So-net無料ブログ作成
検索選択

非業の武将 山中鹿介、その子孫は大財閥?

こんにちは、tryです。

今回は何を話題にしようかと思案していましたが、好きな戦国時代劇、
『軍師 勘兵衛』に山中鹿介がでてきたのを思い出しました。

前日に引き続き戦国時代に活躍した人物に触れることになります。

山中鹿之介といえばなんといっても「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」
という言葉が有名です。

山中幸盛.JPG

現在では山中鹿之介の通名な有名ですが、当時は山中鹿介幸盛といいましたが、
その武勇にすぐれた印象から鹿介のほうが有名になっていったようです。

ここでは鹿介でとおします。

鹿助は尼子家家臣のなかでも十勇士筆頭であり、その武勇は群をぬいています。
毛利軍が月山富田城を攻めた際に、鹿之助はが1人で毛利軍約40人と戦い、
19人を討ち取り、残りの軍勢も撃退したという逸話が残っています。

その他にも天下に名高い豪傑達と一騎討ちを3度行い首級をあげています。

最終的に彼は討ち取られたのではなく、孤立無援となり、兵糧も底を突き、
また城を離れる者も後を絶たなくなったため降伏して生け捕りとなり、
毛利輝元の下へ護送される途中で誅殺されたのです。

強すぎたことで恐れられ、最期に非業の死をとげた悲運の武将として
彼は名を残しました。

さてここからもう一つエピソードがあります。

日本酒好きのtry親父にとってはこの山中鹿介大きな役割を果たすのです。
といっても直接本人ではありません。その次男がです。

この山中鹿之介の次男、名を変えて鴻池(こうのいけ)新六と名乗っていました。
そして摂津の国で酒の醸造と行商を生業としていたのです。

ある日新六は下働きが大きな失敗をしたので、こっぴどく叱ったのです。

その叱られた下働きの男は、それを根に持って仕返しをしてやろうと
酒の詰まった貯蔵用の酒樽の中に御釜の灰汁(あく)を放り込んで逃げ出しました。

それを知った新六はとんでもないことになったと大騒ぎしたのですが、
樽の中の酒は炭で真っ黒、どうしようもないのでそのままにしておきました。

そして次の日、なんということでしょう。酒は綺麗に澄んで透明なお酒に
なっていたではありませんか。

しかも飲んでみると以前よりすっきりした味に変わっており、香りも穏やかなものに
変化していたのです。

これは今でいう炭素濾過と同じなのです。灰汁の中に残った炭素成分が
嫌な味や余計な香りを吸着し、素晴らしい酒になっていたのです。

これが清酒の始まりなのです。現代では活性炭を使って炭素濾過という
方法をとっています。これはとても画期的なことだったのです。

その後、他よりも透明ですっきりしたお酒は評判をとり、新六は巨万の
富を得ることができました。

これが後の鴻池財閥の前身になったのです。

その後鴻池家は全国一の富豪となり、諸大名に何千万石もの大金を貸し付け、
その各大名からも扶持をもらって、合わせると一万石を超えるようになり、
大名並みの権威を持っていたとのことです。

父の山中鹿介は非業の死を遂げましたが、その血筋は脈々と生きつづけ、
下火になったとはいえ、現代も鴻池財閥はUFJグループの一員として存続し
続けています。

飛躍するきっかけは叱った下働きの男の仕返しから始まったのですから
何が自分に味方してくれるのかわからないものです。

そしてその下働きの男ですが、どうなったのかはわかりません。

以前お話しした、斎藤一人さんの「ついてる」という話そのものです。
まさに怪我の功名というやつでしょう。

そして多くの酒蔵の酒の酒質向上にも役立ったわけです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

日本酒には生酒と火入れ酒があります-日本酒豆知識

こんにちは、tryです。

今回は寒入りのとき以来、久々の日本酒の話題です。
以前も申し上げましたがtry親父は大の日本酒ファンなのです。

今の時期ですと吟醸酒の搾りが最盛期で酒造りが終わりを迎える
ちょっと手前といったところでしょうか?

大手の蔵を除き、4月には酒造りが終了するところが多いのです。

シーズン最後のお米を蒸し終わりを甑倒し(こしきたおし)といいます。
甑(こしき)というのは酒米を蒸すための大きな蒸し器のことです。

o0640048012444232130.png

今は昔ながらの甑をつかっているところは少ないのですが、
蔵ではその甑倒しの夜にちょっとした酒宴を行う風習が残っています。
あと少しで造りも終わるからもう少し頑張ってくれよというねぎらいの宴です。

今は新酒が発売されている時期ですが、その新酒の多くは生酒になります。

ところでお酒の生というのはどういうものかご存知ですか?
これはその名前のとおり、お酒を一切加熱処理していないものです。
まだ酵母も酵素もいきています。

ただ、最近では変質を嫌い、極細かいフィルターで酵母菌や酵素を取り除いた
ものもあります。今の生ビールなども多くはこのタイプです。

加熱といってもそれほど高温ではなく60℃くらいまで温度を上げるだけです。
これを火入れといいます。

酵母菌の働きを止め、残っている酵素と、火落菌とよばれる乳酸菌一種の
発育を促進させる物質を破壊する目的で行う、加熱殺菌のことです。

ヨーロッパにも同様のパスツリゼーションという言葉があります。
これは19世紀に細菌を発見したパスツールが大々的に発表した
低音殺菌法です。

主にミルクやワインの変質を防ぐため、一気に普及しました。
ヨーロッパでは世紀の大発見として騒がれましたが、そんなことは
日本酒造りでは当たり前に行われていたのです。
しかも300年も前に細菌のことなど何もわからないうちからです。

おそらく杜氏達の少しでも品質を良くしたい、安定させたいという
思考錯誤から生まれたのでしょう。

ところでこの日本酒の火入れという作業は二回行われます。
熟成させるために貯蔵をするわけですが、その貯蔵前と貯蔵後の出荷前です。

安価なお酒はタンクで貯蔵し、吟醸酒などは瓶詰め後に貯蔵する
ことになります。火入れの方法もタンク貯蔵のお酒は湯の中を通した、
パイプを通して循環させて火入れをしますが、吟醸酒などは瓶に詰めた
状態で一本一本丁寧に火入れをするものが多いのです。


ここでさっきの生酒の話に戻りますが、生という名前のついている
お酒は3種類あるのをご存知でしょうか?

勿論、本当の生酒は一切火入れをしていないものです。
あとの2種類というのは生詰酒生貯蔵酒です。

これらのお酒は一度だけ、火入れをしたお酒なのです。
原酒を生のまま低温貯蔵して瓶詰め前に一回火入れしたものを
生貯蔵酒、最初に一回火入れを行なって貯蔵した後加水調整後、
瓶詰めしたものを生詰酒といいます。

これらの生貯蔵酒も生詰酒も本当の生ではありません。
どうしても生の文字が大きく書いてあるために勘違いして
しまいますが、その脇の文字もちゃんと確認してください。

本当の生酒は変質しやすいため温度管理がとても大変なのです。
だから寒い時期を中心に販売されているのです。

もしこの生酒を暖かい時期に飲みたいのであれば、冷蔵管理の
きちんとした酒屋さんを選ぶことが必然になります。

夏に良く注文される冷酒は大きく生の字が書いてあるかも
しれませんが、まずほとんどが生貯蔵酒です。

こんな感じです。貯蔵酒、という具合です。

生貯蔵酒.jpg

生貯蔵酒2.jpg

大メーカーほど生の文字が目立つようですね。
貯蔵してあるのにしぼりたてというのも?ですが・・・。
たぶん商標の一部だというのでしょうね。

味わいは火入れのほうがより複雑になりますが、生酒はフレッシュな
香りや軽さを楽しむことができます。

一般的な火入れ酒は熟成されて秋に出荷することが多いようです。

今度生と書いてあるお酒を見たら一度確認してみてください。
生酒か?それとも生のつく火入れ酒か?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お勧め商品