとか大いにに盛り上げた
わけですが、今やまるで詐欺扱いをしています。
ヒーローから一転、詐欺師扱いの記事攻勢です。

どこのマスコミも擁護するような記事は書いていません。
おそらくこの流れはウクライナ情勢でロシアを非難することと
ほば同じ流れなのではないでしょうか?

たぶんピンとこない人も多いようなので説明します。
今回も誰かの思惑でマスゴミが騒いでいるのでは?ということです。

小保方さんの方法が簡単に立証されてしまうと困る人達が
たくさんいるということです。

詳しくは説明できませんが、STAPの原理は体細胞に酸や熱などの
刺激を与えた細胞をマウスES細胞の増殖、未分化状態維持に最適な
LIF(Leukemia Inhibitory Factor)を含む培地で培養することで
多様性を獲得し、多機能性を持つSTAP細胞を作り上げます。

そのSTAP細胞をACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を含む培地で
増殖させ、STAP幹細胞をつくりだすというものです。

STAP,iPS.png
図の作成 S.Noue

この発見が真実であるなら、今まで権威と言われた人達が
今までどうしてこんなことを発見できなかったのか?

そんな権威の失墜があります。
それを簡単に認めてしまえば、大きな研究所と予算を持つ
教授達の面目は丸つぶれになります。

当然ながら少しでもアラがあれば探し出すでしょう。
そしてそのアラが見つかったのです。
他人の足を引っ張りたい勢力にとってはまたとないチャンス
だったわけです。

あともう一つの企業の思惑も働いているはずです。

実はこの原理は医学会では異端といわれている千島学説にも
繋がってくるのです。

千島学説については『がん患者はこれからまだまだ増えるそうですよ!?』
に書いていますので参考にしてください。

千島学説の中で大きなところを説明すると、血液は腸で造られ、
血球から細胞が造られる。また細胞から血球が造られることもある
といった理論です。

このSTAP細胞はこの千島学説を裏付けるものにもなるわけです。
そしてこの技術が成功してしまうと、さらに困ることになる
連中がいるわけです。

千島学説学説の正しさが立証されることで、病気を治す根本的な
治療法が変わってしまうことです。
癌治療も今までの治療法が誤りだったことがわかってしまいます。

すると、まず医療業界がダメージを受けることになります。
当然ながら製薬業界も大きなダメージを受けます。
抗癌剤などの莫大な利益を失う可能性も高まります。

小保方さんの方法で簡単に培養する方法が確立されてしまうと
こういった医療業界のあらゆる利権が崩壊しかねないのです。

実は今までも画期的な治療法や治療器具が開発されてきましたが、
そういった研究はすべて潰されてきたのです。

研究資料が盗まれたり、研究者のバッシングをしたり、脅迫したり、
それでも屈しないと謎の事故にあったりです。

自分達に不利な研究はすべて潰すというのが国際金融資本の
やりかたなのです。いわゆる国際医療マフィアです。

今回の騒動も学会の思惑に、こういった連中の圧力が重なって画策
されたのではないかと十分推測できるわけです。
おそらくアメリカのある筋から日本の学会にも圧力がかかった可能性が
あります。

理研にはさらに強い圧力がかかったのではないでしょうか?
あの小保方さんに対する仕打ちからする、と会社存続にかかわるぞと
脅されたのかもしれません。

なら、なぜiPS細胞はつぶされないのかというと、すぐには実現
できないことと、開発には膨大なお金がかかり、その開発資金は
国際金融資本からも出ているからです。

開発資金を回収するために、人の役に立つころには大金持ちしか
利用できないということがあるかもしれません。

今回の記事はあくまで個人な意見ですが、いかがでしょう?
これでもあなたは小保方さんを責めますか?

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エイプリルフールの嘘か真か?怖い話

こんにちは、tryです。

今日は4月1日、エイプリルフールです。
そこで嘘か真かの判断はあなたにお任せしますが、多分知らない
だろうと思う話をします。

現在我が国、日本という国は一見民主主義で、比較的自由に
見えます。

ところが、実際のところアメリカの植民地になっているのと同じ
なのです。

今まで大きな事件が起きた影には、彼の国が関係しているのです。

たとえば1985年8月12日の日航機墜落事故の原因は隔壁破壊が
原因だとされていますが、実際にはミサイルで撃墜されたのです。

日航機の乗客のカメラに残っていた写真に近づいてくる物体が
写っています。

日航機からの撮影.jpg

当時日本は為替の安定化にむけた条約に同意するよう求められて
いました。いわゆるプラザ合意のことです。
日本にとっては簡単にのめる内容ではなかったのです。

当地には日航機だけの残骸だけでなく、別の航空機の残骸も見つかって
います。どうみてもエンジンが小さすぎるのです。
自衛隊機が米軍機を撃墜したという未確認の情報もあります。

日航機エンジン?.png

墜落地点付近には米軍機が飛び交い、日本の捜索隊は近づけません
でした。

その時点では多数の生存者がいたらしいのですが、証拠隠滅のため、
命を奪われた可能性が高いのです。なぜなら、その生存者を目撃して
いる人がいたのです。助かった人達は掃討するときに気を失っていて
すでに死んでいると思われた人達だけだったのです。

生き残った人達は当時のことを一切語りません。
おそらくかなりの脅しがあったものと推定されます。



さらにその飛行機には画期的な松下のトロンOSの技術者17人が乗って
いました。アメリカはそのOSの完成は是非とも阻止したかったのです。

その後、JAL123便墜落事故から40日ほどして、日本国政府は
日本に不利益しかもたらさないプラザ合意をのむ決断をしました。
また、あんな事故が起きると困る・・・と。

この事実は政府関係者はみな分かっています。ですがそれを
あきらかにしたら、待っているのは戦争だけです。

さらには人口地震です。





福島の原発事故は海底の放射能を隠すために発生させられたのです。
警備はイスラエルのマグナBSP社が担当していました。
この会社はモサド(イスラエル諜報特務庁)の関連会社です。

3号機の爆発はイスラエルの小型核爆弾によるものです。

ここでいっているのは東日本大震災のことですが、岩手三陸地震、
さらに遡れば、阪神大震災も人口地震のようです。



地震が起きる前には必ず、アメリカとの交渉事が存在します。
この地震の前は沖縄の米軍基地問題が起きていました。
そしてTPP参加を催促していました。

最近多い集中豪雨や爆弾低気圧、次々に上陸する台風なども
気象兵器だといううわさが流れています。HAARPです。



こういった災害が多発し始めたのはTPP交渉が始まった時から
なのです。当時日本はまだ参加を決めていませんでした。

地震兵器の場合はこのHAARPと核爆弾を併用します。
もちろん小規模な地震ならこのHAARPだけでも可能なのです。



大災害以外にもアメリカとの交渉に反対したり反アメリカ的
政治家は不可解な死をむかえています。

小渕元総理、橋本元総理、中川元財務大臣などです。

小渕元総理はアメリカの意向より、国内対策を重視したため、
橋本元総理は退任後もロシアとのパイプを築こうと動いたためです。

そして中川元財務大臣はIMFから1,000億ドルの搬出を求められ、
それなら米国債から搬出しましょうという態度をとっていました。
正式に断る会見をしようとした矢先にその前の食事中にスパイの
記者に薬をもられ、例のめろれつ事件が発生したらしいのです。

信頼を失い、失脚をよぎなくされた中川氏はその真相を暴くための
証拠をそろえて反撃準備ができたところで、あのような不可解な
死を迎えたのです。事件は当然自殺ということで片付けられました。

一方あまり家とズブズブでいうことを素直に聞いてアメリカの利益に
貢献し、自分も利権を受け取るような政治家はとても息が長いのです。
小泉元首相はその典型的な存在でしょう。

その政策の小泉改革で、日本の企業の多くがアメリカの企業に
わたりました。大手銀行も例外ではありません。

最近の政権はすべてアメリカの意向に沿ったものになっています。
例外は鳩山内閣でした。だから菅直人のクーデターによって
小沢氏と鳩山氏は排除されたのです。

その他にもアメリカに不利益な政治家は必ず東京地検が
動きだし、政治生命を断とうとします。
鈴木宗男、小沢一郎といった人達もそうです。

今の政権はというと当然ながらアメリカのいいなりのようです。

さて今回の話はエイプリルフールの与太話とみるか、本当の話と
みるかはあなた次第です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウクライナの消えた金塊と次期大統領を狙う、美魔女ティモシェンコ 

こんにちは、tryです。

今回は3回めのウクライナ情勢をお伝えします。

相も変わらず、西側諸国はロシアを非難し続けているようで、
本音ではロシアとの関係を失いたくない日本も、アメリカ様の
命令で渋々したがっているようです。

しかも、調子にのって、ウクライナへの援助を要請し、
日本は15億ドルというお金を出す必要にせまられそうです。
借款も含めてとのことですが、まず戻ってこないでしょう。

なんといっても日本はアメリカのキャッシュディスペンサー
ですから、ちょっと日本さん15億出しといて!で済むわけです。

円じゃありません。ドルですから、1,500億円規模です。
我々日本にはなんのメリットもなく、ロシアとうまくいきそうな
関係を壊されて、その上お金を出すのです。

お金がないから消費税を上げるはずが、アメリカの利益のために
税金を払うようなものです。

しかも驚くような話があります。
アメリカがクーデターのどさくさにまぎれ、ウクライナの金塊をアメリカに
運び出したというのです。それも33トンもです。

金額にして15億ドル分。アメリカが支援するとしているのは10億ドル。
支援どころか自分のところだけ5億ドル儲けることになります。

国会で浜田議員がこのとんでもない話を暴露しました。



もともとの狙いはウクライナからロシアを切り離し、黒海から
追い出すことと、ウクライナの企業をアメリカの影響下におくこと
が目的だったことがはっきりしたわけです。

ヤヌコビッチ元大統領時代は、確かに国の予算の半分が政治家の
懐に入っているといわれ、国民は大いに不満を持っていました。

金融資本家達はそこに目をつけて、反対派に金を与え、
さらに極右勢力と手を組みクーデターを起こさせたわけですが、
国民の暮らしはさらに悪化しているようです。

しかも極右勢力が暴走し始め、ヤヌコビッチ時代の与党議員に
武力で辞職を迫ったり、殺害したりということが起きたのです。

そこで新政権側はその極右勢力の幹部サチコ・ビリーを内務省
特殊部隊によって粛清しました。
その報復として現在極右勢力がキエフの国会を封鎖しています。

この期の展開はどうなるのか予想しにくいのですが、現政権に
援助している西側の動き次第で本当の内戦の可能性もあります。

そんな状態ですからキエフ以外のロシア人の多い地域ではロシア
編入を望む声が高まるのかもしれません。

5月には大統領選挙が行われる予定とのことですが、その大統領
選挙の有力な候補者として上がっているのが美人すぎる首相として
有名な『ユリア・ティモシェンコ』です。かつて彼女は首相だったのです。

ユリア・ティモシェンコ.jpg

彼女はヤヌコビッチ時代に職権乱用罪で実刑判決を受け、幽閉
されていたのですが、ヤヌコビッチ追放とともに開放されたのです。

ただ美人なだけではなく、かなりの野心家で有罪判決を受けるまで、
国策ガス会社の株の60%を保有していたそうなのです。

ロシアが1,000立方メートルあたり250ドルで提供してくる天然ガスが、
消費者の手に渡る時には350ドルになっていたそうです。

1,000立方メートルにつき100ドルが彼女の懐に入っていたらしいのです。
綺麗なのは顔だけで、かなりエグい正確のようです。
その美貌と裏腹に、汚い言葉使いも話題になっています。

そして今回の騒動もこの女性が金融資本と協力して企んだという噂も
ちらほらとネットで流れています。

しかしながら、マスメディアを使うのがうまく、事情を知らない庶民に
はなぜか受けがいいとか?次期大統領の最有力候補です。
やはりマスコミは政治にとって最大の武器のようです。

アメリカの手先となってマスコミを支配すれば、選挙に勝てて、しかも
その後の利権も手に入れられることを知っているのです。

次期選挙はきちんと行われるのか?公正な監視団が必要なようです。
いずれにしろ、ウクライナは食い物にされる運命にあるようです。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

お勧め商品