So-net無料ブログ作成
検索選択

東北六魂祭、実際に行ってきました。

こんにちはtryです。

前日は六魂祭のお知らせをしませしたが、実際に会場に足を運び、
見にいってきました。

動画などの編集アップに時間がかかり今の更新です。

実はtry親父の地元がこの山形なのです。
市内中心近くは多くが通行規制がかかっているので、当然のことながら
徒歩で8キロほど歩いて会場に向かいました。

途中で会場のひとつにもなっている霞城公園を通っていきます。
ここはかつて山形城があったところで、霞ヶ城と呼ばれたことから
霞城公園というようになっています。

DSC02878.png

DSC02879.png

DSC02882.png

基礎を築いたのは戦国大名、最上義光(もがみよしあき)です。
伊達政宗の母親の兄であり、上杉家と東北の関が原といわれるほど
激しい戦を行った武将です。

DSC02889.png

ここも出店やイベントでかなりの人出でした。
特に出口付近の城門はかなり混雑していて抜け出すまでかなりの
時間を要しました。

DSC02888.png

DSC02890.png

DSC02893.png

DSC02894.png

メイン会場ではパレードに先駆けて各県の踊りが披露されました。
ただ混雑の度合いがものすごく、近くまでいくことはできませんでした。
10倍ズームでやっとこのくらいです。

DSC02965.png

DSC02961.png

お昼ちょっとすぎには航空自衛隊のアクロバット飛行のチーム
「ブルーインパルス」によるデモンストレーションが行われました。

確かに航空ショーほどのパフォーマンスは見られなかったものの
十分に迫力のあるものでした。万が一街の中で事故などがあれば
大惨事になるだけに十分に安全マージンをとったためでしょう。

一応ビデオに撮りましたが、デジカメでの撮影の上に周りがまぶしすぎて
モニターが全然見えない状態での撮影ですので、ぶれや構図の悪さは
ご容赦ください。



山形市内の目抜き通りである七日町通りも多くの観光客で賑わっていました。

DSC02903.png

DSC02905.png

なんとか人ごみを掻き分けてパレードの行われる通りにたどりつき
ましたが、かすかに見える程度の場所しか確保することができず、
手を上の伸ばして勘で撮影したためかなりぶれぶれの映像になりますが
一応ビデを映像にしましたのでこちらもはずかしながら披露させて
いただきます。

だいぶ長いので時間があるときにどうぞ。



DSC02911.png

DSC02915.png

DSC02924.png

DSC02930.png

DSC02940.png

DSC02949.png

普段はこういう人ごみは苦手なのですが、たまには心が躍るというか
いいものですね。

それにしても疲れました。ふぅ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東北六魂祭が今日明日、開催です 駐車場のご案内も

こんにちは、tryです。

個人的な事情でまたまた更新が滞ってしまいました。
お詫び申し上げます。

さて今回の話題は『東北六魂祭』です。今年は山形市を会場に
24日と25日の両日にわたって繰り広げられることになっています。

東日本大震災から3年ですが、東北にパワーをということで企画された
この『六魂祭』も4回目を迎えるわけです。

六魂祭.png

東北六県からそれぞれの代表する祭りを一同に集めてパレードも行います。

青森ねぶた祭、秋田竿灯まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、
仙台七夕まつり、福島わらじまつりです。

SnapCrab_NoName_2014-5-24_0-14-11_No-00.png

この祭りでは毎年テーマを決めているわけですが、今年のテーマは
『起』だそうです。
ちなみに2011年の仙台市では「祈」、2012年の盛岡市では「希」、
2013年の福島市では「福」がテーマでした。2014年の山形は「起」
というわけです。

今回の記事は事前情報というわけですが、まずは車で来られる方への
駐車場の情報です。

一般駐車場として設けられているのは3箇所あります。
山形自動車道の山形蔵王インターチェンジから下りてまもなくの
山形県庁駐車場と東北中央自動車道、山形中央インターチェンジから
下りて西側方面に進んだ、須川河川敷一般臨時駐車場です。

両駐車場とも1000台ほどのスペースです。こちらはシャトルバスが運行
します。

あと、山形自動車道の山形北インターから近い、山形市総合スポーツ
センターの駐車場も利用できますがこちらはシャトルバスは運行しない
ために会場までの移動はタクシーか徒歩のみになります。

こちらがマップになります。

六魂祭 駐車場2.png
http://gattiri.net/rokkonn%20parking.pdf
(右クリックして名前をつけてリンク先を保存)でダウンロード

いずれも台数が限られていますので、鉄道などをご利用になるのが
一番いいのかもしれません。

そして交通規制はこちらです。

六魂祭 交通規制2.png
http://gattiri.net/rokkonn%20koutukisei.pdf
(右クリックして名前をつけてリンク先を保存)でダウンロード

24日の12時半から12時55分まではブルーインパルスの飛行もみられそうです。
詳しくはこちらの公式ウェブサイトをご覧ください。
スケジュールなども詳しく書かれています。
http://www.rokkon.jp/index.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ブログ更新遅れの言い訳と『美味しんぼ』休載

こんにちは、tryです。

またブログをサボってしまいましたが、今回も前回に引き続き、
届いた部品の交換に時間をとられてしまったことから更新できません
でした。

今回は前回のハードディスク交換の報告にあったようにパソコンの
SSDを交換して、パソコンをもとの状況に戻すためにまたもや時間を
とられてしまいました。

DSC02858.png

どうせならと欲張ってドライバー類もみな新しいものに更新しました。

前回はSSDについて説明しなかったのですが、SSDとは、ソリッドステート
ドライブのことで、フラッシュメモリーを利用した記録媒体のことです。

ハードディスクより高速で、回転するといった部分を持たないので騒音に
関しても優位性があります。

さらに読み書き中の振動や耐衝撃性に強いなどの利点も大きいのです。
しかも軽量で、エラーが少ないという利点も大きいのです。

ただ、欠点もあります。
ハードディスクに比べて書き込み回数に制限があることや、その構造から
かなり高価になるということです。

そして故障してしまった場合にそのデータの救出は不可能であるなどと
いう欠点もあります。

そのためにこまめにバックアップを取るといった方法が最善なわけですが、
実際には調子が悪くなってからあわててバックアップをとっているのが現実
なようです。

でも本当に困るのはある日突然データが読み込めなくなることだと
思うので、マメに大事なフォルダやファイルをバックアップしておく
のがベストなようです。

その作業は確かに大変でしたが、今回のパーツ交換により、パソコンの
性能が格段にアップし、一クラス上の商品に変貌を遂げました。

CPUなどはまるっきり同じなのですが、記録媒体が高速化したことで
さらに軽くなっています。

もともとの仕様からかなりアップし、SSDは32ギガから120ギガにアップ、
そしてハードディスクは750ギガから1ギガにアップしました。
しかも高回転型に代えたことで読み込みも早くなりました。
結果ちょっとだけですが、高性能化することができました。

その費用は確かにちょっとだけ痛かったのほ確かですが、
その分サクサク動いてくれて新しくなったような気分です。


まぁ、パソコンの話はさておき、今回は『美味しんぼ』のニュースです。

先日、主人公の山岡と父親の海原雄山が和解という内容が話題に
なったばかりです。

山岡和解.jpg

今回は福島の環境問題を取り上げてその内容が話題になりました。

福島の取材で内容に鼻血を出すシーンがあり、それに関係各所から
クレームがついたようです。

美味しんぼ 鼻血.png

問題を提起する漫画に閣僚や知事が口出しするのもどうかなとも
思うのですが、この『美味しんぼ』は私は最初のころから読んでいて
食に興味を抱かせてくれた漫画なのでちょっとだけ複雑な心境です。

でもそういうことがニュースになり、かえって読んでみようという
人達が増えるのではないでしょうか?
どうしてクレームがついたのか?どんな内容なのかと誰もが思う
からです。

たぶん単行本はよけい売れると思います。

以前の記事でtry親父は日本酒好きだと書きましたが、実はこの食の
漫画が私が日本酒に興味を持ったきっかけにもなっているのです。

コミックの第4巻にある『酒の効用』という話です。

t02200204_0500046312085921972.jpg  t02200153_0287020012085474437.jpg

西洋かぶれでワイン好きの編集局長に、主人公の山岡が日本酒の
すばらしさをわからせると言う内容です。

その時までそれほど日本酒にはこだわりがなかったのですが、
それをきっかけにいろんなお酒を試してみるようになり、今では
ちょっとしたマニアになっています。

小さい冷蔵庫ですが、ほとんど日本酒専用のものがあります。

#37312650.JPG

こうなったのはこの『美味しんぼ』のおかげだったわけです。

そしてもともと料理は好きなのですが、この漫画にかなり感化されて
塩や味噌にもこだわったりしています。

勿論、中にはちょっとだけ大げさな内容や、誤った情報が入っていたり
しますが、食に関して多くの人に興味を抱かせ、いろんな問題点を
提起し続けてきたのは間違いのないことです。

もし一度もこの『美味しんぼ』を読んだことがないのであれば、是非
一度は読んでみてほしいと思います。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

お勧め商品