So-net無料ブログ作成
検索選択

こどもの日と節句についてのお話

こんには、tryです。

明日からゴールデンウィーク後半にはいりますが、今年はカレンダー
通りの休みというところも多いかもしれませんね。

今回は前日に引き続き祝日ネタです。
明日、5月3日は憲法記念日、明後日はみどりの日、そして5日は
子供の日ですね。

明日の憲法記念日は文字どおり、日本国憲法が施行された日です。
1947年5月3日に新しい日本国憲法が施行されたことに由来する日です。

前日、11月3日の文化の日は以前の『明治節』の日でもあったと書きましたが、
改正された日本国憲法が公布された日でもあります。

日本国憲法が平和と文化を重視していることから、その公布した日を文化の日
と名づけたのだそうです。
おそらく今までの祝日に合わせた格好で公布したのでしょうね。

5月4日はみどりの日ですが、これは以前の29日から移動したものです。
29日は昭和天皇誕生日だったこともあり、昭和天皇は植物に造詣が深く、
自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ名がふさわしいという
主旨から『みどりの日』と名付けられました。

あらためてその日が『昭和の日』とされたのをきっかけに、5月4日に
移動することになったわけです。

そして今回のメインである5月5日の『こどもの日』ですが、端午の節句
としてしても知られています。

端午の節句.png

もともとは古代中国発祥の季節の厄祓いの行事だったといいます。
紀元前3世紀の中国の大国、楚が始まりだとも言われています。

端午というのは月の初めの午(うま)の日のことで、午の月が5月を
表すことと、端は初めのことを、午は「ご」と発音することから五に通じる
ことから「午の月の端の午の日」を端午と呼び、数字が重なる5月5日を
『端午の節句』とよぶようになったとのことです。

節句(せっく)の節(せつ)というのは季節の変わり目のことを言います。
暦の中で奇数の重なる日を取り出して、季節の旬の植物から生命力を
もらい邪気を祓うという目的から始まりました。

奇数(陽)が重なると陰になるために、それを避けるための避邪(ひじゃ)
の行事が行われたのです。

これが五節句です。
詳しくは省きますが、簡単に五節句の紹介をしたいと思います。

1月7日の『人日(じんじつ)の節句』、この日は七草粥を食べますね。
「七草粥」を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈ると
される「七草」の風習は、日本の風習と中国の風習が結びついたものと
言われています。

3月3日の『上巳(じょうし)の節句』「桃の節句」「ひなまつり」と
してお馴染みですが、その由来は、平安時代のみそぎの行事と宮中の
「雛(ひいな)遊び」とが混ざり、自分の汚れを託した紙人形を川に流す
「流し雛」で厄を祓いました。

そして5月5日の『端午の節句』菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を屋根や
軒に挿して邪気を払います。

7月7日の『七夕(しちせき)の節句』は、たなばたとして有名ですが、
かつては笹竹に、歌や文字を書いた五色の短冊を飾って字が上手になるように
願ったり、「けがれ」を払うために、笹竹を七夕の終わりに川や海に流す
「七夕流し」や「七夕送り」の行事も行われていたそうです。

そしてもしかすると日本では一番なじみが薄いかもしれませんが
9月9日は『重陽(ちょうよう)の節句』です。別名「菊の節句」とも
呼ばれます。

中国では、菊の花が不老長寿の薬草とされ、その菊の花が咲き誇る時期に、
お酒に菊の花を浮かべた「菊酒」を飲んで邪気を払う風習があったそうです。

これらの節句はもともとは旧暦のもので現在の季節とは少しだけ合わない
ものもあるかもしれませんね。

また『こどもの日』にもどりますが、端午の節句の『鯉のぼり』や
『5月人形』の風習は鎌倉時代の武士が表舞台に立つようになった
ころからの風習のようです。

菖蒲(しょうぶ)は尚武につながり、その葉の形が剣を連想させる
ことから男の子の節句とされるようになったようなのです。

5月人形の鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。
こいのぼりをたてる風習は江戸時代ころからと言われますが、中国の故事に
ちなんでいて、男子の立身出世を祈願しています。

鯉の滝昇り、急流を登りきれた鯉は、やがて竜になるという中国の伝説です。

3匹の鯉のぼりと5色の吹き流しをかざりますが、この5色は陰陽五行説に
由来しているそうです。

こいのぼり.jpg

万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説のことです。

ちょっと難しい内容でしたが、断片的にでも頭にいれておいていただければ
幸いです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『昭和の日』の由来とかつての『天長節』

こんにちは、tryです。

今回は2日ばかり遅れてしまいましたが、『昭和の日』の話題を
お伝えしようと思います。

『昭和の日』は4月29日、『昭和天皇』の誕生日でもありました。

昭和天皇.png

かつての『天皇誕生日』から『緑の日』に名を変え、『緑の日』が
5月4日に移行することに伴い、平成19年より改めて、『昭和の日』
ということで制定されたものです。

この日、かつての『天皇誕生日』は以前に『天長節』と呼ばれていた
ことはご存知でしょうか?

天長の語は『老子』の(天は長く地は久し)に由来し、すでに中国の
皇帝もその誕辰の日を天長節と称していました。

日本では、775年(宝亀6)9月光仁天皇が10月13日の誕辰の日を天長節と
称しました。

誕辰というのは誕生日のことを指す言葉です。

この『天長節』は【四大節】(しだいせつ)の一つです。

【四大節】とは旧制の四つの祝祭日のことを指していて、その四つとは
『四方拝』『紀元節』『天長節』『明治節』のことをいいます。

『四方拝』というのは1月1日の早朝に行う宮中の皇室祭祀のことです。

天皇陛下が清涼殿の東庭に出て、属星(ぞくしょう)・天地四方・山陵を拝し、
五穀豊穣・天下太平を祈る行事なのです。

明治以降は神嘉殿で、皇大神宮・豊受大神宮・四方の神々を拝することに
改められています。

その『四方拝』は『元旦』として祭日になっているのです。

『紀元節』は初代天皇の【神武天皇】が即位された日で、現在は
『建国記念日』に名を変えています。

こちらの方は以前の記事で『建国記念日の由来は紀元節?』という
記事に詳しく書いていますのでよろしければ参考にしてください。

以前の『天長節』は今では『昭和の日』に名を変えて残っています。

そして『明治節』は明治天皇の誕生日のことで、昭和2年(1927)に
制定され、同昭和23年に廃止されました。
現在は11月3日の『文化の日』として現在も祝日になっています。

今でも【四大節】はその名前を変えて、国民の休日として残って
いるわけです。

おそらくこの【四大節】を習っているのは戦前教育を受けた世代かと
思われます。

戦後にはGHQの指導により、天皇が象徴化され、すべてその名前を
変えてしまったからです。

その祝日もその意味をちゃんと知っておくことは、本来日本人には
大切なことなのかもしれません。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

お勧め商品